Event

全身にアプローチする新感覚ワークアウトにハマる人続出?!「BETTER BODIES HI AOYAMA」に注目!

2020/02/27

PR:ルネサンス

YOLO女子にピッタリ?!短時間&高効率のグループワークアウト

日頃からヨガやランニングなどで体を動かしたりトレーニングをしていると、新しいスポーツに挑戦したくなったり、流行っているジムが気になったりと、「未知のもの」に対してポジティブに、興味や好奇心をもって向き合えること、多いですよね。それってすごく大切なことです。新しいことに挑戦すると、知らなかった世界に出会えるし、仲間もできますよね。そこでYOLOでは、そんなアクティブな読者の皆さんにおすすめのワークアウトスタジオをご紹介します!

BETTER BODIES HI AOYAMA」(ベターボディーズハイ アオヤマ)は、いままでにない新感覚のワークアウトで、短時間で効率よくボディメイクができると話題のスタジオ。短時間&高効率のトレーニングを可能にしているのが、スタジオが独自に開発したオリジナルトレーニングプログラム。それを20名前後のグループワークアウトで実践するのが大きな特徴です。グループでトレーニングを行うことで、仲間やコーチとの一体感だけでなく、周りからの刺激やプレッシャーも生まれ、大人数でのスタジオエクササイズやパーソナルトレーニングとは一線を画す没入感、高揚感、達成感が得られるのは大きなメリット。

45分という短時間で集中してワークアウトを行うために、実はスタジオ内にもさまざまな工夫が凝らされています。例えば、スタジオのエントランスはウッディな内装で、中へと進むと硬質な雰囲気に変化していきます。ステーションと呼ばれるワークアウトを行うエリアは、モノトーンで統一され緊張感さえ感じさせる空間。こうした演出によって、参加者は日常から非日常へとスムーズに気持ちを切り替え、ワークアウトモードも自然とオン!45分間だけは日常の雑事を忘れて、がっつり集中してトレーニングできるのだそう。

さらに、当スタジオのプログラムに欠かせないのが、独自に開発したオリジナルトレーニングマシン「FTX TRAINER(エフテックストレーナー)」。このマシンは、上半身の多くの筋肉と下半身のすべての筋肉にアプローチでき、動かす人の目的や目標に合わせて多彩な使い方が可能です。プログラムの各フェーズで使用することで、筋パワー、筋持久力アップに効果を発揮し、さらには全身の持久力向上、脂肪燃焼にも一役買ってくれるのです。

本邦初公開となる「FTX TRAINER」をはじめ、「サーキット形式」で行う「20人規模」の「高負荷&高効率トレーニング」…と、YOLO読者にとっては気になるワードが満載ですよね!そこでYOLOでは、去る2月9日(日)、グランドオープンより約1カ月も早く、グループワークアウトが体験できるイベントを開催しました!

外苑前駅から徒歩5分という好立地に誕生した真新しいスタジオには、総勢約60名のYOLO女子達が集結!イベントが始まる前から、未知なるワークアウトへの好奇心や最も早い体験イベントへの期待度もあって、会場の雰囲気はテンション高め!スタジオのクールなイメージや、はじめて目にするマシンに興味津々の参加者も多く「どんなトレーニングなのか楽しみ!」と、皆さん早く体を動かしたくてたまらない様子です。

イベントでは、「PRACTICE」と「REGULAR」という2つのクラスのうち、高強度で運動量の多い「REGULAR」を体験。4人のコーチに教わりながら、まずはマシンの使い方や各フェーズで行うトレーニングのレクチャーを受けます。最初に基本フォームや体の動かし方を覚えておくことで、ワークアウト中にフォームが気になって集中できなかったり、間違った部位にアプローチしてしまう心配がなくなるので、このレクチャータイムは重要です。

サンドバックを抱えてのスクワットやダンベルを使ったデッドリフト、そしてFTX TRAINERの使い方まで、ひと通りのトレーニングを6~7人にわかれて実践していきます。1チームに1人コーチがついてフォームやポイントを丁寧にチェックしてくれるので、はじめての器具やマシンにもすぐ慣れて、本番に向けて徐々にウォームアップが進んでいきます。


さらに、参加者のみなさんは腕に心拍計を装着していて、それがスタジオ内のモニターでチェックできるようになっています。実はこれが、ワークアウトのキーアイテムの一つ。今回のイベントでも、この心拍モニターが「おもしろかった!」「色別にチェックできて追い込みやすかった」と、大好評でした。一体どんなアイテムなのか?それはプログラムがスタートしてからのお楽しみ!

さぁ、いよいよワークアウトがスタート!まずは呼吸を整えならが集中力を高めていき、足首、ヒザ、股関節など体の各関節の可動域を広げるストレッチを行ったら、ファーストフェーズが始まります。

プログラムでは、FTX TRAINERやダンベルを使ったウエイトトレーニング、全身の機能を高めるファンクショナルトレーニングなどの異なる3種類のワークアウトをローテーションで行っていくのですが、1回の運動時間は30秒程度。30秒の休憩を挟んでさらに30秒ワークアウトすると、一気に心拍数が上がり、狙った筋肉に負荷がかかってきます。今回は臀部や脚部をメインパートとして鍛える「HIPS」のプログラムを行ったので、サンドバッグスクワットやバンドを使ったエクササイズなど、内容も下半身に集中!参加者のみなさんも地味な動きながらジワジワと効いてくるトレーニングに時折表情を歪めつつも、集中したいい表情で楽しんでいたのが印象的でした。

全員の心拍が映し出されたモニターは、各参加者の心拍に比例してパーセンテージとパネルの色が変化。パーセンテージは、年齢に応じてあらかじめ設定されており、この数字と変化するパネルの色で、自分の状態と追い込み具合をすぐにチェックすることができます。パネルを見ながらコーチがドSな声がけをしてくれることも(笑)。そんなやりとりこそが、トレーニング魂に火をつけることもありますよね。さらに負荷をかけて、達成感や満足感が高められるのもグループワークアウトの醍醐味です。

ファーストフェーズ、セカンドフェーズと進み、最後のサードフェーズでは、全員で円を作り45秒間のスクワット!たった45秒とはいえ、さんざん下半身をいじめ抜いた後のスクワット(しかも低い姿勢から腰を常に5センチ上下させるという鬼指令が!)だけに、参加者からも小さな悲鳴も聞こえたような…。そして全員で45秒スクワットをやりきり、プログラムは終了!コーチとハイタッチすると、皆さんの顔もほっと緩んで笑顔が広がりました。

BETTER BODIES HIのプログラムは、これで終わりではありません。トレーニングで疲労した筋肉に栄養を与えるところまでをトータルで提案しており、イベント後はオリジナルで開発したスムージーとプロテインラップが提供されました。プロテインの摂取に最適なゴールデンタイムはトレーニング終了後30分以内と言われており、プロテインパウダーをわざわざ持参しなくても、スタジオでシャワーを浴びたり、ストレッチをする間においしいスムージーで栄養を補給できるのも嬉しいですよね。

グループワークアウトを体験した参加者のみなさんからは、「はじめて使うマシンだったので、すごく楽しかった!」「モニターで心拍をチェックしながらトレーニングできるのがいい!」「短い時間でいろんなトレーニングにチャレンジできるのが楽しかった。横の人が苦しそうにやってるのも刺激になって、余計頑張ろうと思いました」「45分という限られた時間でぐっと集中できるのが良かった。パッと来て、45分頑張ればOK!って思える手軽さもいいなと思いました」などの声が寄せられ、いままでにない新しいワークアウトのスタイルを満喫していたようでした。

「BETTER BODIES HI」のコンセプトは、「人はカラダも、生き方も、変われるようにできている。」。自分らしいベターボディを目指して、体も心も磨いてみたい。そんな風に思う人にはピッタリのグループワークアウト、ぜひ体験してみてくださいね。これからジムに入会したいワークアウト初心者も、PRACTICEクラスがあるから安心です。トレーニングの基本やフォームをコーチが丁寧に教えてくれるので、我流でやるよりも何倍も効率的に理想のボディメイクができますよ。

■施設概要
東京都港区南青山2-27-18パサージュ青山1F
営業時間:受付/月~金曜6:45~22:30、土曜8:45~20:00、日・祝日8:45~18:30
休館日:不定休第2、第4月曜日 ※月曜日が祝日の場合、翌月曜日に振替
https://betterbodies.s-re.jp/bb/