Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

筋肉のためだけじゃない!「タンパク質はなぜ大事なの?」

人の体はタンパク質で作られる

美しく生きるための日々の筋トレ。その筋肉を作るためにタンパク質が必須とよく聞くけれど、「なぜ大事なの?」と考えてみるとどうしてなのかよくわからない。そんなあなたのために、基礎知識をおさらいしましょう!

まず、人間の体は筋肉、内臓、髪、皮膚、血管や血液にいたるまで、すべてその材料にタンパク質が使われ作られています。細かくみていくと、血液中を流れる色素成分、体の機能を調整するホルモン、あらゆる代謝に必要な酵素に至るまで、すべてタンパク質で構成されているわけです。
体の割合でいうとタンパク質の重量は約20%。水分が約60%ということを考えると、その重要度を実感できるのでは。さらにすごいのはここから先。体の組織は取り入れたタンパク質を材料に、DNAに内蔵された設計図に従って作られます。その数、数万から10数万種類。体の組織のなかでも筋肉はタンパク質を多く必要とする主要なパーツ。タンパク質が不足していては、筋肉はもちろん、今ある体を維持することができなくなります。髪も肌も血管も弱くなり、健康を維持できなくなってしまいます。これこそタンパク質が大事とされる理由なのです。

タンパク質を知れば、体づくりがさらに楽しく!

食べ物に含まれるタンパク質と、体を構成するタンパク質は同じもの?その答えがわかると、タンパク質の、そして美ボディづくりの知識をさらに深めることができます。

まず、タンパク質を摂ると分解されてアミノ酸になります。このアミノ酸は自然界に約500種類も存在していますが、体の材料となるのはそのうちのたった20種類。さらにそのうちの9種類は体内で合成できないため、食事で摂り入れる必要があります。この9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」といいます。

9種類の必須アミノ酸を含む、体に必要なアミノ酸は、摂り入れたのち、数十個〜数百個以上が体の中で結合し、新たなタンパク質となります。作り上げられるタンパク質は約10万種類と言われ、筋肉やさまざまな組織の材料として使われます。

たった20種類のアミノ酸から数多のタンパク質を作り上げるってすごいことですよね。でも、このアミノ酸のうちのどれか一つが不足しているとどうなるか想像してみてください。とくに体内で合成できない必須アミノ酸が不足したらどうなるか……。

どれか一つでも不足すると体の組織をうまく作れなくなるんです。よく「筋トレと一緒にタンパク質を摂ることが大切」と言われる所以はここにあるわけです。

出典:『筋トレ最高の食事術
監修:川端理香
ライター:YOLO編集部

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load