Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

東京2020大会前に知りたい、ちょっと自慢できる短距離走ウンチク

競争はスタジアムの語源だった

東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムで、開閉会式や陸上競技の舞台となる新しい国立競技場が完成しました。ここでは、東京2020大会前に知っておきたい、短距離走にまつわる不思議をひも解きましょう。

古代オリンピックでも短距離走の重要度はとても高く、1スタディオン(180〜200m前後)という距離を走る「スタディオン走」は、中心競技でした。ちなみにスタディオンは、スタジアムと同義の言葉で、この競技のためにスタディオンという競技場が造営され、そこを走ったのです。このため、各競技場によって1スタディオンの距離が変化したといいます。さらに優勝者の名前が大会に冠せられるなど、大きな名誉が与えられ、この競技のみをオリンピックで行う時期もあったとされています。

どこまで伸びる?100mの記録

「速く走る」という、とてもシンプルな競技ですが、人類にとって大きなテーマといえ、それは「より速く、より高く、より強く」というオリンピックのモットーにも通じているのです。

現在のオリンピックでも、短距離走は非常に注目され、大会後半に陸上競技がはじまると、すぐに100mの予選がスタートし、その決勝は「人類最速」を決める大会最大の見せ場となっています。このスターたちが最後に4×100mのリレーで再登場するのもオリンピック名物です。

オリンピックなどの大会が近づくと、人類の究極的なスピードを競い合う100m 走についてしばしば人類が得られる記録としてはどこが限界値かが話題になります。これまでは統計学的に9秒4から9秒5あたりに人類の限界があるとされてきましたが、ウサイン・ボルトが9秒58 を叩きだすと、この理論値が崩れてしまいました。学者の中には、7秒14 が限界という説もあります。

出典:『スポーツ雑学大全
ライター:YOLO編集部

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load