Lifestyle

MINI CROSSOVER PHEVで週末リトリート!日常から一歩踏み出し大自然で自分と向き合う旅へ

2020/07/22

PR:ビー・エム・ダブリュー


人気ヨガインストラクターのエドワーズ壽里さんが、MINI CROSSOVER PHEVとともに、32時間の週末トリップへ。乗ったその瞬間から始まるマインドフルネスな時間は、忙しい日常から一歩踏み出すキッカケに。大自然を五感で感じながら、自分と向き合うセルフリトリートをご紹介します。

心も体も癒やされる!MINIと行くセルフリトリート旅
壽里さんのようなリトリート旅をするなら、32時間オーナー体験できるMINIで行くのがオススメ!近くのディーラーから簡単に、無料で楽しめます!(ポップアップで開きます)

 

都心から離れ自然と触れ合うことが、エドワーズ壽里さん流のリトリート

「自分の仕事は大好きだけど、仕事のことを考えない時間も大切だと思うんです。気がつかないうちにストレスは溜まっているし、家にいても結局休まらないことが多いから、休日は東京から出て海や山でリトリートします」

そう話すのは、国内外でパワフルに活動する人気ヨガインストラクターのエドワーズ壽里さん。

1日があっという間に過ぎてしまい、自分と向き合う時間がない多忙な毎日。思考や感情が行き来して休まらない時、外側に向いた心を自分の内側に戻す方法を、壽里さんに教えてもらいました。

静かな空間で、気付きを高める“マインドフルネス”な時間

もともと体を動かすことが好きな壽里さんは、サーフィンやスノーボードへ自らドライブしに行くという、アクティブなライフスタイルが軸。ふだんの生活から一歩踏み出し、自然の中でリトリートすることで、エネルギーをリチャージしているのだとか。常に誰かと一緒にいることが多いからこそ、自分だけの時間を持つために一人でドライブすることを意識しているそう。

そんな彼女が乗る車は「MINI」。MINIオーナー歴5年以上という壽里さんがチョイスするのは、人と地球環境に優しく、走行が静かなエコカーMINI CROSSOVER PHEV(MINI クロスオーバー プラグイン・ハイブリッド)です。

 
「外見がクラッシーなのに可愛らしくて、中が広いところが気に入っています。安定感があるから高速道路も安心して走れますし、昔乗っていたMINIよりも大きいのに小回りが利くのもいいですね。原宿のスタジオへ行くときによく通る狭い道も、とても運転しやすいですよ」

いつものように音楽をかけ、セルフリトリートの旅へ走り出す壽里さん。アクセルを軽く踏んだだけでスムーズに加速する心地よさは、PHEVならではです。走行音がほとんどしないEV走行モードで森の中を走れば、雨や小鳥のさえずりなど、日常では聞き流してしまいそうな何気ない音にも気付くことができます。

「エンジンをかける時も、かかっているのかわからないくらい静かなんですよ!」

笑顔でそう語る壽里さんにとっては、道中の車内もリラックスするための大切な時間。軽やかだけど安定感のある乗り心地はまさにストレスフリーで、マインドフルネスはすでに始まっているのです。

デジタルデトックスできる空間で、仕事を忘れてリフレッシュ

MINI CROSSOVER PHEVとともに訪れたのは、静岡県御殿場市にある富士山を見上げる雄大な自然の中のアウトドアリゾート「藤乃煌」。プライベート感を重視した独立型キャビンで、PCやスマホから離れたデジタルデトックスな時間を過ごします。

「ふだんの生活から、あえて一歩外に出るんです。ちょうどこのクルマのように、心と体に新たなエネルギーがリチャージされていくんですよ」

少しずつ満たされていく心と体にイメージを重ね、キャビン近くの充電スポットでチャージする壽里さん。

「まるでスマホの充電と同じように充電ケーブルのプラグをガチャっと挿し込むだけ、すごく簡単ですよね。フル充電まで約3.5時間だから、リラックスしたりヨガしたりするのにちょうどいいんです」

大自然でのヨガが五感を刺激し、いつもよりクリエイティブに

ヨガは家でもジムでもできますが、壽里さんはなぜ自然の中で行うのでしょうか。

「自然の中で行うヨガは、まわりから受けるエネルギーはもちろん、音も空気も違います。私はヨガの最後に目を閉じて瞑想するのですが、目を開けた時に広がる景色がいいとスッキリしますね。体を動かしている時は、アイデアも浮かびやすいし、よりクリエイティブになれる気がします」

ヨガは“つながる”という言葉が語源とされ、「呼吸と動作をつなぐ」「魂・心・体をつなぐ」など、色々な意味をもちます。壽里さんにとってのヨガは、まさに自分とつながる時間。つながることでエネルギーを循環させ、自分の心と体を満たしていくのだとか。

リトリート旅で満たされた心と体。リチャージして新たな日常へ

翌朝、心も体も満たされリトリートした壽里さん。昨日目にしたはずの景色も、よりクリアに美しく見えます。

「私はよく、ヨガマットの上はトランスフォーメーション(進化・変化)の場所って言うんですけど、ヨガって5分するだけでも気持ちを変えることができるんです。家でもそれは同じなんですが、自然の中でヨガをすると、外側からのエネルギーをより多く得ることができます。だから私は、MINIでここまで来たいと思うのかもしれませんね」

アクティブでヘルシーな壽里さんから溢れるポジティブなパワーは、自分と向き合い、心と体を満たし続けることで生まれるものなのでしょう。そして、MINI CROSSOVER PHEVとのドライブもそのひとつです。

自分自身をいつでも笑顔に、そしてハッピーにするMINIとのセルフリトリート旅。リチャージしたMINI CORSSOVER PHEVとともに、笑顔の壽里さんはいつも日常へと戻ったのでした。


MINI CROSSOVER PHEV

電気モーターとガソリンエンジンの長所を合わせもった、MINIのプラグイン・ハイブリッドカー。エコとパワフルさを両立し、女性でも安心の静かで快適な走行感はセルフリトリートのベストパートナーに。

 
デザインと走行性

MINI CROSSOVERは、丸みを帯びたフォルムのSUVスタイル。じつはMINIの中でももっとも大きいサイズで、大きすぎるのでは?と嫌煙されがちですが、意外なほど取り回しが良く、じつは女性にも好評。電気モーターによるスムーズな走り出し、高速道路でも安心の高い加速力で運転しやすいクルマなのです。

エンジン・ブレーキ回生システムにより、走りながらバッテリーをチャージできるのもうれしいポイント。

プラグイン・ハイブリッド

充電スポットは全国的に急増しており、お出かけ先でも気軽に充電できます。電気だけでも最大49km*走ることができるので、環境にもお財布にもエコですね。
*定められた試験条件での値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。

ALL4(4輪駆動)なので、荒れた路面でも安心。どんなアクティブシーンにもお似合いのクルマです。

「MINI CROSSOVER PHEV」
モデル名:MINI COOPER S E ALL4
車両本体価格(税込):508万円~
荷室容量:405L(最大1275L)
ボディサイズ(mm):全長4315 ☓ 全幅1820 ☓ 全高1595
カラー:MINI Yours エニグマティック・ブラック・メタリック(使用したモデル)、ほか8色

 
IGNITE YOGA主宰・ヨガインストラクター
エドワーズ壽里(えどわーず・じゅり)

大学時代のカリフォルニアでヨガに出合い、その後ハワイでヨガインストラクターに。ウエアブランド『lululemon』の日本立ち上げに参画するために帰国した後も、イベント企画やブランディングなど幅広いフィールドで活躍されています。2019年4月、自らが主宰する「IGNITE YOGA STUDIO」を原宿にオープン。現在は「IGNITE ONLINE STUDIO」を製作中であり、注目を集めている存在です。

MINI CROSSOVER PHEVを32時間たっぷり試乗できるキャンペーンを実施中

「MINI」正規ディーラーでは「32時間、MINIオーナー体験」キャンペーンを無料で実施中。わずか数十分の試乗でクルマを知るなんて難しいというYOLO女子のみなさんも、壽里さんのようにリトリート旅に出かけて、CROSSOVER PHEVの乗り心地を試してみてください。帰ってくる頃には、疲れた心や体がリセットされているはずです(ポップアップで開きます)。

 

■問い合わせ
MINI カスタマー・インタラクション・センター
https://www.mini.jp/
 
その他のMINIと行く32時間ストーリーはこちらから。

 
撮影:宮田幸司
撮影協力施設:藤乃煌 富士御殿場 FUJINOKIRAMEKI