YOLO

Love

理学療法士が教える、幸せを引き寄せる ひとりH。彼と一緒に頂へいくために

2018/04/09

おなじみ理学療法士・koumeiが教える、ひとりHシリーズの3回目。今回は絶頂体験をするための『イク』についての講義です。あなたの『イク』感覚は、どんな感じ?これを知っているといないとでは、彼との夜がだいぶ違うんです。さあ、講義開始〜。

どこまで知ってる?

ひとりHについてまずは質問です!YesーNoで答えてね。直感でOKよ!

1)潮吹きって、尿失禁とはまったく違う!
2)潮吹きって、尿道の雑菌を洗い流してくれるのよ!
3)潮吹きって、精子に元気を与えるのよ!
3)潮吹きって、多少元気のないダーリンでも入りやすくしてくれる優しい液体なのよ!
5)クリトリスへの刺激だけで、潮を吹くことができる人は比較的少ないのよ!
6)クリトリスとGスポットの両方への刺激をする人は、むしろ潮吹きするらしい!
7)逝く感覚に達するまでに、平均で20分間くらいかかるらしいわ!
8)クリトリスの刺激なしに、Sexだけでオーガズムに達することができる人は、20%くらいだけなの!
9)ひとりHする時しかオーガズムを感じない人は、10%しかいないんですって!ビックリ!

 

あなたのYesはいくつあった?

Yesが9個なかった人は、今日からココロを入れ替えてちょうだい!正しいひとりHは、絶対的な幸せを運ぶものなの!正しい知識を知れば、もっとひとりHしたくなるはず!

ちなみに、いわゆる“逝く”感覚と潮吹きとそしてオーガニズムって、全然次元が違うからね!間違えてたら、あんた本当にヤバイわよ!せっかく女に生まれたんだから、あの気持ちよさを知らないで生活しているって…。あんた、自分で自分の幸せを殺してるわよ!

本当に、かわいそすぎて泣けてくるわ〜。覚えておいてね。学校で教えてくれることなんて、ほとんどベッドの上では役に立たないのよ!

『イク』感覚は三つある

ちなみに『イク』感覚って大き区分けて、3つあるわよね!

その1:『生く』
カラダが頂点を極めて、その後は虚脱感が残る。いわゆるクリトリスだけでイッタ時のあの感じよね!男が射精した後に、余韻も何もなく、そそくさとシャワー!アレがまさにこの『生く』だけしか楽しんでいない、一番かわいそうで、残念なイキカタ(生き方)!

*ちなみに女のクリトリスって男のペニスだから納得だわよね。ちなみに体性神経っていう野生動物として生き残っていくためのスイッチが入った時にイク、生き方だわ!

その2:『逝く』
ココロが頂点を極めて、それと同時に出るのがいわゆる”潮吹き”。ココロの扉が開いちゃうっていうか、無防備な自分になっちゃうっていうか、体の中心の力が入らなくなっちゃうっていうか…。何とも言えない昂揚感と、オシッコをする時に似たあの解放感がたまらない、女として幸せなイキ方(逝き方)!

*ちなみに女は前庭線、男は前立腺を刺激するの。リラックスのスイッチ(副交感神経)が高まって、初めて頂点が見えてくるのよ!だから、心許せる相手か、ひとりHの時にしかイケない逝き方でもあるのよ!

その3:『育く』
ココロでもカラダでも頂点が極まり、イッちゃうの。愛を育んでオーガニズムMAXっていうのがまさにこれだわ。これは感覚的に言うと、彼のアレを私のカラダの中で探して、ココロでも感じちゃった時に起こる、身震いしたくなる感覚!SEXしている最中に湧き上がる搾乳(牛の乳搾り)ならぬ、搾精子(精子を搾り取ろうとする膣のあの声やあの動き)な感覚かしら。つまり動物としても人としても、最高の緊張感と安心感の空間を漂う最も多幸な世界。まさに愛を育む、イキカタ(育き方)なのよ!

『生く』のは簡単。クリトリスを気持ちよく適当にいじってなさい!でも『逝く』には、ちょっとしたトレーニングが必要なの!次回は『逝き』テクトレーニングを紹介するわ!

これだけは、覚えておいて!オナニーテクニックでは愛を勝ち取れないわ、絶対に。オナテクのその向こうの愛をちゃんと見据えてトレーニングに励むことに意味があるのよ!

*遊びのSEXでは絶対にコンドームを忘れないで!コンドームを嫌がる男は、死ねばいいわ!心にも体にも一生の痛みを伴うのは女の子だからね!

次回、あなたを幸せの昇天世界に連れいくざますわよ!

 

 

ライター:koumei/理学療法士・ヨガ講師・健康運動指導士・介護予防運動指導員。超有名芸能人からトップアスリート、障害者(児)まで全国で指導。硬い話からエロい話まで、医学的に体感的に経験的に説得力満載で解説。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE