Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

いま一番オシャレな選択!リノベホテルに泊まるべき【ハワイのホテル】

今リノベホテルに注目が集まっている

朝は爽快にランニングして、日中はビーチスポーツに明け暮れる、まさにトレ女にとっての楽園ハワイ!アクティビティには積極的なわたしだけど、ホテル事情には疎かったり。そこでハワイ情報誌『ハワイスタイル』編集部のメンバーに今おすすめのホテルを教えてもらいました。

なんとその答えはリノベーションホテル。築年数は経っているものの、中身はおしゃれでハイスペックにアップデートされていて、なおかつお手軽プライスだったり。まさに今がねらい目なんです。

プールサイドが特等席「ザ・サーフジャック・ホテル&スイム・クラブ」

クラシックな佇まいに60年代サーフカルチャーをミックス
ワイキキのメインストリートの裏手、クヒオ通り近くにあるブティックホテル。1950年代に建てられたホテルをリノベーションし、60年代サーフカルチャーを取り入れてるあたりがおしゃれ。ホテル内の壁や家具など、いたるところにハワイのローカルアーティストの作品を起用しているので、訪れる人をアートでも楽しませてくれるんです。喧騒の中にありながら、どこか懐かしい雰囲気もいいかんじ。

インテリアや雑貨が好きな人にとってはたまらないオールドハワイアンな空間が魅力的。

[DATA]
ザ・サーフジャック・ホテル&スイム・クラブ
住所:412 Lewers St., Honolulu
電話番号:808-923-8882
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00

ファミリー向け観光の拠点に「クイーン カピオラニ ホテル」

アクティブ派ファミリーにおすすめ
カピオラニ公園や水族館、動物園、ワイキキビーチといったファミリー向けの王道観光スポットに程近いホテル。行動派のツーリストの拠点として最高な立地です。2017年から約33億円かけて大規模にリノベーションし、2018年に完了。キチネットや広いラナイ付きの客室もあり、長期滞在にもおすすめです。家族で楽しめる無料フラレッスンなどアクティビティも充実。

リニューアルした客室は、あたたかみを感じるレトロシックな雰囲気。家族でゆったり過ごすのに最適です。

[DATA]
クイーン カピオラニ ホテル
住所:150 Kapahulu Ave., Honolulu
問い合わせ・予約:808-931-4420 https://jp.queenkapiolani.com/

ほぼ全室オーシャンビュー「アストン・ワイキキ・ビーチ・タワー」

ワイキキを代表する高級コンドミニアム
クヒオビーチ向かいにある39階建てのタワー。そのほとんどがオーシャンビューという、ラグジュアリーなコンドミニアムなんです。2016年の改装で4階の共用スペースがリニューアルし、2018年には客室が新しくなりました。ゆったりしたリビングやラナイなどで、居心地のよいひとときを過ごせそう。24時間対応のフロントデスクもあり、コンドミニアムデビューにも安心ですね。

子ども用プール、サンデッキ、カバナ、BBQグリルを設けたレクリエーションデッキ。ここで誕生日や記念日のお祝いも可能です。

[DATA]
アストン・ワイキキ・ビーチ・タワー
住所:2470 Kalakaua Ave., Honolulu
電話番号:808-926-6400
問い合わせ・予約:アクア- アストン・ホスピタリティー 日本セールス 0120-080102

ハワイ文化×アーティスティック空間「ザ・レイロウ・オートグラフ・コレクション」

ミッドセンチュリーモダンとコンテンポラリーなハワイアンの融合
マリオットホテルズが展開する「オートグラフコレクション」の一つで、2017年3月、クヒオ通りに誕生しました。一つとして同じホテルを作らないというコンセプトのもと、本ホテルに課されたテーマは「ハワイのミッドセンチュリー」。1950年代のワイキキなどを写したモノクロ写真が各部屋に飾られ、フロントにはその時代に流行した代表的なハワイ土産であるフラドールが並んでいます。

創作パシフィックリム料理のレストラン『ハイドアウト』を併設。朝食からランチ、ディナーまで対応。ラナイやプールサイドでも食事を楽しめます。

[DATA]
ザ・レイロウ・オートグラフ・コレクション
住所:2299 Kuhio Ave., Honolulu
電話番号:808-922-6600(代表)

どこか懐かしいにおいのする雰囲気だったり、年代を感じるクラシックさ。リノベーションホテルは魅力いっぱいです。ぜひぜひ宿泊先の候補として検討してみてくださいね。

出典:『ホノルル本2020』(エイ出版社刊)

※記事内容は2019年2月時点の情報を再構成したものです。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load