YOLO

Love

100年の恋も冷める?男子が語る女子のNG行動

なかなか縮まらない距離の原因はここにアリ?

いい感じにデートを重ねて、つき合うまで“あと一歩”のはずなのに、ある日突然連絡が来なくなってしまった。これはつき合っている関係でも、よく耳にしますよね。それは知らない間に、あなたが“NG行動”をしてしまっているのかも?今回も、いろいろな業種の男子を集め、男子の本音を語ってもらいました。

【座談会メンバー】
陽向謙斗さん。26歳、モデル。Mutaイメージモデルを務め、日ごろからハードにトレーニングをするフィットネス系イケメン。

安田悠人さん。30歳、美容師。Laughful Hair Salon所属。YOLOの記事でも監修を務めるなど、美容師の枠を超え多岐に渡って活躍。

TOMMYさん。27歳、見習い美容家。インスタグラムなどで、男の美容コラムを連載するなど、美容家として活躍。

田中翔さん。27歳、PR会社勤務。父親がキャンプ場を経営することから、アウトドアフィールドでも活躍する生粋のアウトドアマン。

何をされたら、冷める?

陽向「待ち合わせに、連絡なしに遅刻したら冷めるっていうか、びっくりするよね」。

安田「わかる。なんて言うか、それは人としてマナー違反な気がする」。

田中「人の時間を奪っているって、自覚を持ってたら最低限連絡はするもんね。マナーつながりで言うと、インスタとかSNS用に写真を撮りまくる女も嫌だなー。所かまわず激写したり、周りに迷惑かけたりすると、他人のフリをしたくなる。それに、自分との時間をないがしろにされてる気分になる」。

TOMMY「わかるわかる。思い出に残すのは、ほどほどにしてほしいよね。あと電車で化粧する子ね(笑)。チークとか、口紅程度の直しなら、かわいくしようとしてる姿にキュンとするけど、ベースメイクから始める子には、興ざめしちゃうなー」。

陽向「化粧で言うと、つき合ってしばらくしても、まだすっぴんになれない子には、えっ?って思っちゃう」。

田中「それは、わかる。メンズで言ったら、髪の毛のワックス落とさないようなもんだもん(笑)。つまり、素を見せないということ。男子からしたら、少し抵抗あるよね〜」。

持論と否定は紙一重?

陽向「俺の仕事も関係してくるのかもしれないけど、一生懸命取り組んでることに対して、決めつけたり、さらっと否定してくる子。そういう子には冷めるというか、悲しくなる…」。

安田「うんうん!自分も美容師の仕事してるから、よくわかるなー。職業とかで決めつけられて持論を展開されると、本当は違うけど、否定するのもめんどうに思えてきちゃって…。持論を持つのはイイけど、暴走は避けてほしいかもね」。

TOMMY「暴走(笑)!出会ってからの期間が短いと、どうしても最初の印象って抜けないから仕方ないと思うけど、中身を見てほしいよね。いつまでも見た目で判断されると悲しい気持ちになるよね」。

司会「なるほど。みんな思うところはあるんだねー。そうしたらつき合う前と、つき合ってから見るポイントは、大差ないってこと?」。

田中「うん。もちろん女子としても見てるけど、それよりも一人の人間として見てるから、そこに差はないかもね」。

それぞれの意見はいかがだったでしょうか。知らない間に彼を傷つけてしまったり、嫌な思いをさせているなんてこともあるようです。気にしすぎるとギクシャクしてしまいますが、少し自分の行動を確認して、直すべきところは解消していきましょう。

 

陽向謙斗(ひなたけんと)
ギグマネジメントジャパン所属。Mutaイメージモデルを務め、2018年6月24日に開催された、summer style award 2018東京大会(スタイリッシュ・ガイ部門)、FITNESSSTAR JAPAN大会(Men’s fitness model部門)に出場し2冠を飾る。
http://www.gigmanagement.jp/gigco.php?name=KENTO_HINATA

安田悠人(やすだゆうと)
現在、Laughful Hair Salonにて美容師として活躍。青山の有名ヘアサロンにて経験を積み、店長としてたくさんのお客様を担当。薬剤の知識に基づく丁寧なカウンセリングと繊細な技術でサロンワーク中心に活躍。https://laughful-hair.com

TOMMY(とみー)
見習い美容家男子として、インスタグラムで男の美容コラムを連載。美の追求に手を抜かない美意識の高さで活躍。@tommy_minho
https://www.instagram.com/tommy_minho/

田中しょう(たなかしょう)
現在会社員として働いているが、幼少期から自然に触れ、6歳のころにはカヌーで川下りするまでに。父親がキャンプ場を経営していることから、もっぱらアウトドアな休日を過ごす。

ライター 木村泰河(YOLO編集部)
写真=樋口勇一郎

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE