Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

風邪やインフルから一刻も早く元気になるためのヒント【リフレクソロジーは究極のアンチエイジング】

この季節になるといろいろな感染症、インフルエンザ、風邪などが流行します。うがいや手洗い、マスクである程度の予防をすることはできますが、それでもかかってしまったらどうすればいいのでしょうか?

風邪はインフルエンザや感染症のように急に体調が悪化することは稀ですが、長期間にわたり咳が続くこともあり、悪化すると肺炎や中耳炎を引き起こすことも。

とにかく睡眠不足は避けよう

慢性的な疲労状態や栄養の偏った食事が続くと、風邪やインフルエンザ、感染症にかかりやすくなってしまいます。頭痛、発熱、咳、節々の痛みなど、気づかないうちに体力を消耗しているものです。その回復にはまず第一に睡眠を取ること、体を温めて安静にすることが挙げられます。

これらは人間が本来持っている免疫力を上げることにもなり、ウィルス、細菌に打ち勝つ体を作る上で欠かせないものです。早く治すためには睡眠が重要。睡眠時間が短くなると風邪などにかかりやすくなると言われ、回復には普段よりも長い睡眠時間が必要となります。

人の体は、体温が一度下がるだけで免疫力やエネルギー代謝が下がり、老廃物の排出もうまくいかなくなることがあります。風邪をひいた時は、しっかりと保温することが大切です。温かい衣服、温かい寝具で体温を上げましょう。カイロを張るのもオススメです。

熱がなければお風呂に入るのがオススメ

昔は風邪をひいたらお風呂に入るなと言われましたが、今では、発熱がなければお風呂に入って体を温めることがいいとされています。

発熱や咳がひどくなると、知らず知らずに体力を消耗します。安静にすることで体力の消費を防ぎ、回復を早めることができます。

食事は、食欲がなければ無理に食べる必要はありません。消化吸収に内臓を働かせるより、免疫力を上げるように内臓に働いてもらいます。そのために脳がわざと指令を出して食欲を減退させるのです。ただし、スポーツドリンクなどの水分補給は忘れずに。

食欲が出てきたら、内臓に負担の少ない食物でビタミンやミネラル、良質のタンパク質を取り体力の消耗を補います。ヨーグルトやゼリー、プリン、フルーツが手間もなく食べられるのでオススメです。味噌汁、おかゆ、鍋なども体が温まるのでいいでしょう。レトルト食品も上手に利用します。

風邪やインフルエンザに効くツボとアロマ

リフレクソロジーやアロマテラピーなどのソフトタッチのセラピーは、素早い回復の助けになってくれます。マッサージや整体などは、あまり刺激が強くなければかまいません。体力を消耗している回復期の場合は注意が必要です。

インフルエンザ、風邪、感染症に効果的なアロマオイルで代表的なものは、パイン、ティートリー、キャロットシード、ユーカリ、ラベンダーなどが挙げられます。マカデミアナッツオイルやココナッツオイルのベースオイルにアロマオイルを入れて、胸、背中、足裏を、トリートメントします。

☆インフルエンザ、風邪、感染症に効果的なポイント

<足裏>


親指以外各指先

胸腺、気管支
親指と人差し指の隙間足の上部1/3


親指の付け根甲側

横隔膜
ソーラープレクサスの上部親指〜小指のライン

ソーラープレクサス
足裏中央凹み

<胸>
肺、気管支のあたり

<背中>
肩甲骨

トリートメント以外にも、お湯を張った洗面器にアロマオイルを垂らして鼻やノドから吸入するのもオススメですよ。試してみてくださいね。

土屋朱美
リフレクソロジスト、アロマセラピスト、ヒーラー、エネルギーワーカーとしても20年以上のキャリアと豊富な知識を持ち、その確かな技術と優しい施術に幅広いファン層の支持を持つ。現在、横浜市金沢区みなと旅館内みなと湯、リフレクソロジーサロンにて施術を行っています。
https://www.minatoyu.com/relax.html

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load