Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

えっ!○○を食べると【二日酔い予防】になる!?

トマト×チーズのチカラで、二日酔いを防ぐ

お酒は大好きだけど、翌日がツラい…。そんなに飲んだつもりはないのに、いつも翌日にお酒が残って体調が悪い…。その原因は、おつまみに原因があるのかも。おつまみの常連が、ピザ、ポテトフライなど、炭水化物三昧だったりはしませんか?そんな人はいますぐおつまみ内容の見直しを!

おすすめしたいおつまみは、乳製品です。乳製品はアルコールの吸収速度を遅くする働きがあるからです。とくに、チーズはおすすめ。チーズは脂質が多いから…と敬遠する人も多いようですが、じつは、チーズの脂質は体脂肪になりにくいことがわかっているのです。だから、お酒のおつまみにするなら、炭水化物よりもずっとヘルシーなのです。

もう一つのおすすめは、トマト。お酒を飲むと、体内には老化を促進する活性酸素が大量に発生してしまいます。その理由は、アルコールを分解する時に活性酸素が発生するから。二日酔いになるほど飲んでしまったら、なおさらです。そんな時に活躍してくれるのが、トマトなのです。トマトには、活性酸素を除去してくれるリコピンがたっぷり。お酒とともに食べれば、活性酸素をどんどん退治してくれますよ。

ここでは、この二つの食材を同時に摂れる「トマトチーズ鍋」をご紹介します。もちろん、おいしさも抜群。トマトとチーズは間違いない組み合わせです!下ごしらえのいらないトマト缶で手軽に作れるので、家呑みのおつまみにぴったりです。

トマトチーズ鍋
【材料】(1人分)
鶏もも肉…1/2枚
玉ねぎ…1/4個
ピーマン…1個
にんじん…小1/3本

A
トマト缶(カットタイプ)…100g
水…200ml
固形スープの素…1個

ピザ用チーズ…30g

【作り方】
1 鶏肉は一口大に切る。玉ねぎはざく切りにする。ピーマンはへたと種を取り、にんじんとともに乱切りにする。
2 鍋にA、玉ねぎ、にんじんを入れて火にかける。煮立ったら鶏肉を加え、アクが出たら取る。ピーマンを加え、再び煮立ったら弱火にし、ふたをして4~5分煮込む。
3 ピザ用チーズをのせ、再びふたをして1~2分煮てチーズを溶かす。

ポイント
チーズは最後にのせ、ふたをして溶かします。チーズのコクで鍋全体の食べごたえもアップ!

出典:『買物は1回! 毎日違う味が楽しめる 小鍋レシピ』(著者:齋藤真紀)
ライター:楠田圭子

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load