YOLO

Love

【YOLO的恋愛講座】嫉妬で苦しい時 怒りをコントロールする3つの方法

まさに「火」がメラメラと燃えるのが嫉妬

インドの伝統医療アーユルヴェーダでは、エネルギーのタイプをヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)の3つに分けています。誰もが3つ持っていて、その3つのバランスが個性になります。そして、TPOで優勢になるエネルギーも変化。嫉妬はピッタ(火)のエネルギーです。

嫉妬心にはいろいろなタイプがありますが、恋愛では、彼の気持ちがわかりにくいし、それをダイレクトに聞くことも恥ずかしいし、自己嫌悪に陥りそうだし、とてもツライもの。

でも嫉妬の火は、過剰になりすぎると相手も焦がすし、自分も焦がしてしまう可能性が。自分でも驚くような行動に出たりして、感情をコントロールできなくなるぐらい、まわりが見えなくなってしまいかねません。だから嫉妬心は、誰もが持っていたくない感情の一つでしょう。

「色、香り、呼吸」でコントロールする

感情が過剰な火であふれ、燃え盛っている嫉妬の最中、できるだけ早く静めるための3つの方法を紹介しましょう。

【色を使う】
嫉妬心でまわりが見えなくなっている時は、血のような炎のような、ドロドロの真っ赤な状態。できるだけ冷静になるように、ブルーやグリーンなどの寒色系を周囲に置いたり、身につけてみみて。ネイルやアクセサリーの色を変えたり、トレーニングウエアを選んで着てみたり。真っ赤な火が少しずつ和らいできます。

【香りを使う】
クールダウンにはミントがオススメ。ミントティーを飲んだり、ミントのアロマを焚いてみたり、サラダにミントを加えてみたり。浄化作用もあるので、体の内側からスーッと落ち着いて、余計なものがそぎ落とされ、心がさっぱり。

【呼吸を使う】
左の鼻だけの呼吸を試してみましょう。左の鼻は月のエネルギー、陰陽で言えば陰のエネルギーを持っています。月らしく冴えた力で心を鎮めてくれるので、右の鼻を軽く押さえ、左の鼻だけで呼吸してみてください。

嫉妬は、いろいろなものを焼き尽くしてしまう破壊のエネルギーも大きいのです。かわいい嫉妬はいいですが、振り回されそうな予感がしたら、早めに対処しましょうね。

 

ライター:三上あずさ
出展:Yogini・Vol.54/「アーユルヴェーダは生き方の科学です」
監修:西川眞智子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表。アーユルヴェーダプロデューサー)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE