Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

トレ女のランチを選ぶコツ

ランチメニューを選ぶコツは?

いつだってカラダ磨きに余念がないワタシのはずなのに、ランチはなぜだか油断しがち。「午後からは活動量が多いし、揚げ物を食べても消費しちゃうでしょ!」「忙しくて食べ損ねちゃった。ま、いいか!」なんて日もあったり……。外食、コンビニ、惣菜のメニュー選びのコツを覚えてうまくコントロールしたいですね。

タンパク質、脂質、糖質の量をチェック!

ランチの栄養をコントロールするためには、タンパク質、脂質、糖質の量をしっかり確認しましょう。

【タンパク質】

肉も野菜もたっぷり入っていてバランスがよさそうなメニューでも、意外とタンパク源が少なかったりするものです。ミートソースのミート、中華丼の肉や魚介。よく見てみると、ソースやとろみに少し紛れているだけ……というケースも多いです。メニュー名やイメージに惑わされず、正しく見極める力を鍛えましょう。

肉や魚介、大豆食品や卵、乳製品がどれくらい入っているかを確認することが大切です。

タンパク質のことをもっと深く知りたいならこちら→「タンパク質」は体作りの源!食材選びや効果的な食べ方を知ろう

【脂質】

揚げ物ならひと目で油が多いとわかるけれど、肉の脂身、ルウやソース、調理油、ドレッシングに隠れた脂質は見落としがち。隠れ脂を見抜けずに食べ続けてしまうと体脂肪増に直結する。まずは、どんな調理方法で作られているか、こってりソースの正体は? と意識を高めることが先決です。

脂質のことをもっと深く知りたいならこちら→エネルギーを生む大事な栄養素!「脂質」の働きや効果的な摂り方を知ろう

【糖質】

多くの人が満足できるよう、外食や弁当はごはんや麺類が多めに設定されていることが多い。茶碗小盛1杯が150gだとすると、弁当や丼、カレーなどのごはんの量は倍近い。筋トレ中でカラダを絞りたいなら、糖質過多は避けたいところ。外食の際は、注文時に「ごはん少なめで」と、お願いするのも良いかも。甘い味付け、とろみがあるメニューも糖質が多くなりがちなので注意しましょう。

脂質のことをもっと深く知りたいならこちら→体の必須エネルギー源!「糖質」の働きや効率的な摂り方を知ろう

 

材料や栄養を意識して選ぶ。その積み重ねがとても大切です。早速今日のランチからチェックです!

出典:「最高の筋トレ食事術」

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load