Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

竹富島をゆったり楽しむ旅へ。おすすめの見どころやグルメ、お土産情報まとめ

心地のよい潮風に吹かれながら、ゆったり流れる「島時間」でのんびり散策がおすすめです。

竹富島らしさを楽しめるおすすめスポット

まずは竹富島を代表する観光スポットをご紹介します。

コンドイ浜

フェリーから降りて西側に位置するビーチ。遠浅でどこまでも透き通る海とブルーのグラデーションは思わず息をのむ美しさです。海の向こうには西表島や小浜島が見わたせます。絶好のサンセットポイントなので宿泊滞在のときにはぜひ立ち寄ってほしいスポットです。

【DATA】
コンドイ浜(コンドイはま)
住所:八重山郡竹富町竹富コンドイ浜
電話:0980-82-5445(竹富町観光協会)

丸八レンタサイクル

島にいくつかあるレンタサイクルショップのひとつ。港から最も近いところにありますが、バスで送迎もしてくれます。外周約9㎞の竹富島は、自転車で十分に回れる距離です。島内を風に吹かれてのんびりと行きたいですね。

アイヤル浜は島の東端にある静かなビーチ。季節と天気によっては、太平洋から昇る朝日が眺められます。

【DATA】
丸八レンタサイクル(まるはちレンタサイクル)
住所:八重山郡竹富町字竹富523
電話:0980-85-2260
営業時間:8:00〜17:20
定休日:無休 ※種子取祭時は臨時休業

西表石垣国立公園竹富島ビジターセンター竹富島ゆがふ館

島の自然や伝統文化などを紹介している環境省のビジターセンター。島に着いたら最初に寄りたい施設です。映像や音、パネル展示のほか、島に関する書物を集めた書架もあります。

展示物を通して島の伝統文化や暮らしが感じられます。
シアターでは「オーリトーリ タキドゥン」を上映です。

【DATA】
西表石垣国立公園 竹富島ビジターセンター 竹富島ゆがふ館(いりおもていしがきこくりつこうえん たけとみじまビジターセンター たけとみじまゆがふかん)
住所:八重山郡竹富町字竹富2350
電話:0980-85-2488
営業時間:8:00〜17:00
定休日:台風時はお休み

安里屋クヤマ生誕の家

竹富島に伝わる民謡『安里屋ユンタ』の歌詞に登場する、琉球王国時代の絶世の美女・クヤマ。横暴な役人の求婚を断り人頭税に苦しむ島民のために生きた彼女の気丈さが歌われています。

外の石垣はクヤマが芋掘り仕事の際にひとつずつ持ち帰った石を積み上げて出来たものと伝えられています。屋根の赤瓦が青空に映える美しい家です。水牛ツアーのコースで外観の見学ができます。

現在は島民の方が住んでいるので、見学は塀の外からお静かに。

【DATA】
安里屋クヤマ生誕の家(あさどやクヤマせいたんのいえ)
住所:八重山郡竹富町字竹富342
電話:0980-82-5445(竹富町観光協会)

味も雰囲気もバツグンのグルメ

島をひと回りしたら、ちょうどお腹もすいてくるころ。食材、ロケーション、島だからこそ味わえる空気感とともに島ごはんを楽しむのはいかがでしょうか。

そば処 竹の子

薪を使い6時間以上掛けてダシを取るこだわりで創業からの味を守っているそば処。豚骨と鶏ガラが麺の小麦の香りとからみ、互いの味を引き立てます。じっくり煮込んだソーキそばは手づくりの香辛料でまた違った味わいを楽しめます。飾らない八重山そばを堪能しましょう。

お昼時は地元住民・観光客でいっぱいの人気店。

お店は赤煉瓦の古民家風。アットホームな雰囲気のスタッフが出迎えてくれます。

【DATA】
そば処 竹の子(そばどころ たけのこ)
住所:八重山郡竹富町字竹富101-1
電話:0980-85-2251
営業時間:10:30〜15:30、18:30〜20:30 ※20:00L.O.
定休日:不定休 ※島の行事がある日は休業あり(要確認)

ぱーらー願寿屋

船を降りたら歩いて10分。港から近くのカフェは2016年にリニューアルしたばかりです。竹富に着いたら、まずは開放的なパーラーの願寿屋で南の島の甘いものを楽しんでみましょう。パフェとスムージーが店の人気商品です。赤瓦の店舗では店内とテラス席、両方利用できます。

人気のミックスジュース。
赤瓦の眺めが美しい店舗。

【DATA】
ぱーらー願寿屋(ぱーらーがんじゅや)
住所:八重山郡竹富町字竹富2279-1
電話:0980-85-2211
営業時間:11:00頃〜16:30頃
定休日:不定休

HaaYa Nagomi Cafe

心地よい風が吹き抜けるカフェ。一人でもふらりと立ち寄ってゆったりランチやスイーツが楽しめます。オリジナルの「てーどぅんスイーツ」は香りのよい月桃と紅芋のお餅・毎朝揚げたてのサーターアンダギーのスイーツ。ほかにもタコライスなど地元食材のメニューやお酒も豊富です。

石垣牛のハンバーグは人気のメニューです。

【DATA】
HaaYa Nagomi Cafe(ハーヤ ナゴミ カフェ)
住所:八重山郡竹富町竹富379
電話:0980-85-2253
営業時間:10:00〜17:00、19:00〜22:00
定休日:不定休

ヴィラ たけとみ 別邸

コテージの宿、「ヴィラたけとみ」隣のレストラン。地元食材を使ったパスタやピザなど洋風料理がいただけます。広い庭に張り出したテラスでは、夜空を眺めながら食事を楽しめます。

島豚入り焼きチーズカレは、ライスとカレーが和えてある1品です。
竹富島特産車エビのトマトソーススパゲティも人気のメニューです。

【DATA】
ヴィラ たけとみ 別邸(ヴィラ たけとみ べってい)
住所:(八重山郡竹富町字竹富1493
電話:0980-85-2633
営業時間:11:30〜14:00、18:30〜23:00 ※22:00L.O.
定休日:水曜日・日曜日定休

ISLAND CAFE ちろりん村

島のほぼ中央、比較的静かな仲筋に位置するカフェ。ソフトドリンクからアルコール、食事までひと通り楽しめるお店です。ゆったりしたスペースの店内のほか、テラスで夜風に当たりながらまったりできます。島内の店の中では閉店時刻が遅めなのもうれしいですね。

種類豊富なアルコールも嬉しい。
ことこと煮込んだ島のカレーは、コクがあっておいしい1品。

【DATA】
ISLAND CAFE ちろりん村(アイランドカフェ ちろりんむら)
住所:八重山郡竹富町字竹富653
電話:0980-85-2007
営業時間:10:00頃〜24:00頃
定休日:無休

竹富’s Bar Take-To-Me

ドミトリー形式の宿、ゲストハウス&ジュテームに併設されたバー。泡盛をベースとしたオリジナルカクテルを揃えているほか、石垣島や与那国島の泡盛や古酒も楽しめます。

開放的なカウンターも魅力です。
みなみのしま。
鮮やかな色のパッションスカッシュ。
ココナッツリキュールの入ったコーラルウェイ。

【DATA】
竹富’s Bar Take-To-Me(たけとみズ バー テイクトゥ ミー)
住所:八重山郡竹富町字竹富321-2
電話:0980-85-2555
営業時間:日没〜23:00L.O.
定休日:不定休 ※雨天休業

手作り体験で思い出を持ち帰る

自分でつくれば思い出もひとしお。世界たったひとつだけ、自分だけのオリジナルを持ち帰りましょう。

アトリエ五香屋

シーサーの手づくり体験ができるうつわの工房。体験は店舗の前、白い砂の庭で行い、店主の水野さんが見本をつくりながら手順をレクチャーしてくれます。創造力を発揮してつくってみましょう。

【DATA】
アトリエ五香屋(アトリエごこうや)
住所:八重山郡竹富町竹富657
電話:0980-85-2833
営業時間:10:00〜17:00 ※体験は10:00〜、13:00〜の1日2回、要予約
定休日:不定休

Island

店舗ではアクセサリーの購入はもちろん、夜光貝を使ったアイテムづくりの体験もできます。作業時間はデザインや人数によって変わり約3時間程度です。ビーズなどのパーツも選べるのでずっと使える一品をつくってみましょう。

ブレスレットやネックレスのほか、写真の星砂入りピアスも販売しています。

【DATA】
Island(アイランド)
住所:八重山郡竹富町竹富164-5
電話:0980-85-2403
営業時間:10:00〜17:00 ※体験は20:30〜、要予約
定休日:不定休

とっておきのお土産ショップ

隅から隅まで遊び尽くしたら、島の雰囲気を閉じ込めたとっておきのお土産を選びにいきましょう。

ギャラリー茶屋 たかにゃ

カフェとお土産処がひとつになったギャラリー喫茶。赤瓦のお土産がいっぱい並ぶ店内で甘いものを楽しみながら民芸雑貨や島のお土産を購入することができます。島のモチーフや爽やかな色合いを取り入れたかわいらしい製品の数々に目移りすること間違いでしょう。

島のモチーフをあしらった製品は要チェック。
トロピカルドリンクでちょっとひと休み。

【DATA】
ギャラリー茶屋たかにゃ(ギャラリーちゃや たかにゃ)
住所:八重山郡竹富町字竹富518
電話:0980-85-2980
営業時間:10:00〜17:00
定休日:不定休

南潮庵

島のほぼ中心部、オリジナルアクセサリーや個性が光るTシャツを販売している雑貨店。アクセサリーには、現在保護対象木となっている「ハマシタン」の流木や、夜光貝などの自然素材を生かした作品が並んでいます。シンプルで普段使いしやすいデザインが多いので自分へのお土産に最適です。

八重山地方に伝わる手の刺青 “ハジチ” をデザインしたTシャツ。
夜光貝を使ったネックレスや、南インドのビーズを使ったブレスレット。

【DATA】
南潮庵(なんちょうあん)
住所:八重山郡竹富町字竹富637
電話:0980-85-2040
営業時間:10:00〜17:00
定休日:不定休

Tシャツ&土産の店 イナフク

なごみの塔の向かい側にある店。紫色の暖簾の印象とは違い、Tシャツがこの店のイチオシです。店主の息子さんがデザインしたもので、色違いも多くバリエーション豊か。定番のお土産もひと通り揃っています。

Tシャツは、S〜Lサイズのほかキッズサイズや色違いのデザインもあります。
島内でつくられる竹富島ラー油は、美味しいが激辛なので使い過ぎに注意。

 

【DATA】Tシャツ&土産の店 イナフク(ティーシャツアンドみやげのみせ イナフク)
住所:八重山郡竹富町竹富354-2
電話:0980-85-2120
営業時間:10:00〜17:00
定休日:不定休

※この情報は2017年3月現在のものです。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load