Love

その恋の悩み、こんな風に考えるとうまく進みやすくなるハズ。アーユルヴェーダに聞いてみよう

アーユルヴェーダで見る、あなたのタイプ別で恋の悩みを解決!

アーユルヴェーダとは、健康で幸せな人生を過ごすための知恵を授けてくれるインド伝統の生命科学。広大で深淵な知恵の集大成から「人間関係の悩みをほぐすヒント」を紹介します。

今回は、人がどんなに進化しても逃れられないのが“恋の悩み”の解消方法を見てみましょう。ドーシャによる心の傾向を知ると、二人の心のすれ違いを早めに修復できるようになりますよ。例を読みながら、自分達の関係に当てはめてみて。

自分自身や相手のドーシャ傾向を知るには、「アーユルヴェーダでわかる人間関係改善術1あなたのタイプ」(https://yolo.style/li_or181008004/)でチェック!

 

Q1 いろいろ尽くして頑張っているのに、彼にはあまり響いているようすがなく不満です…。

相談者/ピッタ傾向 パートナー/カパ傾向

A 情熱的でロマンチスト、一刻一秒も無駄にしたくない性格で、思いついたアイデアをどんどん形にしていくピッタの人。一方、カパの人は基本的にスローペース。次から次へとピッタさん発信の新しいイベントが飛び込んできて、反応が追いつかなくなっているのかも。ピッタの人はカパの人の歩調に合わせてスローダウンしてみて。自分の考えはわきにおいて、カパの人が普段行っている日常を一緒に過ごしてみると、穏やかな感性が身につくかも。

 

Q2 優しい彼なのですが、一緒にいない時間に浮気をしているのではないかと不安になってしまいます…。

相談者/ヴァータ傾向 パートナー/カパ傾向

A ヴァータの女性は非常に繊細。思考の回転が速いため、よくない妄想も一瞬で頭の中を占領してしまいがち。一方カパの人は、思いやりがあり親切な性格ですが、受け身でヴァータの人ほど敏感ではなく、嫌なことにはフタをする傾向が。真逆の性格なので、ヴァータの人は感じている不安を、率直に、すべて話しましょう。激して言うと聞いてもらえなくなるので、穏やかに伝えるのがポイント。

 

Q3 仲良しだけど、ケンカが絶えません。この先、結婚したり、子どもに恵まれて子育てをするようになったりした時、協力していけるか不安です…。

相談者/ヴァータ傾向 パートナー/ヴァータ傾向

A 気分が変わりやすく喜怒哀楽が激しい。忘れっぽく、言った言わないのすれ違いも起こりやすい二人。同じドーシャタイプなのでマイナス感情が倍化して激しくなりがち。ヴァータの女性は、ヴァータの男性に主導権をゆだねましょう。互いに相手の意見を聞き入れるように努めて。些細なことで激しないよう、普段からヨガや瞑想を行い、リラックスの練習を。癒しの雰囲気のある空間、環境からよい影響を受けやすい二人なので、自然豊かな場所に一緒にレジャーに出かけると、良好な関係に戻れるでしょう。

「合わないのかも…」と悩んでいた気持ちを解消するヒントになりましたか?

VOL.5では、

【アーユルヴェーダは幸せ処方箋】職場の人間関係解決編を紹介します。

ライター=青山幸代
監修=Dr.ディネッシュ・エディリシンハ&Dr.ディネシュカ・ディサナヤケ
国立コロンボ大学アーユルヴェーダ・メディスン&サージェリー卒業。スリランカにあるジェットウィングホテルズ社5か所のアーユルヴェーダ施設を統括するチーフ・ドクター&ジェットウイング・アーユルヴェーダ・パビリオンズのシニア・ドクター。

 

 

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE