Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

本場・博多のラーメン必食8店|とんこつだけじゃない!進化する福岡ラーメン事情

福岡は、いわずと知れた豚骨ラーメンの聖地。市内には老舗から新店まで、豚骨スープの店が圧倒的に多いものの、一方で豚骨以外の実力店も増加中です。ちなみに、かつては同じ豚骨ラーメンでも、久留米は濃厚、長浜はアッサリといったスープにおける地域差が見られました。いまでも屋台のラーメンは保守的で、長浜タイプのアッサリ系を出す店が多いようです。豚骨ラーメンの食べ比べも、ぜひ楽しんではいかがでしょうか。

“豚骨カプチーノ”を味わいたい「博多 一双」

2012年末にオープンするや、一躍、行列が出来る大人気店になりました。店主・山田晶仁さんと弟の章仁さんはともに人気店「博多 一幸舎」で修業を積んだ本格派。ラーメン は表面に “豚骨カプチーノ” と呼ばれる泡が浮かぶワイ ルドな見た目ながら、口当たりがよく、後味もよいものとなっています。

ラーメン(¥680)。ふわりと口溶けのよいスープは、細平ストレートの麺ともよくからみます。半熟玉子(¥100)の 追加もおすすめです。

【DATA】
●博多 一双(はかた いっそう)
住所:福岡県福岡市博多区博多駅東3-1-6
電話:092-472-7739
営業時間:11:00~24:00
定休日:不定休
URL:http://www.hakata-issou.com/

魅惑の超濃厚豚骨「博多 だるま」

昭和38年創業。博多屈指の超濃厚豚骨スープがウリのお店です。自慢のスープは巨大な羽釜を空にすることなく、骨を継ぎ足しながら取っています。強火で2日かけて煮出し、豚のエキスを最大限に引き出すのがポイントです。女性にうれしいコラーゲンも豊富。

ラーメン(¥700)。元ダレに使う醤油も厳選。麺は極細のストレートで、高濃度のスープをしっかりからめ取ります。替玉は¥150です。

【DATA】
●博多 だるま(はかた だるま)
住所:福岡県福岡市中央区渡辺通1-8-25
電話:092-761-1958
営業時間:11:30~15:30 (L.O. 15:15)/18:30~24:00 (L.O. 23:45)
定休日:無休
URL:https://ra-hide.com/

替玉発祥店の一杯「元祖長浜屋」

創業昭和27年。博多ラーメンの特徴となった麺だけをお替わりするシステム “替玉” の発祥店です。メニューはラーメン、替玉、替肉のみとなっています。そのため、入店と同時に一人一杯のラーメンがつくり出されます。カタ麺、やわ麺など、麺の硬さは入店と同時に伝えればOK。営業はほぼ24時間体制です。

ラーメン(¥550)。自家製の麺は細ストレート。一般的な博多ラーメン店の麺は100gほどですが、ここでは約170gが基本。替玉(¥100)も同量です。

【DATA】
●元祖長浜屋(がんそながはまや)
住所:福岡県福岡市中央区長浜2-5-25(立駐1F)
電話:092-711-8154
営業時間:6:00~25:45
定休日:12/31~1/5
URL:http://www.ganso-nagahamaya.co.jp/

名店仕込みの貫禄の味「江ちゃんラーメン」

2012年の開業以来、着実にファンを増やし続けるのが、こちらのお店。店主の榊さんは、市内の人気店「ふくちゃんラーメン」店主の姉にあたるベテランです。ふたつの寸胴を用い、豚の頭骨で取ったスープをブレンドしつつ、味のバランスを取っています。一度食べるとやみつきになる味わいです。

ラーメン(¥550)。スープの取り方は「ふくちゃん」と同じだそうですが、味わいは別ものです。名店の遺伝子を食べ比べてみてはいかがでしょうか。

【DATA】
●江ちゃんラーメン(こうちゃんらーめん)
住所:福岡県福岡市早良区原3-10-16
電話:092-843-8238
営業時間:11:30~22:30
定休日:水曜日

4種の味噌からお好みを「麺場彰膳 春日本店」

豚骨ラーメンが多数を占める福岡でも数少ない味噌ラーメン専門店。やや濃厚な「信州味噌」、甘口の「九州麦味噌」、やや濃厚でほのかな渋みの「伊勢味噌」、しっかり濃厚な「北海道味噌」からスープを選び、トッピングでアレンジできます。卓上の辛味噌もお試しください。

九州麦味噌らーめん(¥820)。限定品として出されていたが、好評のためメニュー化しました。 味噌本来の旨みを堪能するなら、まず基本の一杯を食べてみてはいかがでしょうか。

【DATA】
●麺場彰膳 春日本店(めんばしょうぜん かすがほんてん)
住所:福岡県春日市平田台1-28
電話:092-586-8322
営業時間:11:00~22:30 ※22:00 L.O.
定休日:不定休

濃淡をつけた塩一本で勝負「らぁめん シフク」

福岡でも数少ない塩ラーメン専門店。福岡空港近くの工業地区の一角に店を構えています。一番人気の「塩らぁめん」は、 鶏ガラとモミジで取るスープがベース。「鶏白湯らぁめん」はさらにくるぶしなどを加え、 濃厚な白湯となっています。

塩らぁめん(¥650)。ほのかに黄金色を帯びた透んだスープに、3種の塩を使った塩ダレを合わせた一杯。替玉は¥100です。

【DATA】
●らぁめん シフク
住所:福岡県福岡市博多区榎田2-3-1
電話:092-474-0090
営業時間:11:00~15:00、18:00~21:30(水曜は昼のみ)
定休日: 第1, 3, 5水曜日、日曜日
URL:https://shifuku429.com/

魚介&豚骨のいいとこ取り!「ラーメン 海鳴」

名物「魚介とんこつ」は、豚骨スープに魚介スープを合わせた一杯。こちらは、博多で魚介とんこつスープをいち早く採り入れたお店です。最初に豚骨の豊かなコク、後から魚介の優しい旨みが広がる “重層型スープ” を存分に堪能しよう。

魚介とんこつ(¥720)。魚介を加えることで、すっきりとした後味になっています。女性からも人気があるラーメンです。バーナーで炙る焼き替玉も人気。

【DATA】
●ラーメン 海鳴(ラーメン うなり)
住所:福岡県福岡市中央区清川1-2-8
電話:092-524-0744
営業時間:11:30~15:00、18:30~翌3:00
定休日: 水曜日
URL:https://ramen-unari.com/

世界を魅了するバブル豚骨「金田家」

いまやロンドン、香港にも支店を展開しているお店。一度見たら忘れない、細やかな油の泡が表面を覆うビジュアルが代名詞です。スープに用いるのは、徹底した下処理を施した黒豚の骨のみです。クリーミーで口当たりがよく、鮮明なコクがあります。

黒豚らーめん(¥650)。麺は、コク深いスープとよく絡む細ストレート麺。基本の一杯でもチャーシューが3枚のるのもうれしいポイント。

【DATA】
●金田家(かなだや)
住所:福岡県行橋市大橋1-4-3
電話:0930-24-3666
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜20:00 ※スープがなくなり次第終了
定休日: 木曜日

博多の定番、おすすめのラーメン店を8店舗ご紹介いたしました。豚骨だけでなく、塩や味噌など、さまざまな味を楽しむことができます。お店選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

※掲載内容は2017年4月取材時のものです。

出典

SHARE

PROFILE

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load