YOLO

Fitness & Sports

【誌面連動】基本のダンベルトレーニング「リアレイズ」動画

9月26日発売の『YOLO』Vol.6。特集は「今さら聞けない今ドキのトレーニングの基本」がテーマ。ウォーミングアップとクールダウンのストレッチ、自重トレーニング、ランニング、ヨガ、アジリティトレーニング、チューブ・ダンベル・バランスボールを使ったトレーニング、ボクシング、ロードバイクの基本を紹介しています。それに連動して、誌面で紹介している動き方と同じを動きを動画で公開します。これならわかりやすいですよね。動きの確認用としてチェックしてください!

姿勢を保つことで背中とウエストまで引き締め

ダンベルで高負荷をかけトレーニングすると、背中のラインを引き締め、ウエストを絞っていけます。また、ダンベルを持つ肩まわりの引き締めにも。ここでは、そんな効果をより高めるトレーニングを紹介します。

背中を引き締め、肩の後ろ、肩甲骨まわりを鍛えます。ダンベルを、この時肩甲骨を寄せて胸を開くのがポイント。腕を動かすというより、肩甲骨で動くという意識を大事にしたい。

【リアレイズ】

1:お尻を引いてスクワットの姿勢になり、背筋を伸ばす。
2:ダンベルを肩の位置で、斜め後ろへ上げる。この時、腕だけでなく肩甲骨を動かし、上体が動かないように。胸が開いているのを感じよう。10回×3セット。

ヒジを引いてしまうと肩まわりに刺激を与えられないのでNG。スクワットの姿勢を保って行いましょう。

 

ライター:大嶋朋子(Lotus8)
出展:『YOLO』Vol.6「今さら聞けない今ドキのトレーニングの基本」
監修:山坂元一/やまさかもとかず。ストレングス&コンディショニングディレクター。VIDO代表取締役。アメリカの最新情報を加えた独自の理論を展開し、プロや五輪の選手など、100人以上のトップアスリートを指導する。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE