Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

冬こそ太陽の光を浴びよう!ひなたぼっこが体と心にいい理由

冬にひなたぼっこがオススメの理由

夏と冬では、日の長さや太陽の光の強さが異なります。夏は日差しが強く日照時間も長いので、意識せずとも生活の中で十分な量の紫外線を浴びることができます。むしろ強い紫外線を浴びすぎないように、対策を練る必要があるくらい。でも冬になると、日の長さはぐんぐんと短くなり、太陽の光も弱くなってしまいます。忙しい日常を送っていると、十分な紫外線を浴びることができなくなってしまうこともあるのです。

太陽の光が不足するとどうなるの?

太陽の光を浴びることで、体内ではビタミンDが作られます。ビタミンDは健康な骨を維持するのにとても大切な役割を担っています。ところが紫外線対策をしすぎたり、冬場に太陽の光を十分に浴びられなかったりすると、ビタミンDの生成が不足。骨粗しょう症など、骨を正常な状態に維持できなくなってしまうこともあります。

また、太陽の光は脳内でセロトニンという物質の合成にも役立ちます。太陽光不足によりセロトニンが不足してしまうと、精神的なバランスが崩れてしまい、イライラしたり、落ち込んだり、うつ状態に陥ることもあるのです。

ひなたぼっこで得られる効果とは

日照時間が短く、太陽光が弱くなる冬場にひなたぼっこをすることで、体内では十分にビタミンDが作られます。また、先ほど述べたようにセロトニンを合成することで、精神的なバランスを保つことに役立ちます。

また、セロトニンの合成は、メラトニンという物質を分泌することにもつながります。メラトニンは睡眠に関係する物質なので、不足するとうまく眠ることができなくなってしまいます。太陽光をしっかり浴びることで良質な睡眠につながるのです。冬場は体が冷えやすいので、太陽光を浴びることで体を温めてくれる効果も期待できます。ひなたぼっこはさまざまな恩恵を私達に与えてくれるのですね。

さあ、ひなたぼっこしよう!

太陽の光が不足しがちな冬だからこそ、積極的に太陽の光を浴びてみましょう。少しだけ早起きして朝の時間を有効利用すると、体内時計もリセットされるのでオススメです。昼休みも室内で過ごすだけでなく、少し外に出てお散歩してみませんか?気軽にできる方法でひなたぼっこを取り入れてみてくださいね。

ライター名:櫻井麻美(さくらいあさみ)
大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load