Fitness & Sports

私のトレーナーであり良き相棒。「美コア」メソッド山口絵里加さんに聞いたSUUNTOの使い方とは?

2019/10/11

PR:アメアスポーツジャパン

「ドS先生」と親しみをこめて呼ばれる美コアメソッド創始者の山口絵里加さん。

「女性を健康にしたい、美コアを世界中の女性に広めることが夢なんです」と語ってくれた。

健康で美しい体をつくる「美コア」メソッド


スレンダーボディに、ほどよく美しい筋肉がついた山口絵里加さん。数多くのメディアでも取り上げられる今注目のトレーナーです。

そんな彼女に多くの女性が憧れて、彼女の提案する「美コア」メソッドに注目が集まっています。

「美コアは生活習慣のバランスを整えて健康で美しい体に仕上げるメソッドで、コア(体幹)トレーニングをベースに、生活習慣と食事の改善を目指すものです。それによって、体温を1℃上げることが目的。体温が1℃上がれば、免疫力は30%アップ、基礎代謝は12%アップし、病気をしづらい、太りづらい体になります」

レッスンでの一体感が楽しい


実際に山口さんのレッスンを受けている方は、健康になりたい、運動を習慣にしたいというよりボディメイクが目的の人が多いそう。

「細いけれどちゃんとくびれがあったり、引き締まった体を求めているので、結構ストイックな方が多いんですよ。そういったみなさんの要望に応えるために、レッスンでは『SUUNTO 3 FITNESS』を使っているのです。この時計にはエクササイズモードがあり、そのなかのサーキットトレーニングを選んで、30秒ごとに時間を区切るように設定します。たとえば、あるクラスでは、170まで心拍数を上げることを目標に動きます。これが脂肪がより効率的に燃えて筋肉がつきやすいベスト心拍数!こうして数値化することで、自分は案外追い込めているんだ、とか、もっと追い込める、というように頑張る目安が明確になるのです」

山口さんが『SUUNTO 3 FITNESS』やこの前身の『SUUNTO SPARTANシリーズ』を使い始めると、多くの生徒さんも同じように時計を持ち始めたそう。

それによって、自分の目標が明確になり、効率よく目標を達成できている方が多いのだとか。

「ボディラインを整えるには、半年くらいはかかりますが、ゆがみをとるだけなら90%の方が2~3週間で実感してくれています。こうして自分のレッスンレベルを数値化することで、お互いに刺激を受けるし、レッスンには一体感が生まれ、自分のステップアップのためにみんなが必死になっている姿を見るのが楽しいです」

地道な努力をし続けることがステップアップにつながる


生徒にとってのステップアップが、自分が理想とするボディラインに近づくことなら、山口さんにとってのステップアップは何なのでしょうか。

「生徒さんが満足してくれるために、どれだけ地道な努力をできるかなんです。だから当然のことながら、私の生活習慣が整っていないといけないわけです。そのために『SUUNTO 3 FITNESS』は今や欠かせない存在。なぜならこの時計が、トレーニングのログをとってくれるだけでなく、睡眠の質やストレスの度合いまでをも教えてくれるからなのです。生活習慣の何を改善すればいいのか、どんな食事をとったらいいのかが明確になり、私の生活習慣・食生活は日々よくなりますから」

実は今までの生活で腕時計をはめる習慣はなかったという。

「時計はスマホがあれば十分、もし、時計をはめるとしてもファッションの一部。ランニングやスイムをする人と違って、タイム計測をすることが少ないスタジオレッスンでは私と同様にはめていない人が多いんですよ。しかも機械音痴で面倒くさがり…。だから自分で設定して、パソコンにつないでデータを見たり分析するというのが性には合わないような気がしていたんです」

今では『SUUNTO 3 FITNESS』を、ほぼ24時間はめているのだそう。

ストレス度が高いときは意識的にスローテンポに


よい生活習慣を心がけているからとはえ、コンディションが必ずしも一定というわけではありません。眠れない日もあれば、ストレスを感じる日もあるのは当然のことです。そんなとき、どのように時計の数字を分析するのか……。

「睡眠ですと、ディープスリープといって熟睡できている時間がどれくらいあるのかが表示されます。私の場合は2時間前後だと、頭も体もすっきり、よく眠れたという感覚があるので、この数値を目指すようにしています。反対に睡眠の質が低い時は、飲みすぎてしまった時(笑)。ディープスリープは1時間きっていて体はだる重といった感じ。こういう日は、焦らず時間に余裕をもってスローテンポで動くようにしています」

こうして自分に無理させないことで、うまくコンディションづくりをできるようになるのです。

日常生活の中で自分を励ましてくれる相棒


24時間、ほとんど肌身離さず時計をつけているので、レッスンや睡眠、ストレス度合を知る以外にももちろん活用している山口さん。

「自宅からスタジオまで自転車で通勤しているのですが、その時はサイクリングモードにして心拍数を計っています。もう少し早くこげば脂肪がしっかり燃える心拍数まで上げられるなと、追い込む目安になります。また、1日1万歩を歩くことを日課にしいるのですが、これはなにも設定することなくわかります。そして1万歩クリアすると「WINNER!」と時計に表示されるんですよ。秘かに嬉しく、こっそり私を励ましてくれているんです。朝も起きると「おはようございます」という表示が出て、まるで小さな同居人のようなトレーナーのような相棒のような存在ですね(笑)」

世界中の女性を幸せにしたい

多くの女性から支持されている「美コア」ですが、山口さんにとってはこの普及はまだまだ夢の途中。

「私の夢はずばり、美コアを世界中の女性に広めることなんです。女性を健康にしたい、その一心です。体温アッププログラムは、体調不良や病気への予防。体調を崩してから、病気になってから治療をするのではなく、予防のほうが大切なんです。美コアを広めてどんどん女性がきれいに元気になる姿を早く見たいですね」

丈夫で洗練されたデザインのフィットネスウォッチ『Suunto 3 Fitness』

Suunto 3 Fitnessは、アクティブなライフスタイルを追求する健康志向の人々のために設計されたフィットネスウォッチです。丈夫で洗練されたデザインが特徴で、優れたフィットネス機能を搭載しています。このフィットネスウォッチは、個人のニーズに応じてフィットネスの向上に役立つトレーニングプランを作成します。エクササイズ中、時計がリアルタイムでガイダンスを提供してくれるので、適切な運動強度を維持しながらエクササイズを行うことができます。毎日24時間の歩数、消費カロリーと睡眠を追跡し、ストレスと回復度合いをモニタリングすることにより、運動量と休息の適切なバランスを維持することができるので、包括的な健康維持に役立ちます。
製品ページはこちら(https://www.suunto.com/ja-jp/suunto-collections/suunto-3-fitness/)

Interview & Text:MIE MINEZAWA
Photographer:TAKAAKI MIURA(スタジオ撮影のみ)

※同記事はSUUNTOオフィシャルサイトの取材記事を再構成したものです。