Brand

  • YOLO
  • ランドネ
  • BiCYCLE CLUB
  • NALU
  • 楽園ゴルフ
  • RUNNING style
  • MY LIFE RECIPE
  • Yogini
  • トリコガイド

戦隊モノに出てきそうな山頂!?「鷹取山」でハイキング|親子でアウトドア#1

新連載、「親子でアウトドア」では、子どもといっしょに楽しんできた山遊びでの発見をお伝えしていきます。今回は「鷹取山で初登山」です。「5歳から登れる」と書いてある山にリアル5歳を連れて、登ってみました!

3組の母子と山登りデビュー!

今回はママと子どもたちだけで初の山登り! 釣り好きママ、早朝ランニングを毎日しているママ、スポーツ自転車に乗る私。趣味は違うけれど、子どもつながりで、いろんな遊びを始めたばかりの友だちです。

みんな初めてなので、山選びからして一大イベント。まず条件を3つにしぼりました。

①最年少の5歳が登れそうな山
②ママの負担を減らすため、電車移動→移動は1.5時間くらい
③子どもがわくわくするような山

私の登山デビューが標高360mくらいで、約3時間のコースタイムでした。それがギリギリの体力でも楽しさが勝つような感覚だったので、子どもと行くなら標高は150m以下、所用時間は1〜1.5時間かな?と予想。そして、ネットで調べて、見つけました! 標高300m以下、所用時間1〜1.5時間、子どもがわくわくする山です!

それは神奈川県・東逗子市の鷹取山! 今回のわくわくポイントは「戦隊モノに出てきそうな山頂」です。

近場にあって、気軽に行ける
エキサイティングな山

さて当日はかなりの晴天。電車に乗る機会が少ない子どもたちはそれだけで満足しているようでした(笑)。電車に不慣れなママたちは乗り換え間違いの連続。そんなこんなで多めに用意したおやつがドンドン減ってしまいました。

▲通勤以外で電車に乗らないママたちは、トー クに夢中で乗り換えする駅を乗り過ごしてし まった。しかも2回も!

なんとかJR東逗子駅に到着したのは9時40分。70代以上のグループがちらほらいました。いろんなルートがあるようですが、今回は東逗子駅から神武寺→鷹取山というルート。ルート入り口まですぐに到着。登り始めます。

▲好きな子について語る6歳男子たち。「ケイが好きな女の子は3人いるよ!」(ケイ)。「タケは今日かわいいって思っても明日は違うんだよね~♪」(タケ)。大丈夫か?

のぞく!のぞく!いろいろ気になる神武寺

木漏れ日が気持ちよくて、ドンドン進みます。土の道、石畳など比較的歩きやすくて神武寺まですぐに到着。休憩にはいいタイミングでした。

▲左)木漏れ日がきれいに差し込んでいた神武寺の入り口。​右)鐘の中にはお経のような文字が書いてあった
▲​​賽銭箱を覗くタケとエータン。山では神社とかお地蔵さんを大切にしないと、怪我をするよ! と伝えたら、ちゃんとお参りした(笑)。

登ったり下ったり、
結構エキサイティングな道

そして鷹取山山頂に向かって再スタート。徐々に斜度も急になり、身長を超えるような石も出てきました。でも歩く道はいい感じに整備されていて、ちょうどいいアドベンチャー感。難しそうなポイントを登れると、子どもたちは「ティロリロリロ!」「クリア!」とゲームの音や用語で盛り上がっていました(笑)。

▲左)滑りそうなポイントや落差のあるところでは手をつないで歩く。右)鎖やロープなどがかけてあるポイントもあった。1 人ずつ順番に登る。登る子を自然に応援している子どもたち

途中で「もう歩けない〜」「あきた〜」なんて言葉を心配する必要はゼロでした! ママたちは心のなかで「やった〜!」とガッツポーズです。子ども同士のコソコソ話しに耳をそばだてたり、ママたちはおたがいの趣味の話をしながら、次のプランで盛り上がりながら歩きました。

山頂は広くて、遊びどころがたくさんある!

あっという間に山頂。山頂に到着すると、子どもたちは勢いよくおやつをたいらげて、ものすごい勢いで走り回っていました(笑)。

山頂は岩カベを利用してボルダリングをやっている人、特撮ばりの景観のなかでコスプレ撮影をしている人、お弁当を食べている老人グループ、午後には同じくらいの年の家族連れも増えてきて、いろんな人がいるいい山だなと思いました。

▲山頂は広く、岩壁を利用してボルダリングを楽しんでいる人が多い
▲昔、採石が行なわれていたそうで、山頂は地層がむき出しの岩の削り出しがドーン、ドーンとあり、不思議な空間
▲左)草っ原はとにかく全速力で走る! 右上)お菓子を出すとものすごい勢いで群がる子どもたち。右下)展望台に登る。一段と高いところから町を見て、小学校の体育館や公園など、身近なモノを発見していく子どもたち

同じ道なのにまったく景色が違う下山道

滞在は1〜1.5時間。さすがにおやつが底をつき、このままでは子どもたちは下山途中でお腹が空いて動けなくなりそうだったので、強制的に下山です。運動量から考えて、時間的にはギリギリ。神武山から舗装路に出ることにしました。

▲比較的サッと登れたはずなのに、下るときは根っこが滑りそう~と慎重になる
▲左)行きに道を間違えたポイント。岩と岩の間を抜けて……反対側も道が二股に分かれているように見える。また道がわからなくなった。右)帰りは慣れてきたのか、腰まである段差でもスイスイと登っていく

舗装路に出たのは大失敗!

これが失敗。舗装路は単調で楽しみが少ないので、「お腹すいた〜」「歩けない〜」という言葉が出始め、ついに道に座り込み(汗)。でも少し休憩すると子どもたちは歩き始めました。さすが5歳以上。

▲駅まで200m ! ホームが見えているのに座り込む子どもたち

駅周辺の飲食店は終了。結局コンビニで買って、特急の指定席に乗り込む……ということに(笑)。

帰りにパパたちと温泉で待ち合わせをして、居酒屋経由で初の山登りは終了。家に帰ったのは18時くらいで、19時にはみんな就寝するという大満足な一日でした。

子どもたちをお風呂に入れて帰るのは重要ですね!

今回の学びMEMO

DATA
神武寺と鷹取山
◎コース:東逗子駅→神武寺→鷹取山→東逗子駅。JR 東逗子駅から表参道を通って、神武寺薬師堂まで1.1km(約30分)。神武寺から鷹取山山頂まで約1km(約90分)。山頂滞在(60分)。鷹取山山頂から神武寺へ戻り、沼間参道で下山(75分)。

ハイキングした人

※右から
アヤちゃん(9歳)

スポーツ全般、外で体を動かすことが好き。おいしいものが大好きで、なかでもトマトとキュウリが大好物。将来の夢は夏野菜のサイエンティスト

タケくん(6歳)

ファッションにこだわりがあり、場違いでも気に入った服しか着ない。人なつっこく、その場にいる人とすぐに話をはじめて友達になってしまう

ケイくん(6歳)

ちょっぴりシャイなマイペースくん。が、スイッチが入ったときの集中力はピカイチ。最近は、空手に全集中!帯も昇格してますます気合いが入っている

エータン(5歳)

独自の世界観でジオラマやゲームで世界を作るのが大好きなちびっ子クリエーター! ゲーム実況はYouTuber顔負け。トークに夢中になると鼻がふくらむ

+ママ3人

出典

Share

Profile

山﨑 理恵

ランドネ編集部

山﨑 理恵

最近、2人の子どもとその友だちと山登りを始めたばかり。みんなが楽しめるような山登りを計画して満喫している。山登りのほか、子どもと山を自転車(マウンテンバイク)で走ったり、キャンプをしたり、アウトドアを楽しんでいる。

山﨑 理恵の記事一覧

最近、2人の子どもとその友だちと山登りを始めたばかり。みんなが楽しめるような山登りを計画して満喫している。山登りのほか、子どもと山を自転車(マウンテンバイク)で走ったり、キャンプをしたり、アウトドアを楽しんでいる。

山﨑 理恵の記事一覧

No more pages to load