Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • MY LIFE RECIPE
  • RUNNING style
北海道

ちょっぴりマニアックな北海道旅行へ!行くべき観光スポット20選【2021年最新】

北海道に行ったら、新鮮なお魚が食べたい!雄大な自然に癒されたい!夜景や夜の街を楽しみたい!など、アクティブ女子はやりたいことがたくさんありすぎて決められない〜!そんなアナタのために、本記事では北海道旅行にハズせない観光名所をエリア別にご紹介。

ここでは、旭川エリア、富良野・美瑛エリア、阿寒・摩周・釧路エリア、網走・知床エリアといった、ちょっぴりマニアックな北海道の見どころをピックアップ♪

札幌・小樽・函館エリアはコチラ

北海道旅行ならココ! 絶対ハズせない観光スポット12選【2021年最新】

北海道旅行ならココ! 絶対ハズせない観光スポット12選【2021年最新】

2021年03月01日

北海道旅行におすすめ!エリア別・観光スポット20選

ここでは絶対ハズせない北海道の観光スポットをエリア別で紹介します。都会の街中だけでなく自然や歴史、文化と様々なスポットを総ざらいするので、アナタに“ささる”スポットが必ず見つかりますよ〜♪

旭川エリア

全国区の人気動物園がある、道北の拠点都市「旭川」。ユニークな展示で人気を博す旭山動物園をはじめ、全国的にも珍しい雪の美術館や酒蔵など見どころが満載。昼と夜の名物グルメも見逃せません。

1:歴史的建築物でそばと料理を堪能「おかだ紅雪庭」

1933(昭和8)年に「北の誉酒造」オーナーの自宅として建てられた旧岡田邸。ステンドグラスや西日を美しく見せる銅の入ったガラス窓、紅葉の庭など贅を尽くしたつくりは圧巻。豪奢な雰囲気の中で堪能できる、本格的蕎麦と和食は必見! 建物は国登録有形文化財に指定、旭川市都市景観賞などを受賞しています。

【DATA】
施設名:おかだ紅雪庭
住所:北海道旭川市5条通16

2:アイヌの文化を体験「川村カ子ト アイヌ記念館」

1916(大正5)年に、アイヌ民族文化の保護・伝承を目的に開設された私設記念館。アイヌ民族の伝統楽器「ムックル」の製作や演奏、アイヌ刺繍など、アイヌ民族にまつわるさまざまな体験ができます。ほかにも、アイヌ民族の物語や文化、歴史について知りたい方はぜひ訪れてみて。

【DATA】
施設名:川村カ子ト アイヌ記念館
住所:北海道旭川市北門町11
料金:大人500円、中高生400円、小学生300円、小学生以下無料ほか

富良野・美瑛エリア

絵画のような丘風景と見わたす限りの花畑、そんな感動の景色に出会えるのが「富良野・美瑛」エリア。丘陵の大地を染め上げる美しい花畑が点在し、いたる所で、色鮮やかな絶景を見ることができます。大智の恵みが味わえるレストランやドラマロケ地へも是非、足を運んでみて。

3:十勝岳連峰を望む雄大な景色「日の出公園」

上富良野町市街地にほど近い、ゆるやかな丘に広がる町営の公園。園内にある展望台西側にラベンダー畑、東側には遠く十勝連峰が広がります。園内にある「愛の鐘」と呼ばれるモニュメントはカップルに人気のスポット。

【DATA】
施設名:日の出公園
住所:北海道空知郡上富良野町東1 線北27

4: 美しい花畑でロマンティック気分「ファーム富田」

約1 万㎡もの広大な斜面がラベンダーで埋め尽くされる「トラディショナルラベンダー畑」をはじめ、12色の花が咲く「彩りの畑」、「花人の畑」など、12の花畑が人々を出迎えてくれる。ほかにもカフェやショップ、資料館など見どころたっぷり。

【DATA】
施設名:ファーム富田
住所:北海道空知郡中富良野町基線北15

5:観光リフトから楽しむ絶景「中富良野町営 ラベンダー園」

北星山の中腹にあるラベンダー畑。山頂までの観光リフトで、ラベンダー、ヒマワリ、マリーゴールド、サルビアなどの花畑を眼下に空中散歩が楽しめます。頂上の展望スペースから見える景観も要チェック!

【DATA】
施設名:中富良野町営 ラベンダー園
住所:北海道空知郡中富良野町宮町1-41

6:8種のラベンダーが広大な敷地を彩る「彩香の里」

広大な丘を、約14 万株のラベンダーが彩る。珍しい品種のなりさわ、ラバンジンなどを含め、8種類のラベンダーを栽培しています。ラベンダー摘み取り体験(有料)やかわいいオリジナルグッズもおすすめです。

【DATA】
施設名:彩香の里
住所:北海道空知郡中富良野町字中富良野西1 線北12 号

7:北海道の自然を五感で感じる「星野リゾート トマム」

壮大な景色、多彩なアクティビティ、旬を感じるグルメ、穏やかな時間。北海道のほぼ中央、勇払郡占冠村(しむかっぷむら)にある、大自然に囲まれた星野リゾート トマムは、四季折々の大自然を満喫できる滞在型リゾートです。一年を通じ北海道の素晴らしさを全身で感じられます。次の休暇は、トマムでとびきり充実した時を過ごしてみては?

【DATA】
施設名:星野リゾート トマム
住所:北海道勇払郡占冠村中トマム

8:美瑛町で最も有名な「ケンとメリーの木」

かつて日産自動車スカイラインのCMにも登場した、美瑛町で最も有名なポプラ、「ケンとメリーの木」。周囲にほかの木がないため、思わず深呼吸したくなるような、美しい景観を目前いっぱいに見渡すことができます。

【DATA】
施設名:ケンとメリーの木
住所:北海道上川郡美瑛町大久保協生

9: フォトジェニックなブルーに出会える「白金青い池」

Instagramなどで話題になり、美瑛で人気の場所。「白ひげの滝」と並び、「美瑛ブルー」と呼ばれるパワースポットでもあります。「白ひげの滝」などの地下水と美瑛川の水が混ざり生成される微粒子が、太陽光を浴びて独特な色合いに。

【DATA】
施設名:白金青い池
住所:北海道上川郡美瑛町白金

阿寒・摩周・釧路エリア

日本最大の湿原に日本屈指の湖がある「阿寒・摩周・釧路」エリア。道東エリアの拠点都市であり、日本最大の湿原を有する釧路。まるでサバンナのような雄大な風景に触れた後は、ひと足延ばしてあの有名な湖たちを探しに出掛けましょう。

10:幻想的な雲海を観賞「美幌峠」

美幌町と弟子屈町を結ぶ、国道243号の中間地点にある峠。標高525メートルの高所にある展望台からは、屈斜路湖や知床連峰が一望でき、気象条件が整えば雲海も観賞できます。美幌峠で発生する雲海を確認できる「雲海予測」も活用して、幻想的な雲海をみにいこう。

【DATA】
施設名:美幌峠
住所:北海道綱走郡美幌町古梅

11:かわいいマリモの生息地「阿寒湖」

道東を代表する神秘的な雰囲気の湖。北海道で5番目の大きさで、周囲を山々が取り囲むかたちになっています。湖面に山麓や森が映る景色は息をのむほど美しく、湖面が凍る冬の風景も格別です。

【DATA】
施設名:阿寒湖
住所:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉2-6-20

12:神秘的な湖の姿に息をのむ「摩周湖」

世界一級の透明度を誇るカルデラ湖として有名な摩周湖。「霧の摩周湖」と呼ばれ、多くの時間を霧が包み込んでいます。不純物をほとんど含まない水は、独特の深い青色から「摩周ブルー」といわれています。周辺には3つの展望台があり、見る場所によりさまざまな顔を見せてくれるので、違いを楽しんでみて。

【DATA】
施設名:摩周湖
住所:北海道川上郡弟子屈町中央1-5-1

13:歴史を物語る太陽の神殿「サークルハウス 赤いベレー」

温泉宿泊施設をメインに、自然のロケーションを生かした施設が点在。向かいに阿寒国際ツルセンターがあり、道沿いにはリニューアルオープンした道の駅も。釧路市阿寒町は、タンチョウの里としても有名。冬になるとタンチョウが飛来するので、運がよければ見られるかも。

【DATA】
施設名:サークルハウス 赤いベレー
住所:北海道釧路市阿寒町23-36-1
料金:日帰り入浴大人510円、中学生410円、小人130円ほか

網走・知床エリア

大自然に抱かれた世界遺産の地「網走・知床」へ。知床の雄大な山々や湖、オホーツク海を覆う冬の流氷など、大自然がもたらす神秘的な風景がたっぷり。ここにしかない、ありのままの北海道と出合う旅へ。

14:原生林の中の湖を散策「知床五湖」

世界自然遺産・知床の森の中に点在する5つの湖。五湖すべてをめぐる地上遊歩道大ループは、グルッと一周して約3 ㎞。高架木道だけを往復するコースや、一・二湖をめぐる小ループもあるので、体力と時間に合わせて選んでみて。

【DATA】
施設名:知床五湖
住所:北海道斜里郡斜里町岩宇別

15:オホーツク海の美しい夕日「夕陽台」

知床八景の一つで、オホーツク海に沈む美しい夕日が眺められる景勝スポット。海抜50メートル程度の崖の上にある展望台はオホーツク海とウトロ港の街並みを見下ろすことができる好ロケーションで、デートスポットとしても人気。夕日が海面に朱色の帯をつくる春から秋、海を覆う流氷が黄金色に染まる冬と、季節によってさまざまな夕景が楽しんでみて。

【DATA】
施設名:夕陽台
住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ香川

16:豊かな海をクルージング「知床ネイチャークルーズ」

羅臼港から出航するクルーズ船で、夏季はクジラやイルカなどを探し、冬季には流氷をかき分けながらのクルージングが楽しめます。クルーズ船では、動物の生態や特徴、習性などもガイドしてくれます。ホエールウォッチングだけでは終わらない、羅臼ならではの動物探索クルージングを体験しよう!

【DATA】
施設名:知床ネイチャークルーズ
住所:北海道目梨郡羅臼町本町27-1
料金:流水&バードウォッチングA(約1時間)大人4,400円、小学生2,200円ほか

17:イルカウォッチング「あばしりネイチャークルーズ」

海を知り尽くしたベテラン船長が操舵するクルーズ船で、オホーツク海の大海原へ。タイミングが合えば、海面を飛ぶように泳ぐイルカやミンククジラ、海鳥の大群などを船上から観察できます♪気象条件などにより運休する場合もあるので、訪れる前に確認を。

【DATA】
施設名:あばしりネイチャークルーズ
住所:北海道網走市南3 条東4 みなと観光交流センター内
料金:大人8,000円、小学生4,000円ほか

18:流氷を歩いてみませんか? 「SHINRA(知床ナチュラリスト協会)」

冬の人気プログラムは「流氷ウォーク®」で、真冬のオホーツク海を埋め尽くす流氷の上をウォーキングできます。歩くだけでなく、流氷と一緒に海に浮かぶことも。流氷の上に立ち、アイスブルーの世界を見渡そう! 知床五湖のガイドウォークやスノーシューなど、年を通して知床の自然を体感できる多彩なツアーも要チェックです。

【DATA】
施設名:SHINRA(知床ナチュラリスト協会)
住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ東284
料金:流氷ウォーク小学生以上6,000円ほか

19:大型砕氷船で流氷の海をクルーズ「流氷観光砕氷船 おーろら」

流氷の上に船首を乗り上げ、船の重さで氷を割りながら進む迫力満点の観光船。オホーツクの海を覆う神秘的な流氷を割りながら進む光景を、すぐ近くから眺められます。白銀の海原を遊覧する、道東ならではの体験を楽しんでみて。

【DATA】
施設名:流氷観光砕氷船 おーろら
住所:北海道網走市南3条東4-5-1 道の駅流氷街道網走
料金:大人3,500円、小学生1,750円ほか

20:マイナス15℃の世界を体感「天都山展望台・オホーツク流氷館」

流氷の移ろいを音と光で演出し、本物の流氷にも触れられる流氷の世界体感室や、5面スクリーンの流氷幻想シアターなど、真夏でも冬のオホーツクを実感できる施設が充実。人気のクリオネやフウセンウオなど流氷下の生物も見ることができます。さらに展望台では、知床半島や斜里岳、網走湖などの絶景パノラマビューを堪能。

【DATA】
施設名:天都山展望台・オホーツク流氷館
住所:北海道網走市天都山244-3
料金:大人770円、高校生660円、小・中学生550円ほか

まとめ:エリアごとに新しい発見ができる北海道

ちょっぴりマニアックな、北海道のエリア別観光スポットをご紹介しました。北海道はエリアごとに違う楽しみ方ができたり、四季折々で全く違う雰囲気を満喫できたりするので、訪れるたびに新しい発見ができますよ!

ぜひ、何度も足を運んでさまざまな北海道の顔を楽しんでみてください♪

出典

Share

Profile

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load