Love

ひとりHにもオススメ。新しい快感のトビラを開ける!いつもと逆転した姿勢で試すベッドテク

2019/01/26

アクティビティの一つとしてのセックス

彼との間で愛を育む方法の一つで大事なスキルがセックスですよね。あなたはどんな風に楽しんでいますか?もしも、いつものルーティーン、パターンがあるというのであれば、いつもと違う方法も試してみませんか?セックスは愛を分かち合うものであると同時に、彼とのアクティビティの一つでもあります。だから、お互いに合意の上で、いろいろなスタイルで楽しんでいいのです。

いつもの姿勢と逆転する

そのうちの一つで、女性が上になるスタイル(いわゆる騎乗位)がありますよね。通常、男性が覆い被さるような、いわゆる正常位スタイルばかりの場合、この逆転の姿勢にはなりにくいかもしれません。また、恥ずかしがり屋さんは苦手かもしれません。男性でも好きではない人はいます。でも、まだ経験がない人はなおさら、新しい感覚を得るためにオススメです。

開放感が高まり快感が得やすい

この姿勢は、女性が見下ろす位置関係になります。そのため、女性にとっては開放感が高い上、挿入感覚も変わります。女性が自分自身で動ける範囲が大きくなるので、快感を得やすくもなるでしょう。その分、男性は動きが制限されますが、それも普段と異なり新鮮なのではないでしょうか。さらに、男性にとっては、いつもと違った角度から見える女性の姿は、よりセクシーに映るのではないでしょうか。

味わったことのない世界が開く

このスタイル、力任せで締めるイメージでいると、坐骨神経痛という思わぬアクシデントに見舞われる可能性も。ここは女性にしかできない高度なワザを伝授しましょう。

それは、まったく動かないこと!そして、くすり指と親指のつけ根同士を合わせて、手のひらをキュッと締めるような感覚で、膣の中だけを動かします。手でのサポートはNGです。

やったことない人のほうが多いでしょうが、なんとなくでも試してみて下さい。彼が反応し始めたら、その先に味わったことのない快感が得られるはずです。セックスは二人で紡いでいく愛のカタチです。どちらか一方だけが楽しかったり、どちらか一方にとって苦痛であっては成り立ちません。お互いに気持ちいいところを探して、工夫し、よき理解者としての関係を結ぶツールにしていくべきです。このテクはそんな関係作りに役立ちます。

ひとりHで練習してみるのも◎

これは女性としてのテクニックでもあるので、ぜひひとりHで練習してください。ひとりHは、心身の健康やリラックスのためにとてもオススメの行為ですが、彼とのセックスのための準備としてもいいんです。一人の時に感覚を獲得しておけば、彼との時間に生かすことができますよね。ひとりHは妊娠しやすさにも貢献するというデータもあるぐらいなので、彼がいる人もどんどんするべきなのです。

ライター:豊田紗江
監修:koumei/理学療法士・ヨガ講師・健康運動指導士・介護予防運動指導員。超有名芸能人からトップアスリート、障害者(児)まで全国で指導。硬い話からセクシーな話まで、医学的に体感的に経験的に説得力満載で解説。

RECOMMEND