YOLO

Fitness & Sports

【誌面連動】基本のランニング「スプリットジャンプ」動画

9月26日発売の『YOLO』Vol.6。特集は「今さら聞けない今ドキのトレーニングの基本」がテーマ。ウォーミングアップとクールダウンのストレッチ、自重トレーニング、ランニング、ヨガ、アジリティトレーニング、チューブ・ダンベル・バランスボールを使ったトレーニング、ボクシング、ロードバイクの基本を紹介しています。それに連動して、誌面で紹介している動き方と同じを動きを動画で公開します。これならわかりやすいですよね。動きの確認用としてチェックしてください!

股関節から脚を動かす

脚に筋力をつけ、より素早く脚を動かせるようになるためのトレーニングを紹介しましょう。ポイントは骨盤を安定させること。骨盤がブレることで余計な動きが加わり、トレーニングの効果が得られづらくなります。骨盤をブレさせないためには、股関節から脚を動かすこと。ヒザでバランスを取らないことも大事。

【スプリットジャンプ】

1:前の脚のヒザを曲げ、後ろ脚はつま先を立てて、ヒザを上げた姿勢を取る。前脚の太ももが床と平行になるところまで、腰を落としておく。
2:その場でジャンプし、空中で脚を入れ替え着地。最初の姿勢と同じぐらい腰を落とす。10回×2セット。

脚だけ動かすトレーニングを何回行っても、パフォーマンスは上がりません。自分の脚をどう使っているのかを意識しながら、最初の姿勢、ジャンプ、脚の入れ替え、着地の姿勢まで行いましょう。

 

ライター:大嶋朋子(Lotus8)
出展:『YOLO』Vol.6「今さら聞けない今ドキのトレーニングの基本」
監修:山坂元一/やまさかもとかず。ストレングス&コンディショニングディレクター。VIDO代表取締役。アメリカの最新情報を加えた独自の理論を展開し、プロや五輪の選手など、100人以上のトップアスリートを指導する。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE