Food

食欲の秋をおいしく彩る!レモンが利いた絶品レシピ4

2019/11/05

PR:ポッカサッポロ

普段の料理もレモンを加えればたちまちオシャレに変身!

秋は実りの季節。旬を迎えた野菜や魚介、フルーツなど、おいしい食材がスーパーにもずらりと並びます。そうなると自宅で作る料理もがぜんモチベーションが上がりますよね。

食欲の秋だからこそ、旬のおいしい食材を使って、たっぷり食べても体の負担にならない、ヘルシーかつ栄養バランスのとれたおうちごはんを楽しみたいところ。でも、「いつも同じものばかり作ってしまう」「失敗するのが怖くて得意料理のレパートリーが広がらない」と、マンネリに悩んでいる人もいるのでは?そこでぜひ使ってほしいのがレモンです。


レモンは、さまざまな料理と相性がいいだけでなく、キュッとひと搾りするだけで料理の印象や味わいをガラッと変化させてくれる食材でもあります。いつもの料理に少し加えて、マイ定番料理のアレンジバージョンを楽しんでみてはいかがでしょうか。ほんの少しアレンジするだけなので、失敗する心配もありませんよ♪

ここでは、料理家のSHIORIさんが提案するレモンを使ったアイデアレシピをご紹介!

毎日の献立に取り入れたい定番おかずからおつまみ、もてなし料理やスイーツまで、簡単に作れておいしいレシピばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

【Recipe1】
2層のプリン
キレートレモンのおいしさを閉じ込めたスイーツをご紹介!2層の見た目もキュートなこちらは、キレートレモンを飲んだ時の爽快感やキュッと酸っぱいインパクトをそのまま楽しめる下層と、生クリームベースのまろやかな上層がおいしいハーモニーを奏でます♪この味わいはちょっと新鮮!ぜひお試しを。


【材料】直径8cmのグラス4個分
<下層>
キレートレモン…2本(310ml)
ゼラチン…7g
<上層>
以下<A>
生クリーム…200ml
牛乳…100ml
砂糖…20g
ゼラチン…5g
レモン汁…大さじ1
レモンの皮(国産)…適量

【作り方】
1 下層:ゼラチンは大さじ2のお湯にふり入れて混ぜ、しっかり溶かす。ボウルにキレートレモンを入れ、溶かしたゼラチンにお玉一杯分加えてからボウルに戻し入れ混ぜる。4等分にグラスに分け入れ、冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。
2 上層:鍋に<A>を合わせて火にかけ、混ぜながら沸騰直前まで温める。火を止め、ゼラチンを振り入れしっかり溶かす。ボウルに移し氷水にあてて混ぜながら冷やし、粗熱が取れたらレモン汁を加える。とろみがついてきたら1のグラスに等分に分け入れ、再び冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。最後にレモンの皮をちらす。

【Recipe2】
秋刀魚とレモンのパエリア
秋の味覚の王様と言えば、秋刀魚。皆さんはどんな風に楽しんでいますか︖王道の塩焼き、刺身、炊き込みご飯も美味しいですよね!今日はそんな秋刀魚でおしゃれなパエリアを作ってみました!サフランライスには秋刀魚の旨味がしっかり染み込み、レモンの輪切りと一緒に味わえば秋刀魚の旨味がいっそう引き立ちます。華やかな見た目は、おもてなし料理にも重宝しそうですね♪


【材料】作りやすい分量
秋刀魚…2尾
塩…適量
国産レモン(輪切り)…1/2個分
舞茸…1パック(100g)
玉ねぎ…1/2個
オリーブ油…大さじ1強
米…230g
以下<A>
サフラン…ひとつまみ
固形コンソメ…1/2個
塩…小さじ2/3
イタリアンパセリ(みじん切り)…適量
粗びき黒こしょう…適量

【作り方】
1 秋刀魚は頭と内臓を取り除いて斜め半分に切り、塩を振って5分ほど置きペーパータオルで水気を拭き取る。舞茸は小房に分け、秋刀魚とともにグリルで7~8分、両面香ばしく焼く。鍋に水400mlを沸かし、<A>を加えてスープを作る。
2 玉ねぎはみじん切りにして、オリーブ油を熱したフライパンでしんなりするまで中火で炒める。米を洗わずに加え、透き通ってくるまで炒めたらスープを加えて秋刀魚を並べる。沸騰したら蓋をして弱火で20分炊く。
3 蓋を取り、表面に水分が残っていたらさらに2~3分炊く。火を止め、舞茸、レモンを乗せて5分蒸らしたら、最後にイタリアンパセリと黒こしょうをちらす。

【Recipe3】
たことオリーブのレモンマリネ
ワインにとびきり合いそうな「たことオリーブのレモンマリネ」は、作った直後はもちろん、時間を置いて味がなじんでくるとより味わい深く楽しめるのがいいところ。秋の夜長に、おいしいおつまみとワインではじめる夕食なんていかがですか?


【材料】作りやすい分量
たこ(刺身用)…100g
グリーンオリーブ(種無し)…50g
トマト…1個
キュウリ…1本
以下<A>
イタリアンパセリ(みじん切り)…適量
ハーブミックスソルト…小さじ2/3~1
オリーブ油…大さじ2
レモン汁…大さじ1
粗びき黒こしょう、国産レモン(輪切り)…各適量

【作り方】
1 たこは2~3mm厚さのそぎ切りにする、トマトは一口大、キュウリはピーラーで縞模様に皮をむいて乱切りにする。
2 ボウルに<A>を合わせ、1とグリーンオリーブを加えて和え、冷蔵庫で30分程度なじませる。器に盛り、黒こしょうをちらして、レモンをトッピングする。

【Recipe4】
サツマイモとカボチャのレモンマヨサラダ
ほっくり甘いカボチャとサツマイモ。この秋らしい食材にレモンをプラスして、ホクホクとしたおいしさの中にも爽やかさが効いたサラダを作りませんか?隠し味はスイートチリソース!甘みと酸味の中にほんの少しピリッとした味わいがあることで、全体として引き締まったおいしさに仕上がるんです。


【材料】2人分
サツマイモ…150g
カボチャ…150g
以下<A>
マヨネーズ…大さじ2
レモン(薄皮から出してみじん切り)…1/2個分
スイートチリソース…大さじ1
アーモンドスライス…大さじ2

【作り方】
1 サツマイモは1cm厚さのいちょう切りにして水にさらす。カボチャは1cm厚さの一口大に切る。アーモンドスライスはフライパンで香ばしく炒る。
2 鍋にサツマイモとカボチャ、かぶる位の水を入れて火にかける。竹串がすっと通る位やわらかくなったらざるにあげ、冷ます。
3 ボウルに<A>を合わせる。2の水分をペーパータオルふきとり、さっくり混ぜ合わせる。器に盛り、アーモンドスライスをちらす。

こちらの4品の他にも、SHIORIさんが提案する多彩なレモンレシピは、キレートレモン公式Instagram(https://www.instagram.com/kiretolemon/)で見ることができます。年末に向けて増えそうなホームパーティにも喜ばれそうなごちそうやスイーツなど、思わず作ってみたくなるレシピを更新中です。ぜひチェックしてみてください!

レシピ監修:SHIORI(@shiorikaregohan)
撮影:鈴木信吾
ライター:酒井あやこ