Love

彼がいます。でも大好きなアイドルのことを優先してしまいます。それって彼に失礼?

2019/02/14

【今日のご相談】
大好きな男性アイドルがいて、グッズを買ったりコンサートに行ったりします。彼はいるのですが、アイドルのほうを優先したい気持ちが正直強くて、彼との時間を後回しにしてしまいます。友達に言うと、それは彼氏に失礼だと言われるのですが、どうなんでしょうか。

【今日のお答え】

夢中になれることがあるのはいいこと

素敵な男性アイドルはたくさんいますから、夢中になるのもわかります。夢中になれるものがあるのはとてもいいことだと思いました。自分の欲求をちゃんとわかって、それを適切に表現できていることはとてもヘルシーだからです。男性アイドルを好きなうちは、全力で追いかけ続けたらいいと思います。

彼との向き合い方は?

しかしながら、その時に気になるのは、彼氏さんの存在。お友達が言った、「彼氏に失礼」という言葉もわからないではありません。彼氏さんがどんな方で、どんな風におつき合いされているのかはわからないので確定的なことは言えませんが、場合によっては少し向き合い方を考えてもいいのかもしれません。

カップルはつき合ったら対等です。だから相手に気兼ねすることはなく、自分が生きたいように生きたらいいのです。また、相手がかまってくれないから自分が不幸になる、楽しくなくなる、というようなハッピートリガーを他人に握られることなく、自分で自分をハッピーにできるほうがヘルシーである、ということを、常々私は言っています。その意味ではご相談者さんはヘルシーの極みといってもいいくらいの存在感を放っています。

パートナーへの配慮は大事

ただ、だからこそ、(パートナーへの)気兼ねや遠慮ではなく、配慮というものについて考えてみたいような気もします。

おつき合いをするということは、お互いに相手の人生の登場人物にもなるということです。相手が持っているこちらへの期待に応える義務はないけれど、相手の想いや欲求と自分の想いや欲求がうまく重なるようにしていかないと、関係性を長く保っていくことは難しいでしょう。

うまく重ねていけるようにするために、一定の配慮が必要なのではないでしょうか。相談者さんの彼氏さんが、自分をあんまりかまってくれなくて寂しいと思っていた場合、それは相談者さんの想いや欲求と、彼氏さんの想いや欲求がうまく重なっていない状態です。恋人としての関係性を長く保っていきたいなら、歩み寄りのようなものがお互いにあってもいいのかもしれません。

二人のベストな形は?

一方で、もしも彼氏さんが相談者さんと同様にソロ活動を楽しんでいた場合には、この話は何の意味もないことになります。カップルの形は本当にさまざまです。正解・不正解・王道というものはありません。毎日一緒にいたい二人もいれば、全然会わなくても平気な二人もいます。どれもそのカップルにとってのベストな形なのだと思います。

ただ、長く続く関係の中には、お互いの想いや欲求がうまく重なっている状態があったり、周りからは見えなくてもそういう重なりを作っていこうという、ちょっとした努力の営みがあったりするようには思います。

お互いの想いや欲求を重ね合わせる。長く続くカップル関係の秘訣の一つです。

ライター:二宮誠 from 6483works
お話を伺った方:柳田正芳
1983年生まれ。中央大学卒業(専攻は社会学)。性に関する世界最大の研究者組織「世界性の健康学会」の公式委員会YOUTH INITIATIVEのメンバー。若者世代にリプロヘルスサービスを届ける会Link-R代表。思春期若者世代の性の悩み相談が専門。「性」という表立って相談しづらいテーマで相談に乗れる・粘り強く話を聴くなどいくつかの理由から、年代を超えた様々な人から様々な内容の悩み相談を受けている。ほかに、「両親学級」で講師をつとめるなど、民間活動から行政の依頼事業まで幅広く活動している。

RECOMMEND