Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

結局、骨盤がゆがむと何が起こるの?

骨盤のゆがみで起こること

息を深く吸うことはできるけれど、しっかりと長く吐くのは苦手ではありませんか?その原因は、骨盤=動きづらい股関節の問題から来ているのかもしれないってご存知でしたか?

股関節が正常に可動しないと、体はバランスを取ろうとします。その一つが、ゆがんだ骨格の調整です。緊張が強くなった筋肉でその場所をかため、連動する場所を伸ばすなどの調整をして、全体として伸縮のバランスを取るのです。

具体的には、股関節がかたまっている人の多くは、その分背中が丸まり、前かがみの姿勢になります。そのため体の前面が縮まって、内臓が圧迫されてしまいます。肺の下にある横隔膜の動きが鈍り、呼吸が浅くなりうまく吐けないという仕組みです。

また、呼吸が十分でないと新陳代謝が低下し、太る原因にもなります。同時に、股関節の動きが悪くなると腰まわりの筋肉がかたまるので、体のバランスが不安定に。こちらも新陳代謝が落ち、余分な脂肪がつくことになってしまいます。

今すぐできる骨盤の応急処置

本格的に骨盤を矯正する方法はたくさんあるのですが、今回は簡単に、すぐに効果が出る応急処置をご紹介します。

骨盤は、いくつかの骨の組み合わせで構成されています。一番広くを占めるのが腸骨。左右にあり、両者をつないでいるのが仙骨です。股関節は腸骨にある寛骨臼というくぼみにはまる大腿骨とのつなぎ目。その位置を意識する手がかりが大転子です。

応急処置1
脚を腰幅にして、背骨をまっすぐにして立つ。
両手を腰に当てて、脚のつけ根とヒザの力を抜きながら、ゆっくりと腰を10回ほど回す。
反対回しも行う。

大きく振ったり、早く回すと腰痛になるので注意しましょう。小回しで十分です。

応急処置2
床に脚をまっすぐ伸ばした長座で座る。
その姿勢のまま前後左右に移動。

骨盤で歩くイメージで手を振りながら動きましょう。この時、背中と太モモを緊張させないよう注意して。

ライター:幸雅子
出典:『骨盤セルフケア』/「骨盤を整えてやせ&健康体質になろう!」
監修:平山昌弘/フィジカル・ディレクター。日本人と欧米人との骨格差に注目し「身体の内側から発想する独自の身体理論」を構築、AWARENESS ANATOMY®として提唱。運動生理学、機能解剖学が専門。体を動かし骨格や筋肉を感じていく解剖学WSなどを主催。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load