Love

自分と違うけど…彼の好みに合わせたほうがいい関係が続けられる?

2019/04/18

彼と私で好みが違っている部分が結構あります。服装に関する好みや使っている香水の好みなど、いろいろと違うんです。彼が私にこうしてほしいということもありますが、それは私の普段のスタイルと合わない感じ…。彼の好みは、どのくらい実現したらいいものなんでしょうか?

【今日のお答え】

何をどうするかは自分が決める

正解は特になく、ご相談者さんがしたい通りにやればいいと思います。100%飛び切り彼好みを実現するという選択もあれば、そういうものはまったく意に介さず、自分の路線を行くという選択もあります。

これはただ単純に「どうしたいか・どうするか」と、「彼がどう思うか」の問題です。何をどこまでやるかを自分の中で決めたらいいと思います。

自分が楽しいか苦しくないか

何をどこまでやるかを自分で決める時の一つの基準は、自分が楽しいか・自分が苦しくないかです。「楽しくないけど、彼に嫌われたくないからやる」、「苦しいけど、彼が望むからやる」という具合に、自分が不本意ながらも彼のためにやっていると感じることならば、やらないほうがいいです。

「楽しくないけど彼のため」、「苦しいけれど彼のため」と思ってやっていることは、「彼のため」と言いつつ「(嫌われたくないと思っている)自分のため」にしかなっていません。彼に自分の生き様の主導権を握られないで下さい。それはご相談者さんが自分で決めていいこと・自分で決めるべきことです。

リアルな自分はどこに在る?

仮に、ご相談者さんが自ら好んで彼好みの姿に合わせたとします(茶髪が好きだけど黒髪にするとか、着たこともないようなファンシーな服装をするとか、そういうことです)。彼が自分のパートナーに対して自分の好みの感じになってほしいと思うのはかまわないと思います。それを叶えてあげたいとご相談者さんが思ったとしても、それもまたかまわないと思います。好みを具現化したいという欲求も、それを叶えてあげたいという欲求も、悪いものではありません。

ただ、本当にそれを実現した場合、自分のリアルな姿・リアルな嗜好とは異なる在り方をしているご相談者さんが出現するでしょう。

彼はそういうご相談者さんに喜びますか?YESだとしたら、彼は何を見て何に恋をしているんでしょうか?そういう彼とのおつき合いでもいいですか?

あなたは世界に一人のユニークな存在

ご相談者さんという存在は世界に一人しかいませんが、彼の理想の姿に合わせられる人はたくさんいます。彼の理想の姿に合わせすぎるということは、合わせるのがもっとうまい人と入れ替え可能になっていくということです。言い換えれば、「彼とつき合うのはご相談者さんでなくてもいい」ということです。

それでもいいですか?

自分が一番しっくりくるパートナーは?

好きだから望むことをしてあげたいという欲求は健全なものです。もし彼の好みに合わせてあげたいと思うなら、そうしてあげたらいいと思います。

一方で、自分のスタイルにないことを求められていて、それがしっくりこないなら、無理に好みを実現してあげる必要はないと思います。

自分が一番しっくりくる姿を好きになってくれる人とつき合うのが、最も無理なく長続きする秘訣です。

ライター:二宮誠 from 6483works
お話を伺った方:柳田正芳
1983年生まれ。中央大学卒業(専攻は社会学)。性に関する世界最大の研究者組織「世界性の健康学会」の公式委員会YOUTH INITIATIVEのメンバー。若者世代にリプロヘルスサービスを届ける会Link-R代表。思春期若者世代の性の悩み相談が専門。「性」という表立って相談しづらいテーマで相談に乗れる・粘り強く話を聴くなどいくつかの理由から、年代を超えた様々な人から様々な内容の悩み相談を受けている。ほかに、「両親学級」で講師をつとめるなど、民間活動から行政の依頼事業まで幅広く活動している。

RECOMMEND