Fitness & Sports

あなたの腹筋も本当は割れている!脂肪を減らせば見えるハズ

お腹の脂肪を減らせば、シックスパックも夢じゃない!

寒くなって肌の露出が減ると、ついついトレーニングの頻度も減ってしまいがち。しかし!よく考えると春になるまで、実はあと4ヵ月!冬の間こそしっかりトレーニングをして、引き締まったボディをキープしたいですよね。

痩せたい部位は人それぞれですが、やっぱり気になるのはお腹のあたり。くびれがあって、腹筋がうっすらと見えていて…。そんな女性らしい美しいウェストは、トレ女だけでなく多くの女性の憧れではないでしょうか。

そんなキレイなウェストは夢のまた夢…と、諦めてしまうのはまだ早い!というより、あなたの腹筋も、実は割れているはずなのです。

どういうことかというと、人間の腹筋は、そもそもシックスパックの形状になっています。つまり「割れていない」人は、「割れていないように見える」だけ。その原因は腹筋の上に脂肪がついているからなんです。

だからこそ、お腹を割るには、まずお腹の脂肪を取り去る必要があります。そのためには消費カロリーが摂取カロリーを上回らなくてはなりません。と聞くと、では単純に摂取カロリーを減らして脂肪を落とせばいいのね、と思いがちですが、そうではありません。大切なのは食事と運動の両面からのアプローチなのです。

食事を抜いたり、決まった食べものだけを徹底して摂取するような食事制限のみでは、栄養バランスを欠き、脂肪だけでなく筋肉も減ってしまいます。逆に筋トレを行うことばかりに熱心になっても、筋肉をつくるための栄養素をしっかり摂らないと筋トレの効果が薄れてしまいます。なので、食事と筋トレ、これは同時に行ってこそ効果が表れるものなのです

春が近づいて、水着を着る夏までにお腹を凹ませなくちゃ!と、あわてて食事中心のダイエット法に飛びつくのはナンセンス。トレーニングは1日にしてならず!なので、食事・筋トレ両面から攻めていくのが、実は最短で腹凹ボディに至る道なのです。
出典:『2週間で腹凹 即効自重筋トレ
ライター:夏井美波

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE