Brand

  • YOLO
  • 楽園ゴルフ
  • ランドネ
  • RUNNING style
  • MY LIFE RECIPE
  • Yogini
  • トリコガイド

サーキットトレーニングは自分にはハードすぎる。それでも挑戦するべき?|ランニング初心者のQ&A

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生が、ランニング初心者の悩みや疑問にズバリ答えるQ&Aコーナー。今回は、サーキットトレーニングは自分にはハードすぎるが、それでも挑戦するべきか?を聞いてみました。

ランニング初心者のQ&A
一覧を見る

サーキットトレーニングは自分にはハードすぎる。それでも挑戦するべき?

内山先生の答え

サーキットトレーニングとは、“負荷”と “不完全休息”を連続して行うトレーニング方法で、インターバルトレーニングと同じ形式で行います。

具体的には、筋トレを1種類行い、心拍数を上げ、その後ジョギングでつないで、さらに別の筋トレを行う、という流れを繰り返すことになります。このトレーニングの最大のメリットは、全身の運動能力を高められるという点です。

しかし、おっしゃるとおり運動強度がかなり高いため、よほどの動機づけがないと、長く続けることは難しいのではないでしょうか。また、自分に合った運動強度を考えて、自分でプログラムを組んだとしても、本来の効果を得ることは難しいと思います。市民ランナーであれば、ペースを変えながら走るなど、ランニングそのものに重きをおいたトレーニングのほうが効果的かと思います。

その他の「ランニング初心者Q&A」はこちらから。

ランニング初心者のQ&A
一覧を見る

教えてくれた先生
内山雅博 コーチ

ランニングスタイルでもおなじみの、超ベテランコーチ。「ビギナーランニング教室」の講師も務め、悩める初心者ランナーの悩みにズバリ回答。幅広い層のランナーたちのレベルアップをサポートする。

Share

Profile

RUNNING style 編集部

RUNNING style 編集部

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

No more pages to load