YOLO

Fitness & Sports

【誌面連動】基本のチューブトレーニング「ニーインアウト」動画

9月26日発売の『YOLO』Vol.6。特集は「今さら聞けない今ドキのトレーニングの基本」がテーマ。ウォーミングアップとクールダウンのストレッチ、自重トレーニング、ランニング、ヨガ、アジリティトレーニング、チューブ・ダンベル・バランスボールを使ったトレーニング、ボクシング、ロードバイクの基本を紹介しています。それに連動して、誌面で紹介している動き方と同じを動きを動画で公開します。これならわかりやすいですよね。動きの確認用としてチェックしてください!

動かしていない脚の意識を抜かない

負荷が優しい分、回数を多くできることで効果を上げられるチューブトレーニング。チューブにもいろいろなタイプがあるので、目的に応じて使い分けたい。ここでは、短めのチューブを使って下半身を鍛えましょう。

お尻、足腰をターゲットにしたトレーニング。お尻、太モモを引き締め、下半身をしっかりとした土台にし、持久力をつけていきます。お尻から太モモ、ヒザにかけての力を保ち、足元の意識を抜かないように。

【ニーインアウト】

1:腰幅に脚を広げ、つま先を正面に向ける。
2:スクワットをする要領でお尻を引き、腰を落とす。
3:ヒザがつま先より先に出ないように。まず右のヒザを内側に入れ、一度戻してから、続いて左のヒザを内に入れる。10回×3セット。

内側に入れていない脚のつま先が開いてしまうのはNG。両脚とも拇指球にきちんと力を入れ、脚の内側の力が抜けないように注意して動きましょう。

 

ライター:大嶋朋子(Lotus8)
出展:『YOLO』Vol.6「今さら聞けない今ドキのトレーニングの基本」
監修:山坂元一/やまさかもとかず。ストレングス&コンディショニングディレクター。VIDO代表取締役。アメリカの最新情報を加えた独自の理論を展開し、プロや五輪の選手など、100人以上のトップアスリートを指導する。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE