Fitness & Sports

不倫してしまった自分を肯定する「四つの素敵な言い訳」

2019/06/09

不倫は社会的にやってはいけないこと。だけど、恋してしまったものはしょうがない!だから、ネガティブにならないで、自分を肯定してあげましょう。こんな風に考えては?

01:好きになったのは彼の魂だから

彼の肩書きを好きになったワケじゃないんです。彼の役職、彼の着ている物、彼のルックス…彼が結婚しているとか結婚していないとか、そんなのは、彼の本質ではないから。私が好きになったのは、彼そのもの。生身の彼。彼の魂…。そんなおつき合いをしている彼がたまたま結婚という制度を使っていただけ…。

02:彼に頼らず自立している

彼のお財布や彼がしてくれる何か、に私は頼っていない。一人でいる時は一人の時間もきちんと楽しめる…私はそんな女性。彼と対等につき合っていて、そんな私だから彼が好きでいてくれる。

03:どんな時代に生まれても縁があるから

時間や空間を超えたとして、きっと彼にまたどこかで出会うのだと思う。彼と私は縁のある人だから。過去世でも未来に生まれたとしても、彼とまた巡り会う。今は、少しのボタンのかけ違いがあって、それでも彼を愛せるか試されているの。

04:人生の修行中

私の人生において、彼と出会って、その彼が結婚していたことは、私が成長するために仕組まれた運命だったみたい。彼との出会い、つき合い、彼が結婚している人だったことを知って、私がどう振る舞うのか、どんな風に感情を動かし、彼とどういう関係になって、この先どうするのか…。いろいろなことを試されている。それは彼がフリーじゃなかったからこその大きな課題。こんな大きな課題を彼が与えてくれたの。ありがとう。

いかがですか?誰かを好きになるのはとてもポジティブなこと。だから一度それを受け止め、そこからあなたがどうするのか、このつき合いをどうしていくのかを、あなた自身が考えていきましょう。そのためにも、まずは自分を肯定すること。思い悩むことだけが不倫の専売特許ではありませんよ。

Betty & Blue
ベティ&ブルー。占い、スピリチュアルカウンセリング、ヒーリングマッサージ、ヒプノセラピーなどをパーソナルで行うかたわら、雑誌、書籍などに執筆。古事記など日本のスピリチュアルを学びながら、さまざまな占いや真理を探る。数種類の組み合わせで独自の世界観を作るオラクルカードと、直感によって行うカードセッションは人気大。ヨガやアーユルヴェーダ、心理学をベースとした丁寧なカウンセリングも行う。

RECOMMEND