Lifestyle

体を動かすアクティブな毎日が保険に反映♪住友生命「Vitality」って知ってますか?

2019/09/27

PR:住友生命「Vitality」

体を動かすYOLO読者にぴったりな保険?!

私たちが日頃から、健やかな体のために運動をしたり食生活に気を使ったりしていることが素晴らしいことだと評価され、目に見える形で特典として返ってくるとしたら、もっと頑張りたくなりませんか。そんな、健康増進を応援するユニークな保険がありました。

話をしてくれたのは、住友生命保険相互会社の柴田貴代美さん。
座談会に参加するのは、保険には興味があるけれど、どれがいいのか悩んで加入できていない加藤さん。就職時に親が決めた保険に入ったままという荒井さん。興味を持っていろんな保険に入っている木戸さん。みなさん30代の運動好きな女性です。

木戸梓さん
会社員。会社が終わった夜は2時間のジムが日課。趣味はトライアスロンなど、体を動かすことが得意。

荒井香織さん
ポップピラティスインストラクター。車社会の運動不足による健康寿命に不安を覚え、運動を始める。ジムは週3。

加藤里瑛さん
派遣薬剤師。パートナーは保険に加入しているが、自身は悩んでいた。週2〜3回、サーフフィットに通う。

人生の1/4は介護が必要に!?健康寿命って知ってますか?

柴田:こんにちは。今日は弊社の住友生命「Vitality」という保険が、YOLOの読者さんに合いそうだと思ってご紹介に来ました。みなさんはすでに保険への関心は高いそうですが、住友生命「Vitality」って聞いたことはありますか?

木戸:はい、あります。CMでよく見ますよ。

加藤:瑛太さんがサラリーマン役で出演されているCMですよね。テレビで見ておもしろいなって思っていました。

柴田:ありがとうございます。CMではまず住友生命「Vitality」という言葉を知って興味を持っていただくために、あえて内容を詳しく説明していないんですが、今回は中身についてお話をしていきますね。ちなみにみなさんにとって保険はどんなイメージですか?

荒井:なにかあったとき、入っていれば安心という印象ですね。でも、今まで保険料を払ってはいるけど特に病気もしていないので、なにも受け取ったことはないですね。

加藤:年齢が低いときに入ったほうが保険料は安いと聞きました。だから30歳になる前に、友人と健康や保険の話をしましたね。

柴田:わかります。30歳ってひとつの節目の時期ですよね。保険ってなんとなく「入っておいたほうがいいのかな?」と思われている方も多いと思います。そもそもなぜこの保険が存在するのかというところですが、みなさん健康寿命ってご存知ですか?

荒井:自立して健康的に生活ができる期間が健康寿命ですよね。

柴田:そうです、正解!

荒井:実は健康寿命について考えたことがあるんですよ。それで運動を続けているようなところもあって。

柴田:そうだったんですね。今の健康寿命は、日本人女性は75歳と言われています。平均寿命は87歳だから、約12年は誰かの手助けがないと生活ができないという状況です。(出典:「第11回健康日本21(第二次)推進専門委員会」(厚生労働省))

しかも平均寿命は年々延びていて、今の30代の人は半数近くが90歳まで、2007年生まれの半数は、107年以上生きると言われています。(出典:「LIFE SHIFT 人生100年時代の人生戦略」/著:リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット 訳:池村千秋、東洋経済新報社 P1参照)

荒井:ええっ、そうなんですか。

柴田:びっくりですよね。もし100歳まで生きるとしたら、人生の1/4、誰かの力を借りなければ生活ができないということになりますね。

木戸:医療費や介護費、年金……。お金もたくさんかかりますね。

柴田:そうなんです。そこで国も健康寿命を延ばそうと考えていて、住友生命も健康寿命の延伸を社会的使命と感じています。

健康状態を知らない人が多数。まずはそこから見直します

加藤:でも、健康寿命を延ばすことと保険はどう関わっているんですか?

柴田:今まで保険といえば、ご自身が亡くなられたときに残された家族が生活できるためのものという印象がありますよね。でも少子高齢化社会になって、少しずつ、まわりに迷惑をかけないよう自分のために使うもの、という方向へ保険は変化しています。そこで、長く元気でいられるためにも健康志向が高い方に付加価値をつけましょうと、Vitality健康プログラムが生まれました。当社の生命保険にバイタリティという健康プログラムがついているのが特徴です。
荒井:健康診断の書類を提出するという保険を聞いたことがあります。結果がよければ保険料が下がるんですよね?

柴田:お詳しいですね。Vitality健康プログラムには、STEP1.健康状態を把握する、STEP2.健康状態を改善する、STEP3.特典(リワード)を楽しむという3つのステップがあるんです。STEP1 健康状態を把握するでは、健康診断結果をVitalityアプリにアップロードし結果を入力するだけでOK。ポイントがもらえるんですよ。

加藤:とても気軽にできるんですね!

柴田:そうなんです。また、食生活や健康状態についての簡単な質問をVitalityアプリでお答えいただくとさらにポイントが加算されるんです。自分の体と向き合う習慣をつけることがまず1つめのSTEPです。

2つめのSTEP 健康状態を改善するでは、歩いた歩数や所定のジムでのトレーニング、スポーツイベントへの参加などでポイントをゲットできます。STEP1も含め、健康増進活動への取り組みによって獲得したポイントに応じ、4つのステータスに振り分けられます。1番上のゴールドと2番目のシルバーは保険料の割引率がアップするんですよ。

荒井:それで私たちに合ってる、ということだったんですね。日々、運動が身近にあるから。

柴田:そうなんです。でも運動があまり習慣づいていない人も運動が習慣化している人も、さらに頑張る気持ちを引き上げてくれるのがSTEP3特典を楽しむというステップです。

健康に関連する人気商品やサービスをお得な価格で体験できる“ご褒美”が!

加藤:すごく気になっていました。実用的なものがあるとうれしいです。

柴田:素敵な特典ばかりで悩みますよ。アディダスの対象の靴やトレーニングウェアが30%割引とか、オイシックスの料理キットが、最大25%の割引も! このように、体を健康に導くための行動変容を起こすと予測されるものを中心に、特典を設けてあります。

木戸:おもしろい! なかなかジムに行かない人でも、ポイントを貯めて特典を使うために、行く習慣ができそうですね。

柴田:さらに「アクティブチャレンジ」では、1週間に一度、目標ポイントを獲得すると、スターバックスコーヒードリンクチケット(500円分)などが獲得できるルーレットチャンス(※1)もあるんですよ。
(※1)運動ポイント目標達成で受けられる特典については、Vitalityアプリの抽選機能により内容が決定します

全員:えー、すごい!

加藤:私、ポイントカードなどでポイントを集めるのがすごく好きなんです。しかも毎週ご褒美があるなら、毎日の頑張りも楽しみに変わりそう。

荒井:保険って入っていても怪我などをしたとき以外はあまり入っている実感がないけれど、1週間のルーレットのためにいつも健康のことや保険のことを考えていられるのって、なかなか珍しいですよね。

木戸:でも、なぜこのようなとても良い条件で特典(リワード)を提供するんですか?

柴田:はい。それはみなさんに楽しんで健康に取り組んでもらえると、みなさんが病気になりにくくなったり、健康寿命の延伸につながり、弊社も保険金の支払い金額が下がるんです。特典(リワード)を提供してくださるパートナー企業さんは、今まで自社の商品を購入したことがない層のお客さまにも商品をご提供できるので、みんな幸せというわけなのです。

木戸:すてきですね。それなら納得です!

YOLO読者であれば最上級ステータスも楽勝!?

柴田:健康寿命が延びれば社会への貢献にもなりますね。また、保険料にも行動変容を促す仕掛けがあります。健康増進活動は継続することが健康寿命を延ばすのに大事です。住友生命「Vitality」は1年目の保険料が15%割引。2年目以降は獲得ポイントにより毎年ステータスが決まり、保険料が変動します。健康増進にしっかり取り組んで一番上のゴールドステータスを毎年達成できた場合には、どんどん割引率も増えて、最短で9年目には最大の30%割引になります。なお、健康増進にあまり取り組まず、ステータスが一番下のブルーとなると保険料が年に2%ずつ上がるので、気も抜けない。というところも頑張ろうと思える点です。(※2)

加藤:お得な割引額をこれ以上下げたくないから、頑張ろうと思ってしまいますね。

荒井:今、スマホからステータスのチェックをしてみたんですけど、普段から運動している私たちだったら、今の生活を続けるだけで最上級のゴールドステータスを狙えそう。

加藤:しかもそんなに無理をしなくてもよさそうでしたよね?健康診断の提出・オンラインチェックで上限ポイントを獲得していたら、提携ジムに週3~4日通えばゴールドステータスになりそうだし。

荒井:それくらいなら楽勝ですね。

柴田:すごいですね! YOLOの読者さんにピッタリなんじゃないかなと思ったんです。ちなみにこのVitality健康プログラムの仕組みは南アフリカのディスカバリー社が20年前に始めたもので、今は世界21の国と地域(2019年6月末時点)で実施されているんです。一国に一社だけ、日本では住友生命だけご提供できる商品なんですよ。

木戸:まあ、そうなんですか!

柴田:そして南アフリカでは、このVitality健康プログラムに取り組んだことで、疾病率・死亡率が下がったと20年間のデータで報告されています。さらに海外では、スーパーマーケットのヘルシーフードにVitality対象商品のロゴがついていて、25%キャッシュバックなどが実施されていたりもします。日本でも今後、食べ物や娯楽、旅行などに特典を増やして、Vitality健康プログラムがみなさんの身近な存在になるようにしていきたいなと考えているんですよ。

加藤:日本だけの保険ではなく、すでに世界的に広まっている考え方だったんですね。保険に詳しくないから入りたくても選べないでいましたが、自分で選ぶなら、こういう自分の利益になる保険を選びたいですね。

荒井:いざというときにだけ役に立つのではなく、常に行動が伴い、それが自分のためになる保険って初めて知りました。こういうポジティブな保険、求めている人も多いと思います!

(※2)
健康増進乗率適用特約を付加した保険契約の保険料の変動範囲は、健康増進乗率適用特約を付加しない保険契約の保険料に対して最大割引率30%、最大割増率10%の間で推移します。(一部、割引・割増対象外の商品があります。)。
健康増進乗率適用特約を付加した保険契約の保険料は、健康増進乗率適用特約を付加しない保険契約の保険料を超過する場合があります。

座談会を終えて…保険に対するイメージ、変わりましたか?

私たちが健康になることで健康寿命が延びることは社会にとってもいいですし、保険金の支払い金額が下がるので保険会社にとってもいい。みんながwin-winな関係という仕組に納得しました。(木戸さん)

幸運なことにずっと健康だったため、「保険に入っていてよかった」と思ったことがなかったんです。住友生命「Vitality」なら健康なままでもすぐにポイント獲得できるので、楽しみが増えますね。(荒井さん)

運動をやる気にさせてくれる要因のひとつになるのがすごくいいなと思いました。私たちの世代だからこそ健康増進を考えていきたいので、やりがいを感じたり共感する人も多いと思います。(加藤さん)

あなたの健康をサポートする住友生命「Vitality」

住友生命「Vitality」とは?
保険商品に、健康増進への取り組みをサポートする「ウェルネスプログラム」を組み込んだ、健康増進型保険。リスクに備える充実の保障に加え、健康増進への取り組みをポイント化。獲得したポイントにより判定されるVitalityステータスによって、保険料が毎年変動したり、提携先企業の商品、サービスに対する各種割引などが受けられる

<Vitality健康プログラム>
STEP1:自分の健康状態を把握してポイントGET
生活習慣についての質問に答えたり、健康診断やがん検診などを受けてVitalityアプリに結果を入力・アップロードするとポイントが貯まる仕組みです。自分の体を知る機会が増えるから改善点も見えてきて、より健康への意識も高まります。

STEP2:健康に関する取り組みでポイントGET
ウェアラブルデバイスやスマートフォンを使って歩数を計ったり、提携のジムに通ったり運動イベントに参加したり。様々な取り組みでポイントがもらえるので、ついつい頑張ってしまいそう。

STEP3:頑張ったご褒美!特典(リワード)をGET
提携企業の商品の割引などを受けられます。高いステータスの人ほど割引率が増える特典もあります。さらに週1回、目標ポイント達成でコーヒーなどのドリンクチケットがもらえる特典も。(※1)

■住友生命「Vitality」に興味のある方はこちら
LINE友だち登録
https://line.me/R/ti/p/%40oti7783e

資料請求
https://www.sumisei-affinity.com/tieup_landing/?alliance_code=I003

Vitality健康プログラム契約のご検討にあたっては、住友生命ホームページ等で「Vitality健康プログラム規約」「Vitalityウェブ・アプリ利用規約」「Vitalityポイント獲得ガイド」「特典ご利用ガイド」をご覧ください。
Vitality健康プログラムを利用するには、健康増進乗率適用特約を付加した保険契約に加えて、Vitality健康プログラム契約を締結する必要があります。
保険料とは別に、Vitality利用料として、月額880円(税込)をクレジットカードにてお払い込みいただきます。利用料は消費税率10%で計算しています。
Vitality利用料、Vitality健康プログラム契約の内容(特典の内容等)は将来変更することがあります。
※特典(リワード)の内容などは2019年10月現在のものであり、将来変更することがあります。
既にVitality健康プログラム契約を締結いただいている場合は、記載の内容と異なることがあります。

本商品のご検討にあたっては、住友生命HPや設計書(契約概要)等でご契約前に詳細を必ずご覧ください。

住友生命「Vitality」スペシャルサイト:http://vitality.sumitomolife.co.jp

登録番号(営企-19-0015)
お問い合わせ先(住友生命HP:http://www.sumitomolife.co.jp/

撮影:柳詰有香
ライター:薮田朋子