YOLO

Fitness & Sports

【誌面連動】基本のヨガ「三角のポーズ」動画

2018/09/26

9月26日発売の『YOLO』Vol.6。特集は「今さら聞けない今ドキのトレーニングの基本」がテーマ。ウォーミングアップとクールダウンのストレッチ、自重トレーニング、ランニング、ヨガ、アジリティトレーニング、チューブ・ダンベル・バランスボールを使ったトレーニング、ボクシング、ロードバイクの基本を紹介しています。それに連動して、誌面で紹介している動き方と同じを動きを動画で公開します。これならわかりやすいですよね。動きの確認用としてチェックしてください!

できる範囲で取り組むことが大切

三角のポーズは、「ヨガと言えば」という時に、イメージしやすいポーズ。やってみると、日常ではほとんど行わない動きなので、なかなか難しい。このポーズの目的を達成するには、基本を知って、段階を重ねていくことが大事です。

このポーズの目的は、体側の硬さを取ること、左右の傾きのバランスを整えること。横に上体を倒すことで骨盤をよく動かすので、骨盤内の血流もUP。あまり横に倒れられなくても気にしないこと。より倒れようとするあまり、前のめりにならないように注意。骨盤から動くとより曲がれるようになります。

【三角のポーズ】

1:マットを横長に使い、マットの端に立つ。
2:一歩で行って、一歩で戻れる長さ分、脚を横に開く。つま先は正面を向けたまま。ただし、キツい人は広げた脚のつま先を横に向ける。
3:息を吸いながら、両手を左右に広げる。肩の延長線上に伸ばす。
4:息を吐きながら、体を横に倒す。倒れにくいと前のめりになって体が下向きになってしまうので、できる範囲で真横に倒す。骨盤から曲げると深く曲がれる。
5:息を吸いながら、体を戻す。
6:息を吐きながら両手を下ろす。
7:息を吸いながら、開いた脚を戻す。反対側も行う。

何度も練習をすることで、横へ体を倒すことができるようになります。ポーズが深まっていくほど世界観が変わる喜びを味わって下さい。

 

ライター:大嶋朋子(Lotus8)
出展:『YOLO』Vol.6「今さら聞けない今ドキのトレーニングの基本」
監修:山坂元一/やまさかもとかず。ストレングス&コンディショニングディレクター。VIDO代表取締役。アメリカの最新情報を加えた独自の理論を展開し、プロや五輪の選手など、100人以上のトップアスリートを指導する。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE