Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

誰かに嫌われたらどうしよう…思ったことをどう伝える?

仕事や会議などで、自信を持って自分の意見を言えなかったり、言いたいことがあるけれどなかなか相手に伝えられない…など、モヤモヤしながら過ごすことはありませんか?きちんと自分の気持ちを言葉で伝えられるようになるためには、どうしたらいいのでしょうか?

なぜ気持ちを言えないの?

まず、なぜ自分の意見や気持ちを相手に言えないかを考えてみましょう。仕事の場などでは、どうしても上司や同僚からの評価が気になります。会議での発言では、「相手からどのように思われるか?」は、おそらくほとんどの人が考えているでしょう。また、親しい相手との会話の中で、自分の気持ちをなかなか伝えられない時も同じく、「この発言で相手はどう思うかな」、「受け止めてもらえるかな」と考えます。

自分の思いを伝える時に躊躇してしまう原因の一つとして、このように相手に受け入れてもらえるかどうかを気にしてしまうから、という理由が考えられるでしょう。

受け入れられないことは悪いことではない

相手と自分の意見や気持ちが違った場合、自分が発した言葉を相手に受け入れてもらえないこともあるでしょう。それを恐れて、伝えることを躊躇してしまう時に覚えておいてほしいことは、受け入れられないことは悪いことではないということです。

意見を受け入れられないことは、自分のすべてを否定されることとは違います。自分の意見が相手の意見と違うというだけ。すべての意見が完全に同じことなどあり得ません。だから、自分の意見が受け入れられないことを恐れることはありません。

また、自分のすべてを受け入れてもらおうと相手に期待しすぎるのもやめましょう。親しい相手でもすべての意見が一致することは稀です。相手と自分の違いを受け入れることも大切なことです。

恐れずに相手に伝えてみよう

それぞれの気持ちを率直に相手に伝えることは、関係性を深めるためにもとても役に立つものです。もちろん伝え方は十分配慮する必要はありますが、自分の気持ちを伝えること、そして相手の気持ちを知ることで、お互いの考えを理解することができます。そこからの対話を繰り返していくことで、お互いの信頼関係ができあがっていくものです。

時には意見が食い違うこともありますが、それも含めて、お互いを知り合うことはとても価値あるものになるでしょう。

相手からの反応を恐れたり、期待したりしすぎずに、自分の意見や気持ちを相手に伝えてみましょう。そこから対話や信頼関係が生まれてくるかもしれません。

ライター名:櫻井麻美(さくらいあさみ)
大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load