Love

一緒に暮らす彼のささいなひと言にイラッ!そんな時どうする!?

2019/05/23

パートナーとの暮らしの中で、ささいなことから大げんかになったことはありませんか?後から考えると、何であんなことで怒ってたんだろう?と我ながら思うこともたくさん…。相手のひと言にイラっとしてしまう時、まず私たちがやるべきこととは?

ささいなひと言も、油断大敵

日常の中でのささいなひと言がきっかけで、お互いの関係が悪くなってしまうこともあります。小さな出来事が積もり積もって、大問題に発展してしまうものです。

言ったほうも、言われたほうも、最初の小さなことなど忘れて、どんどんとエスカレートしてしまいます。そうなってしまっては、後々大変です。

改めて振り返ると、始まりは本当にどうでもいいことだったりしますが、その時には大問題に感じてしまうことだってあるのです。なぜそのように感じてしまうのでしょうか?

余裕がないと、ひと言に大きく傷つく

人間余裕がないと、ささいなことがとても大きな問題に感じてしまったり、深く傷ついたり怒ったりしてしまうものです。お腹がすいている時はイライラしやすかったり、睡眠不足の時には少しのことで落ち込んでしまったり。相手のささいなひと言も、とても大きな問題として自分の中に飛び込んできます。

反対に、満たされていてゆとりがあると、そんなことは笑ってすませることができます。いつもは気にならないことなのに、なぜかひっかかってしまう時には、相手に余分なひと言を言ってしまう前に、自分に余裕がないのかも?と振り返ってみましょう。

毎日にゆとりを取り戻そう

ゆとりがないと、自分にゆとりがないということにも気づかなかったりします。まずは、いったん深呼吸。そして客観的に自分のことを振り返ってみましょう。

最近しっかり休んでいますか?楽しいことをしていますか?おいしいものを食べていますか?何だか疲れているな…と思ったら、正直に相手に伝えてみましょう。

今自分はとても疲れていて、そういう風に言われると悲しいとか、傷つくとか、冷静に言葉にしてみましょう。そして、自分を満たす時間を積極的に取ってみましょう。ゆとりが取り戻せれば、きっと同じひと言にも、違うように対応できるはずです。頑張る時と、休む時、どちらも大切な時間です。メリハリをつけて日常を過ごしてみて下さいね!

毎日の生活に追われてしまうと、目の前のことしか見えなくなってしまいます。ゆとりを持って広い視野で相手に接してみましょう。そうすることでよりよい関係を築くことができるでしょう!

ライター名:櫻井麻美
さくらいあさみ。大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

RECOMMEND