YOLO

Fitness & Sports

【誌面連動】いま、気になるトレーニング「キックボクシング」動画

9月26日発売の『YOLO』Vol.6。特集は「今さら聞けない今ドキのトレーニングの基本」がテーマ。ウォーミングアップとクールダウンのストレッチ、自重トレーニング、ランニング、ヨガ、アジリティトレーニング、チューブ・ダンベル・バランスボールを使ったトレーニング、ボクシング、ロードバイクの基本を紹介しています。それに連動して、誌面で紹介している動き方と同じを動きを動画で公開します。これならわかりやすいですよね。動きの確認用としてチェックしてください!
いま、気になるトレーニング「キックボクシング」。ボクシングでは前脚加重なのに対して、キックボクシングでは後ろ脚に重心を置き、軸脚のつま先は、鏡に対して垂直にしておくのが基本。そうすることで、パンチをした後、スムーズにキックを出せるのです。

美脚効果がさらにアップ

まずは、基本的なキック動作を体にたたき込むべくシャドウでマスター。パンチとキックを交互にスムーズにできるようになったら、ミッドを活用して負荷を高めていきましょう。

【脚の運びをシャドウでマスター】

1:構えはボクシングと、ほぼ同じだが、軸脚のつま先の向きだけが異なる。キックボクシングでは、まっすぐ前方に向けて。また、重心は、やや後ろに。

2:基本の構えから、左脚を半歩外側に踏み込んだら、上半身も外側にツイストさせていく。 その動きにつられて右脚が前方に振り出されるイメージ。その際、アゴをしっかり引く。

3:上半身の反動を使って右脚を振り出し、そして天井目がけて勢いよくキック。10回行ったら、軸脚を変えて同様に。マスターしたら、キックをしながら回転動作を加える。

※基本の構えは誌面を参照

 

キックボクシングでは、下半身もダイナミックに動かすため、股関節まわりの血行とリンパの流れが促進されます。結果、脚のむくみもスッキリ。継続することで、どんどん、理想の美脚に近づけるでしょう。

 

ライター:染矢真帆
出展:『YOLO』Vol.6「今さら聞けない今ドキのトレーニングの基本」
監修:鈴木佑治/ShimokitaGYM 店長。キックボクシング、ボクシング、野球など多種のスポーツ経験に基づく多様なカリキュラムを考案できるスーパートレーナー。GYM 設立1年で、なんと400名以上の会員から支持を得る。女性目線 の運動カリキュラム作りを通して、キックボクシングの概念を刷新中。http://gym-s.jp/ 

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE