Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

沖縄北部のおすすめカフェ&スイーツ7店

山や森など、自然が多く残っている地域のことを指す「やんばる」。アクティビティや景色の綺麗な場所と店がたくさんあるこの沖縄北部のエリアで、ゆったりくつろぐことができるおすすめのカフェと、美味しいスイーツをご紹介します。

農家のごちそうでスロータイム「CANAAN SLOWFARM cafe&eco-stay」

沖縄産のシークヮーサーやミカンの入ったココナッツカレー。
ジェノベーゼ風やんばる野草そば。爽やかな味わいの野草ソースが味の決め手です。

自家農園の野菜や果物、アグー豚などを提供しています。沖縄の食材を堪能するなら、定番のカナンプレートを。宿泊施設も併設し、農業体験やヒーリングツアーで大自然と触れ合えますよ。

【DATA】
CANAAN SLOWFARM cafe&eco-stay(カナンスローファーム カフェアンドエコステイ)
住所:沖縄県国頭郡東村平良863-2
電話:0980-43-2468
営業時間:11:30~18:00
※ランチ15:00L.O.
定休日:木曜日
URL:https://www.plat-okinawa.jp/shop/a3-20/

やんばるの自然に抱かれる「がじまんろー」

トマトの味が濃い!トマトとフーチバーのピザ。
ハンモックでうたた寝も最高ですね。

目の前にシークヮーサー畑が広がる森の中のカフェ。ハンモックやベンチで寛げば、野鳥の声が耳をくすぐります。「メニューは庭の野草や畑の野菜を使ったピザとスイーツだけ。それでも何度も来てくれるお客さまがいてうれしいです」と店主の真謝さん。自家製のシークヮーサージュースや摘みたての花でつくるハイビスカスティーもぜひ。

【DATA】
がじまんろー
住所:沖縄県国頭郡大宜味村字大宜味923-3
電話:0980-44-3313
営業時間:11:00~18:00
定休日:金曜日、土曜日、日曜日
URL:https://www.tabirai.net/sightseeing/column/0004270.aspx

果実味あふれるフルーツかき氷「369 farm cafe」

つぶつぶタンカンかき氷。
手づくりの焼きプリンパイ。夫婦で農園とカフェを営んでおり、やんばるで採れた果物を使ったジャムなども販売しています。

氷はふわふわの柔らかい口触り。つぶつぶタンカンかき氷は、皮や果肉を使ったオリジナルのシロップが美味。夏は10種類以上のかき氷が登場します。ひんやりなトロピカルスイーツを楽しんでください。

【DATA】
369 farm cafe(ミルクファームカフェ)
住所:沖縄県名護市宮里1007番地
電話:080-6497-3690
営業時間:11:00~18:30
※18:00L.O.
定休日:水曜日、木曜日
URL:http://www.369farmcafe.net/index.html

森の中の隠れ家カフェ「里山の小さなCafe アコークロー」

黒糖玄米ペースト入りのフルーツ玄米パフェ。
夏季限定の自家製みかんジュースと、ヨモギを練り込んだ島野菜入りポーポー。ポーポーには、ニガナ和えサラダが付きます。

農家が自宅の2階で営んでいます。庭に立つセンダンの巨木や緑深い山々など、やんばるの自然に溶け込んだ環境が素晴らしく、心からリラックスできますよ。収穫期には不定休もあるので、来店前に確認してください。

【DATA】
里山の小さなCafe アコークロー(さとやまのちいさなカフェ アコークロー)
住所:沖縄県国頭郡本部町伊豆味340-2
電話:0980-47-5429
営業時間:12:00~17:00
定休日:水曜日、木曜日、金曜日、他不定休あり
URL:https://www.plat-okinawa.jp/shop/a3-17/

レトロモダンな人気古民家カフェ「cafe ハコニワ」

野菜たっぷり、プチケーキやドリンクも付いたハコニワプレート。
森の中にひっそり佇む、かわいらしい建物。

伝統的な古民家を改装した店舗は、昔ながらの風情を残しながらも上品でかわいらしい雰囲気。料理は肉や魚をメインに野菜がたくさん使われ、バランスのよさが特徴です。味つけは優しく、素朴な味のスイーツも美味。

【DATA】
cafe ハコニワ(カフェ ハコニワ)
住所:沖縄県国頭郡本部町伊豆味2566
電話:0980-47-6717
営業時間:11:30~17:30
※17:00L.O.
定休日:水曜日、木曜日
URL:http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0004277.aspx

沖縄ぜんざいといえばココ「新垣ぜんざい屋」

軟らかく炊いた金時豆が主役です。昔ながらの製法でつくられるぜんざい。

メニューは、ぜんざいたった1種類。60年以上支持されてきた味はシンプルながら奥深く、シーズンには行列ができます。昔ながらの薪を使い、黒糖で8時間煮る豆のふっくら感は秀逸!

【DATA】
新垣ぜんざい屋(あらがきぜんざいや)
住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地11-2
電話:0980-47-4731
営業時間:12:00~18:00
※売切次第閉店
定休日:月曜日
※祝日の場合翌日

沖縄野菜のマクロビカフェ「カフェ こくう」

惣菜8品、ご飯、味噌汁が付く人気のこくうプレート。契約農家から届く旬の野菜を使うため、内容はその都度替わります。
野草茶を、素敵なカップで。
視界を遮るものがない絶好のロケーション。 眼前に広がる景色に息をのみます。

「今帰仁村の無農薬・減農薬・有機栽培された野菜を使います」と、和食料理人の熊谷祐介さん。「こくうプレート」は、日本料理とマクロビを取り入れた惣菜8品が盛られます。

【DATA】
カフェ こくう
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字諸志2031-138 今帰仁サンシティ 希望ヶ丘敷地内
電話:0980-56-1321
営業時間:11:30~18:00
※売切次第閉店
定休日:日曜日、月曜日

沖縄グルメがたくさん詰まった北部エリアのカフェやスイーツはいかがでしたか?大自然に囲まれた素敵なロケーションを、ぜひ堪能してみてください。

※掲載内容は2017年3月取材時のものです

出典

SHARE

PROFILE

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load