Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

博多うどん 地元で愛される名店BEST 8

福岡市内の「承天寺」には、「饂飩蕎麦発祥之地」と記された石碑があります。一説によれば福岡は日本におけるうどん発祥の地といわれています。それが理由か、福岡の人はうどんが大好きです。うどん店も多く、それらは皆ハイレベルで個性豊かです。優しい味わいのだしとコシのない軟らかな麺が福岡のうどんの特徴ですが、近年はその枠にとどまらない人気店も続々と現れています。福岡うどんの世界に、浸ってみませんか。

創業1 3 0 余年も変わらぬ味「かろのうろん」

明治15年から続く、福岡を代表する老舗のうどん店。店名は「角のうどん」の博多弁そのままです。4代目の瓜生高康さんを中心に、家族で昔ながらの味を受け継いでいます。せっかちな博多っ子がサッと食べられるよう、手打ちのうどんは軟らかだけどコシはしっかりとあります。つゆとともにツルツル通るのど越しが心地よいうどんです。

博多っ子の心に染みる味は店の一番人気。サクッとしたゴボウの歯ごたえと甘さはうどんとの相性抜群。するするっと胃に収まります。

【DATA】
●かろのうろん
住所:福岡県福岡市博多区上川端町2-1
電話:092-291-6465
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日 ※祝日の場合は営業

連日盛況の“ ちょい飲み” 酒場「つきよし」

「うどん居酒屋」の名が福岡に根づく以前の平成15年に開業。80種以上の豊富で値頃な一品料理の後は、快い弾力の手打ちうどんでフィニッシュ!という幸せを教えてくれた開拓者です。大衆酒場感のあふれる空気も心地よいです。店内は、店主の井上善彦さんが大好きな「角打ち」の趣きを再現しています。

釜たま(¥577)は一番人気のうどん。好みでブラックペッパーを振ると、カルボナーラを連想させるイタリアンな風味が生まれます。

【DATA】
●つきよし
住所:福岡県福岡市博多区須崎町5-7
電話:092-282-4030
営業時間:18:00~24:00 ※23:00 L.O. 土曜日〜23:00 ※22:30 L.O.
定休日:日曜日・祝日

古式切り麦製法のうどん「能古うどん 長尾本店」

能古島で生まれたうどんが楽しめます。上質の小麦粉と軟水、赤穂の塩だけのシンプルな素材を使用したうどんは、細麺ながらもしっかりコシと歯ごたえがあり、のど越しも抜群。 ぶっかけやだし汁、つけ麺など、バラエティーも豊かです。

たらいうどんセット(¥767)。モチモチ感が堪能できる名物のたらいうどんとかしわ飯のセット。麺の魅力が発揮される冷たい麺がおすすめです。

【DATA】
●能古うどん 長尾本店(のこうどん ながおほんてん)
住所:福岡県福岡市城南区長尾3-8-1
電話:092-553-1040
営業時間:11:00~22:00 ※21:30 L.O.
定休日:年末年始
URL:http://www.noko-udon.com/

蒲鉾の老舗がこだわるうどん「博多めん処 峰松本家」

明治43年に創業し、上質な素材と熟練職人の技で手づくりする蒲鉾でおなじみの「峰屋」 経営のめん処。うどんの中でも、随一の人気が「元祖どんめん」。400gと贅沢に使った野菜、 豚肉や蒲鉾などたっぷりの具でヘルシー。食べごたえも抜群です。

元祖どんめん(¥970)そのボリュームだけでなく、ダシの風味と具の旨みが染み込んだ麺に驚きます。味はカレーや味噌、ピリ辛など全4種。

【DATA】
●博多めん処 峰松本家(はかためんどころ みねまつほんけ)
住所:福岡県福岡市博多区立花寺1-9-34
電話:092-503-3687
営業時間:11:00~21:00
定休日:元日
URL:https://mineya.co.jp/

路地裏のフレンドリーな実力派「二○加屋 長介」

和食やうどんの名店で学んだ玉置康雄さんが営むこちらのお店。酒好きのツボを的確に突く料理と気取らない雰囲気で支持される人気店です。 酒一杯でもしっかり食事でも、その時の気分次第で好きなように使える懐の深さが魅力。

もつしょうゆつけうどん
もつしょうゆつけうどん(¥900)。国産黒毛和牛の良質新鮮なモツを、醤油ベースダシのつけだれに投じています。とろりとした脂の甘さがたまらないホルモン好き歓喜の一杯です。

【DATA】
●二○加屋 長介(にわかや ちょうすけ)
住所:福岡県福岡市中央区薬院3-7-1
電話:092-526-6500
営業時間:16:00~翌1:00 ※24:00 L.O. 土曜日・日曜日・祝日 13:00〜
定休日:不定休
URL:https://niwakaya-chosuke.com/

究極のうどんを目指す志高き職人「唄う稲穂」

薬院大通にある、うどん好きなら誰もが知っているほど有名な手打ちうどんのお店。「うどんを新たな福岡の食文化に」という志の下、精魂込めた至高の一杯をつくっています。営業中に厨房で麺を打つ職人の姿が見られるうどん居酒屋もほかにありません。目配りの利いた一品料理の数々、ふたつのワインセラーに並ぶ自然派ワインの品揃えも素晴らしいです。

海老天ぶっかけうどん(¥950)。麺は糸島産小麦を使い、モチッと仕上げたコシが秀逸。ダシなどほかの素材も九州産にこだわっています。

【DATA】
●唄う稲穂(うたういなほ)
住所:福岡県福岡市中央区薬院1-10-10 1F
電話:092-716-4159
営業時間:16:00~翌3:00
定休日:日曜日
URL:https://motsunabe-ikkei.com/?page_id=206

昼はうどん店、夜は居酒屋「博多あかちょこべ」

この店を一躍有名にしたのは、店主考案の自家製麺。博多に初上陸した頃のうどんをイメージした 「古式胚芽麺」です。玄蕎麦に近い香りと唯一無二の歯触りは、一食の価値があります。

元祖キーマカレーうどん(¥720)。ついご飯を所望する人もいるほどの完成度。桜エビ入りの揚げ玉を加えたり、だしをかければ、味の変化が楽しめます。

【DATA】
●博多あかちょこべ(はかたあかちょこべ)
住所:福岡県福岡市博多区冷泉町7-10
電話:092-271-0102
営業時間:11:30~14:00、18:00~23:30 ※23:00 L.O.、日曜日」祝日~14時
定休日:不定休

昼から居酒屋、が楽しい「釜喜利うどん」

昼夜通し営業のため、明るいうちから旨い酒とアテにめぐり会えるのが酒飲みにはうれしいお店です。うどんの種類が多く、3種類のミニ丼セットも評判。 朗らかな接客のおかげで、店内の空気が爽やかなのも好印象です。

すだちかけうどん(¥650)。徳島県産すだちの爽やかな酸味と、涼しげなルックスに魅了される女性ファンが多数います。2〜4月は+¥100となります。

【DATA】
●釜喜利うどん(かまきりうどん)
住所:福岡県福岡市中央区大名1-7-8
電話:092-726-6163
営業時間:11:30~22:00、月曜日 ~20:00
定休日:火曜日・第1, 第3水曜日
URL:https://niwakaya-chosuke.com/kamakiri/

博多うどんの名店をご紹介いたしました。お昼から、日付が変わるまで楽しめるお店がそろっていますので、その日のスケジュールに合わせてお店選びをしてみてはいかがでしょうか。

※掲載内容は2017年4月取材時のものです。

出典

SHARE

PROFILE

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load