Travel

初めてのひとり旅でも安心!おすすめの旅先セレクト

2020/03/04

ひとり旅マイスターが太鼓判の旅先ベスト3!

いま女性にも人気のひとり旅。とはいえ、初めての人にとっては、旅先を決定することすらプレッシャーなはず…。そこで、98島を巡った島旅エッセイストの松鳥むうさんに、初めてのひとり旅でも安心の旅先をセレクトしていただきました!

ベスト3
世界遺産に登録された東京の島
小笠原諸島(父島・母島)
(東京都小笠原村)

12月から5月のGWくらいまで、元気の良いザトウクジラを見ることができます。ホエールウォッチング自体はほかの島などでも行われていますが、父島ではクジラから船に近づいてくることも。運が良ければ、かなり近くで飛び跳ねる様子を見ることができます。ほかにも、キレイな海で野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムのツアーもおすすめです。ひとり客も多く、ツアーに参加しやすいのも◎です。

ベスト2
教会巡りだけじゃない!連泊で魅力を発掘
福江島
(長崎県五島市)

福江島の中心街に位置する、「ゲストハウス雨通宿(うとじゅく)」。宿を開く前から旅人を家に泊めていたような親身な一家が営んでいます。とくにお父さんが、「遊びに行こう」と誘ってくれるフレンドリーな人物!それが楽しくて移住者が増えたとも聞きます。冬の朝5時頃、まだ周りが真っ暗な中、アオリイカ釣りに連れて行ってもらうなんてことも。いろいろな交流ができるので、ひとり旅にぴったりです。

ベスト1
高山植物が咲く最北限の島
礼文島
(北海道礼文郡礼文町)

「桃岩荘ユースホステル」は、名物宿。お見送りの時は宿の人だけでなく、宿泊客まで港に出てきて、歌や踊りとともに「いってらっしゃーい!」と盛大に送り出してくれます!というのも、オンシーズンの宿には常連さんがたくさん来るため。そんな宿にひとりで飛び込むのは心配かと思いますが、逆に新顔を見つけると、寄ってたかって親切にしてくれます。昔ながらのユースホステルの決まりを守ってお酒は飲めないけれど、晩ごはんの後に宴が開かれ、まるで異世界に迷い込んだような気分になれますよ!

出典:『初めてのひとり旅
監修:松島むう(イラストエッセイスト)
ライター:楠田圭子

RECOMMEND