Love

長い友達から恋人に昇格。今後、どういう風につき合っていけばいいのでしょうか?

【今日のご相談】
知り合って7年くらいたつ男性がいます。ずーっと仲のいい友達としてつき合ってきたのですが、半年くらい前に恋人になりました。彼とは何もないと思っていたので、つき合うことになった自分がビックリです。でも、今は彼のことが好きだし、彼も私のことは好きなんだろうと思います。こうして一緒にいることが自然な感じがして、つき合えてよかったなと思います。でも、友達期間が長かったせいなのか、ちょっと難しい時があります。そういう中でどんな風に関係性を築いて、どういう風に仲よく続けていけるでしょうか?

 

【今日のお答え】

関係性の変化に伴っていろいろなものが変化する

「一緒にいることが自然」っていい言葉ですね。そういう風に思える人と巡り合えることはそうそうないはずなので、末永くお幸せに過ごしてほしいと思います。いい人とおつき合いできてよかったです。おめでとうございます。

友達期間が長くて恋人になったカップルの場合、友達関係の時には見えなかったものが見えるようになったり、友達関係の時には当たり前だったものを失ったりするものだと思います。関係性の変化に伴なって、いろいろなものが変化していくことにポジティブでいられるかどうかが、二人のその後や幸福度を左右するものです。難しいと感じるのは当然のことです。それをポジティブに受け取ってみて下さい。

恋人にしかできない、恋人だからできない

友達だったら気兼ねなく言えていたことや踏み込めていたことも、恋人になると変に意識して遠慮してしまうなんてことがありますよね。逆に、友達のころには遠慮していたことも、恋人だからこそ言えるようになったりすることだってあります。私はそういうものを「恋人にしかできないこと」と「恋人だからできないこと」と表現しています。今は恋人でいられることを喜んでいらっしゃるのだし、友達関係だった過去のことは気にせず、今の二人の関係性を大事にすればいいと思います。「過去がこうだったから」というところに引っかかっていると、うまくいくものもいかなくなってしまうのではないかなと思います。

相手への信頼・尊敬・情

おつき合いを始めてから半年くらいとのことですが、この半年はどうでしたか?好きだなという気持ちを感じながら、楽しく過ごせたのではないかと思います。好きだという気持ちだけで結び付いていられる期間はそろそろ終わります。ここから先は相手への信頼・尊敬・情のようなものなど、「好き」の上に成り立つ、それ以外のものが二人を結びつけてくれる時期になります。逆に言えば、そういうものを育んでいく必要があるとも言えるかもしれません。

そのためには相手の尊敬できるところや素敵なところを、できるだけ多く見つけてみて下さい。彼にもあなたの良いところや尊敬できるところを知ってもらって下さい。その一つひとつが、お互いに対する信頼関係や愛着を作ってくれますし、お互いをなくてはならない存在と認識させてくれるようになります。

 

ライター:二宮誠 from  6483works
話を聞いた人:柳田正芳
1983年生まれ。中央大学卒業(専攻は社会学)。性に関する世界最大の研究者組織「世界性の健康学会」の公式委員会YOUTH INITIATIVEのメンバー。思春期若者世代の性の悩み相談が専門。「性」という表立って相談しづらいテーマを扱っている・気長く粘り強く人の相談を聴くなどいくつかの理由から、年代を超えた様々な人から様々な内容の悩み相談を受けている。ほかに、「両親学級」で講師をつとめるなど、民間活動から行政の依頼事業まで幅広く活動している。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE