Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

かわいい~♥キレイ!頭よさそう…ヘアアレンジで昨日とは違うわたしに

知っていると便利なアレンジの小技たち

ビジネスシーンでは大切なお客様との打ち合わせ、プライベートではひさしぶりのデートなど、いつもとちょっと違うわたしを見せたい日ってありますよね。そんなときヘアアレンジは効果絶大!少しの変化が顔の印象を大きく変えてくれるんです。

そこで『アフロート』COO(最高執行責任者)で『アフロート ディル』勤務の金子 史さんに、知っていると便利なアレンジテクニックを教えてもらいました。

1.ストレートアイロンは、まっすぐにするだけじゃない!

ストレートアイロンは、髪をまっすぐにするのはもちろんですが、それだけじゃないんです。カールも立ち上がりも自由自在。用途の幅が広く、使いこなせるといろいろと動きを付けられますよ。

毛先のまとまり

根元~中間はまっすぐにすべらせ、毛先でくるっと内巻きにして抜くと、きれいなカールが作れます。2、3回繰り返すと、ツヤのある仕上がりになりますよ。

トップのボリューム

髪を垂直に引き出し根元にアイロンを入れますが、髪を挟むのではなく熱パネルを押し当てて、折れ目がつかないよう低温で行うのがコツです。

2.巻きの方向でイメージはこんなに変わる!

髪の巻き方がマンネリ化していませんか? 巻きの方向を変えるだけでもイメージは大きく変わります。シーンに合わせて使い分けてみましょう。

清楚でかわいい内巻き

収まりのいい内巻きは、コンサバで清楚なイメージ。髪を前のほうに引き出し、太めのヘアアイロンで1回転。大きくゆったりめに巻きましょう。

カジュアル寄りの外巻き

アクティブな外巻きはカジュアルな印象。すべて外巻きにせず、巻く方向をミックスするのがいまどきです。ストレートアイロンを使うと簡単にできますよ。

3.根元をしっかり立ち上げるブラシ&ドライヤー使い

美容室帰りのようなふんわりとしたボリュームは、簡単なコツをつかめば家でも再現可能!ロールブラシを1本持っておくと便利ですよ。

トップの髪をブラシに絡めてやや前方に倒し、根元に温風を当てます。

次に手ぐしで髪を後ろに流して、ドライヤーを前から当てましょう。

毛流れとは逆の斜め後ろに髪を引っぱり、ドライヤーを当てます。

4.忙しい朝でも簡単!寝ぐせ直しテク

簡単なクセならドライヤーだけでも修正できますが、しっかりついた寝グセは水で濡らすのがベターです。その後でドライヤーの熱を当てましょう。

毛先がハネる、うねる場合

1.水スプレーでクセの部分を濡らし、髪を揺らしながらまんべんなく水をなじませます。

2.毛先に指を通して少し引っぱり、まっすぐにした髪にドライヤーを。毛流れに沿って風を当てましょう。

前髪が割れてしまう場合

1.割れた部分の根元を水スプレーでしっとりする程度に濡らす。毛先は濡らす必要はありません。

2.根元にブラシを入れて小さく揺らしながらドライヤーを当てます。風は根元を狙って当てましょう。

 

あなたの悩みごとはありましたか?明日から早速取り入れてみましょう。

出典:『大人の旬髪カタログ』(エイ出版社刊)

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load