Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

雨の沖縄旅行の楽しみ方10選|アクティビティから見どころ充実の施設まで

「美ら海水族館」まで足をのばそう

沖縄の方言でサンゴ礁に囲まれた浅い海(礁池:しょうち)を示す「イノー」。 イノーにすむヒトデやナマコなど、浅瀬の生き物に実際に触れることができる人気のエリアです。

沖縄の海の神秘を体感できる「沖縄美ら海水族館」では、全長8.7mのジンベエザメや、浅瀬から深海までを再現した館内など、普段なかなか見ることのない珍しい生き物であふれています。

【DATA】
沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)
住所:国頭郡本部町字石川424 海洋博公園内
電話:0980-48-3748
営業時間:8:30~20:00
※10月、11月、12月、1月、2月 ~18:30
※入館はともに閉館の1時間前まで
定休日:12月第1水曜日とその翌日
URL:https://churaumi.okinawa/

「もとぶ町営市場」で地元民に交じって買い物してみよう

青果、精肉、食堂、衣料品などさまざまなショップが軒を連ねる「もとぶ町営市場」。新鮮な海の幸や山の幸が集まり、多くの人で賑わいます。毎月第3日曜の10〜16時頃に開催される「もとぶ手作り市」では、農家直売の野菜やおしゃれな雑貨などが並ぶので、ぜひ足を運んでみてください。

【DATA】
もとぶ町営市場(もとぶちょうえいいちば)
住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地4
電話:0980-47-2700(本部町役場商工観光課)
営業時間:店舗により異なります
URL:http://motobu.main.jp/

雨だからこそゆったり楽しみたい。おすすめカフェ3店

cafe naminami

市場から仕入れた新鮮なマグロの中落ちを使い、岩塩とハーブで味つけをしています。

できるだけ沖縄県産の素材を使用し、全て手づくりで提供しています。素材の旨味を味わえる品々。店主一人で営業しているので、4人以上の来店は予約していきましょう。

【DATA】
cafe naminami(カフェ ナミナミ)
住所:沖縄県糸満市糸満989-83
電話:070-5532-0503
営業時間:11:30~14:30L.O.
定休日:日曜日、月曜日、火曜日
URL:http://naminami.okinawa/

mofgmona

オレンジリキュールが香る生チョコのタルト。
県産食材を使った、本日のランチのごはんプレート。

2002年の開業以来、沖縄を代表する名店に。大切に使い込まれた家具の温かな風合いが心地いい。うつわは県内作家の作品を中心にセレクトして使っており、上階にあるモフモナノザッカで購入もできます。

【DATA】
mofgmona(モフモナ)
住所:沖縄県宜野湾市宜野湾2-1-29
電話:098-893-7303
営業時間:11:30~15:30、17:00~24:00
※土曜日15:00~24:00
※日曜日 ~22:30
※各60分前L.O.
定休日:火曜日
URL:https://mofgmona.com/

cafe ハコニワ

森の中に佇むかわいらしい建物の、レトロモダンなカフェ。料理は肉や魚をメインに野菜がたくさん使われているのも嬉しいですね。バランスのよさが特徴で素朴な味のスイーツも美味しいと評判です。

【DATA】
cafe ハコニワ(カフェ ハコニワ)
住所:沖縄県国頭郡本部町伊豆味2566
電話:0980-47-6717
営業時間:11:30~17:30
※17:00L.O.
定休日:水曜日、木曜日
URL:http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0004277.aspx

陶芸体験で自分だけの「やちむん」を

約1万坪の敷地に、沖縄の海と自然を満喫できるロケーションに建つ、全室オーシャンビューの欧風リゾート「ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート」。陶芸体験ができる「多幸山窯」も併設されており、30〜120分のコースがあるので、ビーチに飽きたら空き時間に合わせて楽しめます。

【DATA】
ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート(ホテルモントレおきなわ スパアンドリゾート)
住所:国頭郡恩納村字冨着1550-1
電話:098-993-7111

「OKINAWAフルーツらんど」で熱帯気分を盛り上げる!

全天候型亜熱帯体験ができるテーマパーク。雨の日でも見学可能なのが嬉しいですね。ショッピングやフルーツたっぷりのスイーツが楽しめるレストラン施設も充実しているので、子どもから大人まで、まるで別世界にきたような体験が味わえます。

【DATA】
OKINAWA フルーツらんど(オキナワフルーツらんど)
住所:沖縄県名護市字為又1220-71
電話:0980-52-1568
営業時間:9:00~18:00
※最終入場閉館15分前
定休日:無
URL:http://www.okinawa-fruitsland.com/

「おきなわワールド」はショッピングや食事も楽しめる

ハブの神秘的な世界を体感するハブ博物公園。毒ヘビを使った「ハブのショー」は意外と面白くもあり必見の価値ありです。淡いピンク色の恋ハブ「さくらちゃん」、50 匹以上の「ハブの放し飼い」などをはじめ、マングース、ゾウガメ、コウモリなど、個性的な仲間たちがいっぱい!
琉球ガラスなど、沖縄工芸の工房が集まる「王国村」。
職人たちが酒を仕込む様子も見られる「南都酒造所」。
新鮮な島野菜やハーブ、魚介類など、沖縄の食材にこだわったビュッフェ。島野菜や海藻のサラダ、揚げたての沖縄天ぷら、沖縄の薬草を使った薬膳がゆなど、新鮮&ヘルシーメニューが常時80種類以上も揃っています。チョコレートファウンテンをはじめとするデザートも大好評。

天然記念物の鍾乳洞「玉泉洞」や、歴史的建造物が建ち並ぶ「王国村」など貴重なスポットをはじめ、楽しいショーやショッピング、沖縄グルメも満喫できます。沖縄伝統工芸の体験コースや、琉球の伝統衣装を着ての記念撮影、ハブ博物公園では、怖いけど面白いハブのショーの他、淡いピンクの珍しいハブの「さくらちゃん」が恋愛祈願に人気です。

【DATA】
おきなわワールド
住所:沖縄県南城市玉城前川1336
電話:098-949-7421
営業時間:9:00~18:00
※最終受付17:00
定休日:無
URL:https://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

「今帰仁の里 あいあい手作りファーム」で島豆腐づくり体験はいかが?

15時間ほど水につけた大豆を500gずつミキサーにかけ、固形と液体に分けます。液体は豆乳に、固形はおからになります。
液体だけを熱した鍋へうつし、その後にがりを加えます。だんだん固まり、透明の汁と固まりとに分離していきます。
専用の豆腐の型に流していきます。丁寧に水分をとり、優しく、均等になるようにするのがポイント。重りをして、水分を抜きます。
島豆腐の出来上がり!出来たてホクホクの島豆腐は、大豆の旨みがたっぷりで、栄養も満点です!

自分でつくり、出来たてを食べるという体験を味わえるため「食育」としても注目されており、小さな子どもも楽しむことができる「島豆腐づくり体験」。体験用エプロンも用意されているので、手ぶらで参加できますが、参加には予約が必要です。

【DATA】
今帰仁の里 あいあい手作りファーム(なきじんのさと あいあいてづくりファーム)
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村湧川369
電話:0980-51-5111
営業時間:10:00~、13:30~の2部開催
定休日:水曜日
URL:http://happy-aiaifarm.com/

小さい子供でも一緒に楽しめる「城紅型染工房」

数種類用意された中から好きな柄を選び、大豆を使った特殊な塗料を塗っていく紅型。型にとらわれず、いろんな色を使うのがポイント。筆先が硬いので、型からはみ出るくらいに隅々までしっかり塗っていきます。
硬めの筆を使い、1度塗りした後に、隈取(くまどり)という2度塗りをして立体感を出すのが紅型の特徴です。

経験豊かな職人たちが心を込めて制作している伝統的な沖縄の柄、古典柄からジンベイザメや恐竜など現代柄まで選べる紅型工房。好きな型を選び、好きな色をのせていくので、世界に一つのデザインができます。トートバックやコースターなど商品も選べるのも嬉しいですね。色をのせてからも時間がかかる紅型ですが、仕上げを家でできるように説明書付きで渡してくれるから、持ち帰りも可能。小さい子供から楽しめます。予約は3日前までに。

【DATA】
城紅型染工房(ぐすくびんがたそめこうぼう)
住所:沖縄県浦添市前田4-9-1
電話:098-887-3414
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜日
URL:https://www.gusukubingata.com/

「琉球ガラス村」でグラスづくりに挑戦

専門の職人さんが丁寧に教えてくれるから安心で楽しく体験できます。
溶かしたガラスの巻き取りや再加熱は高温の窯に出し入れをするので、スタッフが行います。

自分だけのグラスやお皿を丁寧なレクチャーの下つくることができる体験メニュー。完成品は郵送で送ってもらえます。専門の作業はスタッフが行なってくれるから安心ですね。旅行の思い出や大切な人へのプレゼントにも最適!

【DATA】
琉球ガラス村(りゅうきゅうガラスむら)
住所:沖縄県糸満市字福地169
電話:098-997-4784
営業時間:9:00~18:00
※工場見学は17:30まで
定休日:無
URL:https://www.ryukyu-glass.co.jp/

リゾートのエステ&スパでとことん贅沢な時間を過ごす

ザ・ブセナテラス

沖縄を代表するラグジュアリーなリゾート。ホテルオリジナルのアロマオイルを使用したトリートメントは、フェイシャルとボディのメニューがあり、目的に応じたさまざまなコースが用意されています。最高級のエステを堪能しましょう。

【DATA】
ザ・ブセナテラス
住所:沖縄県名護市喜瀬1808
電話:0980-51-1333

ヒルトン沖縄北谷リゾート

沖縄本島の中部に位置し、北部や那覇市内など人気スポットへのアクセスも良好なリゾートホテル。月桃や南国フルーツなど沖縄の天然素材を生かした伝統セラピーから、世界最先端のスキンケアまで、豊富な施術コースが揃う「アマミスパ」で、自分へのご褒美に至福体験をしてみませんか。

【DATA】
ヒルトン沖縄北谷リゾート(ヒルトンおきなわちゃたんリゾート)
住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜40-1
電話:098-901-1111

ココガーデンリゾートオキナワ

街の喧噪から外れた小高い丘に建ち、亜熱帯の木々や花々に囲まれた自然豊かなリゾート。リピーター続出の「ココスパ」でのトリートメントは、ここを訪れたならば必ず試したいですね。食べても安心で美容効果が高い、沖縄の天然素材のスクラブパックが肌に活力を与えてくれます。日焼け対策やアンチエイジングなど、自然の恵みを取り入れた内容が勢揃い。

【DATA】
ココ ガーデンリゾート オキナワ
住所:沖縄県うるま市石川伊波501
電話:098-965-1000

 

※掲載内容は2017年3月取材時のものです

出典

SHARE

PROFILE

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load