YOLO

Fitness & Sports

【誌面連動】基本のヨガ「英雄のポーズ」動画

2018/09/26

9月26日発売の『YOLO』Vol.6。特集は「今さら聞けない今ドキのトレーニングの基本」がテーマ。ウォーミングアップとクールダウンのストレッチ、自重トレーニング、ランニング、ヨガ、アジリティトレーニング、チューブ・ダンベル・バランスボールを使ったトレーニング、ボクシング、ロードバイクの基本を紹介しています。それに連動して、誌面で紹介している動き方と同じを動きを動画で公開します。これならわかりやすいですよね。動きの確認用としてチェックしてください!

体の前面を伸ばす英雄のⅠと左右の伸びを感じるⅡ

呼吸を気持ちよく行えるように、呼吸に合わせて体を動かしていくヨガ。無理をせずに、自分の体ができるところまで行うのが基本です。ここではスタジオでよく出てくる英雄のポーズⅠとⅡを連続して行うシークエンスを紹介します。

英雄Ⅰのポーズでは、重心を下に落とす力と、上に伸びる相反した力で上下に引き合い、体の前側を伸ばすことが目的。お腹までしっかり呼吸を入れましょう。英雄Ⅱのポーズでは、横に広がっていくエネルギーを感じます。ヒザをより深く曲げることで、足腰の強さを養えます。

【英雄のポーズ】

 

1:マットの後ろのほうに、まっすぐ立つ。反り五指になったり、猫背になったりしないように、軽く背骨を伸ばす。
2:一歩で出て、一歩で戻れる最大の長さ分、左脚を前に出す。骨盤が体の正面を向いているように。
3:息を吸いながら、左脚のヒザを曲げて重心を落とし、両手を上へ伸ばして、胸から上体を反る。両手を上げると体の前面と背骨が伸び、より呼吸がしやすい。英雄Ⅰのポーズ。
4:息を吐きながら、体を右側に向け、同時に両手を肩の延長線上に伸ばし、胸を開く。股関節を十分に広げて、左脚のヒザが内側に入らないように。英雄Ⅱのポーズ。
5:息を吸いながら、英雄Ⅰのポーズに戻る。骨盤を正面向きに整える。
6:息を吐きながら両手を下ろし、ヒザを伸ばす。
7:左脚を戻して、最初の姿勢に。反対側も行う。

呼吸を絶対にとめず、自分の呼吸のタイミングで動くことが大事です。英雄のⅠとⅡの目的を意識して、体を動かした時に、体と心に起こっていることを内観していきましょう。

 

ライター:大嶋朋子(Lotus8)
出展:『YOLO』Vol.6「今さら聞けない今ドキのトレーニングの基本」
監修:山坂元一/やまさかもとかず。ストレングス&コンディショニングディレクター。VIDO代表取締役。アメリカの最新情報を加えた独自の理論を展開し、プロや五輪の選手など、100人以上のトップアスリートを指導する。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE