Fitness & Sports

シンプルだけど美ボディに直結!「開脚前屈」で骨盤を整える

美ボディの要は「骨盤」にあり!?

骨盤は人間の身体のなかで要となる骨格のひとつ。ところが偏ったクセや動作が原因で骨盤がゆがんでいる人が多いのも事実です。骨盤がゆがむと関係する筋肉やその周りの筋肉が過度に緊張し、その緊張が神経を圧迫して痛みが出たり、血液循環にも影響することさえあります。

骨盤のゆがみのなかでも、とくに骨盤が前に傾き猫背になっている人や、後ろに傾きペッタンコお尻になっている人にオススメしたいのが「開脚前屈」。

もも裏や腰まわりの筋肉がほぐれ、骨盤が正常な位置に戻りやすくなるので、トレーニングの前には必ずやってみましょう。背中の背骨回りやハムストリングの筋肉が鍛えられるので、姿勢もきれいになります。

床に座って両足をできるだけ大きく左右に広げ、そこから背筋を伸ばしたまま状態を前に倒す。腰から太ももにかけてのばすことを意識しましょう。慣れてきたら、両ヒジを床につけるといいですよ。

ポイントは上体を立てて骨盤を意識すること。できないからと背中を丸めていては骨盤のゆがみを正しい位置にできません。

出典:『老けないカラダを作る筋トレBOOK』(エイ出版社)
出典監修:横山格郎(トレーニングマーケター)
ライター:YOLO編集部

RECOMMEND