Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

お酢の中でも【黒酢】がおすすめな理由、知ってる?

免疫力の低下には、肝臓が関係している!?

鼻がムズムズ…くしゃみが止まらない…多くの人を悩ませている花粉症やアトピーなど、私たちの周りには色々なアレルギーが潜んでいます。これらは免疫力が低下することによって引き起こりやすくなると言われています。

免疫力の低下には様々な原因がありますが、その一つに挙げられるのは肝臓が弱ってしまい、免疫細胞がうまく働かなくなってしまうこと。しかし、お酢を摂ることで再びこの免疫細胞を活性化させることができるのです!

肝臓は「沈黙の臓器」

実は、肝臓は人体で最も大きな臓器です。主な働きは栄養の貯蔵や合成、胆汁の生成、有害物質の解毒ですが、肝臓に存在する細胞が全身の免疫機能の調整も行っています。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、負担がかかっていても自覚症状が現れにくいタフな臓器です。しかし、仕事や生活上でのストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れなどで体を酷使すると、肝臓自体には痛みを感じなくても、働きが鈍ってしまい体のあちこちで不調が現れます。さらに免疫機能も弱まるため、普段は平気なものでもアレルギー反応が出てしまうことがあるのです。

免疫力アップにも黒酢は効率的

お酢に含まれる栄養素は、そんな肝臓の働きを助けてくれます。お酢には必須アミノ酸を含む、すべてのアミノ酸が入っています。必須アミノ酸は人の体の中で生成されないものなので、必ず食べ物から摂らなければなりません。

しかも必須アミノ酸のどれか一つでも不足すると、アミノ酸バランスが崩れて体の具合が悪くなることも…。そういったアミノ酸が丸ごと摂れるのも、お酢のいいところ!それから、脂肪の蓄積を制御する作用が期待できる酢酸や、疲れをとるクエン酸の効果で、肝臓のダメージを癒します。肝臓をいたわることで免疫細胞も再び活性化し始め、アレルギー物質の影響を抑えるようになります。

免疫力が上がればアレルギー症状が軽くなるだけでなく、風邪などの予防にもなります。さらに二日酔いにもなりづらくなるし、疲れもたまりづらくなるなど、良いことづくめなのです!

黒酢は、他のお酢の5倍の栄養価!

ではなぜ、お酢の中でも「黒酢」が良いのでしょうか?実は、黒酢は一般のお酢の5倍のアミノ酸が含まれているなど、栄養価がとても高いのです。一般のお酢と同じ量でも栄養素をしっかりと摂れるので、肝臓の修復も早く、免疫力アップの期待も高まります。

黒酢の摂取量ですが、1日1kgあたり0.5ml程度、例えば体重50kgの人で25ml程度を摂ることを推奨しています。食事と共に毎日黒酢を摂ることで、肝臓を始め、全身の不調を整えることが期待できますよ。さらに黒酢の効果を上げたいなら、栄養バランスのとれた食事と適度な運動を合わせてみてください。黒酢も、運動も毎日コツコツと続けて、アレルギーに負けない体を手に入れましょう!

出典:『自分で治す お酢で病気知らず
監修:中山貞男/東京理科大学理学部化学科卒業。昭和大学医学部薬理学助教授、保健医療学部教授を経て、2006年に昭和大学保健医療学部客員教授に就任。生活習慣病の危険因子に対する薬の研究や漢方医学と生活習慣病についての研究を行う。2016年客員教授を退く。
ライター:YOLO編集部

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load