YOLO

Love

頑張ってる女子はすぐ捨てよう! “男に甘えられない”そのプライド

甘えたいのに甘えられない…

頑張ってる女子ほど、自分のことは何でも自分で解決できるし、しないといけないとも思ってるから、人に頼るのって苦手じゃありませんか?特に男子に頼るのって、結構プライドが邪魔したりするんですよね。

でもね、そのプライドの高さは、結局、いい男と、いい同僚やいい部下にはなれるけど、いい彼女にはなかなかなりにくいんです。今時の男達は、仕事から離れたら戦闘モードを解き放ち、優しい柔らかい時間を過ごしたいから。まあ、これって男に限らず、女子も同じですよね?

だから、あなたが、もしなかなか新しい恋を見つけられないとしたら、頑張ってる感を普段から見せちゃってるからかもしれません。

上手な甘え方

男は、やっぱりどこかで頼られたいっていうのがあるんです。それは、守ってあげたい系の男子に限らず。ただ、彼にとってあまりにも高いハードルを要求すると、「自分にはできない」という意識が働いて、それが裏返って「この女は自分には無理」っていうベクトルが働いちゃいます。

だから、ごくごく簡単なことから「お願い」するのがいいんです。

例えば、「トイレの電球が切れてしまったんだけど、高い所に上るのが怖いので、代わりに替えてもらえないかな」とか。そして、やってもらえたら、ほめましょう。「すごい!助かった!さすがだね!」。

それを繰り返していくと…
・男は、「オレってすごいよね」と自分に自信が出る
・ほめてくれるあなたと一緒にいると、いつもいい気持ちになると感じる
・いつも頑張ってるけど、この子は自分がいてあげないとダメなんだな、という気になる

どれも、お膳立てされた上での、彼の思い込みなんだけど、それこそが重要なのです。あなたが何もしなくても、彼はあなたを「かわいい人」認定してくれるんだから。そして、これを続けていくと、だんだん、あなたが主導権を握れるようになります。

たかすぎるプライドはどうしたらいい?

プライドはあっていいんですが、高すぎることが問題です。それが人とのコミュニケーションを邪魔したりするから。自尊心は必要だけど、人との間にカベを作るようなムダなプライドはいらないですよね。

ところで、自分のプライドが高いかどうかを知るには、どうしたらいいでしょうか?

例えば、こんなことはありませんか?
・人がほめられていると、自分のほうができるのに…とつい思ってしまう。
・人に反対意見を言われると、イラッとする。
・人から無視されたり、扱いが後回しだと、気に入らない。
・間違っていることがなかなか認められない。
・自分の決めた通りに進まない時、その場に応じて変更するのが苦手。
・こだわりが強い。
・人をいじるのは好きだけど、いじられたくない。

これらは、すべて高いプライドから来ています。思い当たるところがありますか?

プライドはいらない。「好き」があればいい

プライドが高い人は、心のどこかで誰かと自分を比べ、勝ちたいって思っています。でも、素敵な恋がしたいなら、相手と自分を比べたりすることっていりません。プライドは必要なくて、いるのは「好き」という気持ちです。

「好き」という気持ちは、むしろ「負けちゃう」ような心持ちかもしれません。でも、そのぐらいでいいんです。ハタからみたら、決してあなたは負けてないです。それに、世の中、結局「負けるが勝ち」ってこともよくありますよね。

それよりも、少しだけ角が取れて、スキができるぐらいのあなたは、より男達の目をひくことになるに違いないんです。

ちょっと意識的に「負けて」みませんか?何でも「私ができます!」というより、のんびりした気持ちで受け止めてみましょう。ひと呼吸置いてから、自分から誰かのために役に立つことをする、というぐらいの気持ちでものごとに当たる。そんな雰囲気をまとっていれば、人に頼れる自分も作りやすくなりますよ。

 

 

ライター:大嶋朋子/『Yogini』『YOLO』の他、多くのトレーニング本や、女性の心と体を豊かにする書籍の編集に携わる。日々、女性の心と体について知識を深めている

監修:柳田正芳
1983年生まれ。中央大学卒業(専攻は社会学)。性に関する世界最大の研究者組織「世界性の健康学会」の公式委員会YOUTH INITIATIVEのメンバー。思春期若者世代の性の悩み相談・悩み解決に携わる。その他、「両親学級」で講師をつとめたり、大人の性の相談を受けるなど、民間活動から行政の依頼事業まで幅広く活動

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE