Brand

  • YOLO
  • ランドネ
  • BiCYCLE CLUB
  • NALU
  • 楽園ゴルフ
  • RUNNING style
  • MY LIFE RECIPE
  • Yogini
  • トリコガイド

北海道旅行ならココ! 絶対ハズせない観光スポット12選【2021年最新】

北海道に行ったら、新鮮なお魚が食べたい!雄大な自然に癒されたい!夜景や夜の街を楽しみたい!など、アクティブ女子はやりたいことがたくさんありすぎて決められない〜!そんなアナタのために、本記事では北海道旅行にハズせない観光名所をエリア別にご紹介。五稜郭タワーなどの定番スポットやロマンチックな北海道三大夜景など、北海道の見どころを総ざらいします♪

北海道旅行の基本のキ、教えます。

北海道は日本列島の中で、最北に位置し、シカゴやモントリオール、ロンドンなど世界の主要都市とほぼ同緯度にあります。面積は83,457平方キロメートルで国土の約22.1%を占めていて、広さは東京都の39.7倍!ここでは、北海道旅行に役立つ基本情報からお届けします。

冬? 夏? 北海道旅行のベストシーズンって?

はっきりいって、春夏秋冬すべてがベストシーズンです!ですが、季節によって違った楽しみ方があじわえます。例えば春は広大な大自然に咲く芝桜やチューリップなど、美しい花々が咲き誇ります。そして夏は避暑地として快適に過ごし、メロンやカニなど北海道の名産を堪能。さらに秋は紅葉や海鮮を楽しみ、冬はスキーや絶景イルミネーションなど冬しか味わえないアクティビティを体験できます。自分のやりたいコトに合わせて、検討してみてくださいね。

費用って?いつが安い時期?

観光客が増える繁忙期は、学校や企業の夏休みで旅行客が増える夏(7月〜8月)といわれています。また、年末年始やゴールデンウィークも同様に旅行費用が値上がりするので、旅行費用をリーズナブルにしたい人は上記以外のシーズンを検討してみてくださいね。

レンタカー?北海道の現地での交通手段

北海道観光で利用される交通手段は主にレンタカー、電車、バスの3つ。運転が苦手という人でも、定番スポットや大都市を巡るバスや電車を上手に使えば十分楽しむことができます。また雪道の運転が問題ないのであれば、自分たちの都合のいい時間に好きな場所へ自由に行くことができるレンタカーがおすすめ。人数が多い場合はみんなで割れば、料金も抑えられるので女子旅などグループ旅行に最適です!

コロナ対策など、北海道旅行で気をつけるべきこと

北海道内の宿泊・観光施設では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、北海道が推奨する「新北海道スタイル」や業界別ガイドラインに沿った取組を行っています。北海道旅行を安全に楽しめるように、「北海道・新型コロナウイルス感染症対策施設紹介サイト」では、宿泊・観光施設の新型コロナウイルス感染症対策や新しい旅のエチケットについて確認することができます。

北海道旅行におすすめ!エリア別・観光スポット32選

ここでは絶対ハズせない北海道の観光スポットをエリア別で紹介します。都会の街中だけでなく自然や歴史、文化と様々なスポットを総ざらいするので、アナタに“ささる”スポットが必ず見つかりますよ〜♪

札幌エリア

まずは、観光もグルメも買い物もなんでも揃う街「札幌」へ。約190万人が暮らす北海道の中心都市では、時計台や赤れんがなどの観光名所はもちろん、道内の味覚が集結するグルメも必見です。

1:札幌オリンピックの迫力を味わおう「大倉山展望台」

1972(昭和47)年の冬に開催された札幌オリンピックのメイン会場の一つ。片道7分の二人乗りリフトに揺られて山頂の展望台へ。スタート地点を見下ろせば、急勾配のアプローチに驚きます。足下に広がる札幌の街並みを眺めながら味わう、展望台名物のソフトクリームもおすすめ!

【DATA】
施設名:大倉山展望台
住所:北海道札幌市中央区宮の森1274
料金:お得なセット券 (大倉山展望台リフト+札幌オリンピックミュージアム)1,200円ほか

2:原始林が残るオアシス「円山公園」

市民のオアシスとして親しまれる円山公園。その歴史は長く、初代開拓判官・島義勇はこの地で札幌の街づくりの構想を練ったとされています。明治時代に、農林業の可能性を探るべく、さまざまな樹木が植林されたため、北海道では珍しい多種多様な木々が残るのが特徴です。

【DATA】
施設名:円山公園
住所:北海道札幌市中央区宮ヶ丘

3:デートスポットとしても人気「札幌もいわ山ロープウェイ」

南区にそびえる標高531メートルの藻岩山は、古くはアイヌ民族から「インカルシペ」(いつも登って見張りをするところ)と呼ばれていた聖地。山頂展望台からは石狩平野から石狩湾、日高山脈までを一望することができます。

【DATA】
施設名:札幌もいわ山ロープウェイ
住所:北海道札幌市中央区伏見5-3-7
料金:往復大人1,800円、小人900円ほか

4:ダイナミックな自然を教会の近くで堪能「国営滝野すずらん丘陵公園」

雄大な広さが魅力の国営公園は、中心ゾーンや滝野の森ゾーン、渓流ゾーンなど4つのゾーンに分かれ、“花・森・遊び” が思う存分楽しめます。さらに跳ねて遊べる「フワフワエッグ」や、転がして遊べる「ビックリボール」など、子どもの好奇心をかき立てる大型遊具がいっぱいあるのでファミリーにもおすすめ。

【DATA】
施設名:国営滝野すずらん丘陵公園
住所:北海道札幌市南区滝野247
料金:大人450円、小人(15歳未満)入園料無料ほか

5:リニューアルしてパワーアップ「北海道博物館」

「北海道120 万年物語」、「アイヌ文化の世界」、「生き物たちの北海道」など5つのテーマに分かれており、ジオラマなども使った迫力ある展示が特徴。北海道の産業や、暮らしの移り変わりにかかわる収蔵品も展示されているので、北海道の知識を深めたいならこの博物館へ。

【DATA】
施設名:北海道博物館
住所:北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
料金:一般600円、高校・大学生300円、中学生以下・65歳以上無料ほか

6:名所がいっぱいの大学構内「北海道大学」

1876(明治9)年設立の札幌農学校を前身とする北海道大学。約177万㎡もの敷地には、イチョウ並木やポプラ並木など自然あふれるスポットや歴史的建築物があり、見どころがたくさん。札幌農学校の初代教頭であるウィリアム・スミス・クラークの精神はいまも受け継がれています。時には学生気分に戻って、緑豊かな北大構内を散策してみては?

【DATA】
施設名:北海道大学
住所:北海道札幌市北区北8条西5

小樽エリア

次は運河のある港町「小樽」をぶらりと散策しませんか? かつて北海道経済・物流の中心地として栄え、いまも街には明治~昭和初期の古い建物が残ります。ノスタルジックな雰囲気に包まれ、港町散歩をしながらフォトジェニックを狙ってみて。

7:山頂までの快適な空中散歩「天狗山ロープウェイ」

アクティブ女子なら、天狗山でハイキングを楽しみましょう。登山口から山頂まで1.3〜1.9 ㎞のコースが整備され、2時間弱で登山ができます。さらに快適なロープウェイも完備されているので、観光疲れでクタクタ……なんていう時も安心して楽しめます。年末年始には初日の出に合わせた特別運行も必見です。

【DATA】
施設名:天狗山ロープウェイ
住所:北海道小樽市最上2-16-15
料金:大人往復1,400円、小人700円ほか

8:小樽港を一望できる桜の名所「小樽公園」

市役所に隣接し、地元住民の憩いの場となっている公園。標高約80メートルの見晴台があり、小樽市街を一望できます。園内には桜やツツジ、クリなどの樹木が植えられ、北側斜面には開拓以前からの原始林が残ります。5月上旬〜中旬に、エゾヤマサクラやソメイヨシノなど約900本もの桜が咲くなど、植生を調べながらの散歩も楽しいひと時。

【DATA】
施設名:小樽公園
住所:北海道小樽市花園5

9:北海道三大夜景のひとつ「天狗山山頂駅」

ロープウェイの「天狗山山頂駅」がある山頂。そこからの景色は『ミシュラン グリーンガイド ジャポン』一ツ星獲得の絶景。夜は宝石をちりばめたような美しさで「北海道三大夜景」の一つ。小樽港や石狩湾はもちろん、晴れた日には、遠く積丹半島や暑寒別連峰まで見渡すことができます。運がいいと雲海が出ることも!

【DATA】
施設名:天狗山山頂駅

函館エリア

函館で楽しむ、異国情緒あふれる街並みと魅惑の海鮮グルメ。幕末に開港した国際貿易港であり、港を望む坂の街に教会や領事館などの歴史ある洋館が点在。函館山から望むきらびやかな夜景も必見です♪

10:100万ドルの夜景にうっとり「函館山ロープウェイ」

全国的に知られる夜景の特徴は、函館湾と津軽海峡に狭まれた、くぼみのあるシルエット。季節によって異なる表情を見せ、いつでも訪れる者を魅了します。晴れた日の日中も気持ちがいいですが、夜になるとご覧のようにぐっと大人のムードに。夕方もまた美しいので、来るたびに違う時間帯に乗ってみよう。

【DATA】
施設名:函館山ロープウェイ
住所:北海道函館市元町19-7
料金:往復大人1,500円、小人700円ほか

11:せっかくなので展望台から「五稜郭タワー」

五稜郭タワーの展望台から星形の特別史跡五稜郭跡の全貌を見ることができます。五稜郭築城100年目の1964 年に旧タワーが誕生。2006年4月には新タワーがオープンし、旧タワーは42年間の営業を終え、解体されました。タワーには2層の展望台があり、展望1階のカフェスタンドには山川牧場の牛乳ソフトスペシャルミルクなどが楽しめます。

【DATA】
施設名:五稜郭タワー
住所:北海道函館市五稜郭町43-9
料金:大人900円、中学生・高校生680円、小学生450円、未就学児無料ほか

12: 春には桜も、幕末の星形城塞「五稜郭公園(特別史跡五稜郭跡)」

幕末の動乱期を経て誕生した明治政府と、旧幕府脱走軍が戦った箱館戦争の舞台として知られる星形の城塞「五稜郭」。史跡指定範囲の面積は東京ドームの約5倍という広大さで、現在は「五稜郭公園」と名を変え、函館の観光名所として親しまれています。

【DATA】
施設名:五稜郭公園(特別史跡五稜郭跡)
住所:北海道函館市五稜郭町44
料金:見学自由(無休)

まとめ:必ず新しい発見がある、北海道。

絶対ハズせない、北海道のエリア別観光スポットはいかがでしたでしょうか? 北海道はエリアごとに全く違った雰囲気を感じることができたり、四季折々の楽しみ方も満喫できたりするので、“新しさ”を求めるアクティブな女性にぴったりの旅行先です♪一度だけでなく、何度も足を運んで、北海道の良さにハマってみてください!

出典

Share

Profile

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load