Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

キレイを内側から作ろう♪レモンを使った簡単&オシャレレシピ4

ボディメイクに「食」は必須!毎日の食事に取り入れたい食材とは?

そろそろ桜が咲きそうなほど暖かい日が続いていますが、トレーニングシーズンとしても本格的にトップギアを入れて、薄着の季節になる前にしっかりボディラインを整えておきたいですよね。トレーニングも大切ですが、食事で体重、体調をコントロールするのもボディメイクには欠かせません。しっかり食べて、運動で筋力アップ、脂肪燃焼を図れればリバウンドもなく、痩せやすい体を作ることができます。

自炊をするなら、レモンを効果的に使った料理がおすすめですよ。レモンは、いつもの料理に加えるだけで酸味はもちろん、爽やかな香りや清涼感をプラス。おなじみのメニューをさっぱりと仕上げてくれたり、トッピングすれば見た目がおしゃれになったりと、アレンジにも一役買ってくれる頼れる食材です。

そこで今回は、料理家のワタナベマキさんが提案するレモンを使ったレシピをご紹介します。野菜がたっぷり摂れる一品から、鶏胸肉を使ったヘルシーおかず、おもてなしにも喜ばれるスイーツまで、どれも手軽に作れるものばかり!普段の食卓をはじめ、夜遅い日の晩ごはんなど、さまざまなシーンで活躍してくれるはず。そら豆やアスパラなど、季節感のある食材も楽しめるので、目や舌でも春を楽しんでみて下さいね。

 

【Recipe1】
蒸しキャベツのアンチョビレモンオイルソース

旬の春キャベツが手に入ったら、ぜひ作っていただきたいのがこちらのレシピ。アンチョビとレモンは、実は最強の組み合わせ!うまみと塩気、酸味のバランスが絶妙で、蒸して甘さを引き出した春キャベツにたっぷりかければ、ごちそうに変身しますよ♪

【材料】2人分
キャベツ…1/4個
白ワイン…大さじ2
水…50ml
塩…少々

以下(A)
アンチョビフィレ…3枚
レモン…1/4個
オリーブ油…大さじ2

パセリみじん切り…適量

【作り方】
(A)のアンチョビはみじん切りに、レモンは2mm厚のいちょう切りにする。
鍋にキャベツを入れて白ワイン、水を加え、塩をふり、蓋をして中火にかける。煮立ったら弱火にして、約5分蒸し煮にする。
②を器に盛り、あわせた(A)をかけ、パセリを散らす。

 

【Recipe2】
そら豆のレモンリゾット

休日のランチに、こんな春らしいリゾットはいかがですか?今日ご紹介するのは、レモンを使った軽やかな味わいの「そら豆のレモンリゾット」。ホクホクのそら豆がたっぷりで、見た目にもかわいい一皿です。仕上げにレモンの皮をすりおろすことで、より香りよく、爽やかになりますよ♪

【材料】2人分
そら豆(正味)…80g
玉ねぎ…1/2個
にんにく(みじん切り)…1片
オリーブ油…大さじ1
米…1合
白ワイン…80ml
鶏ガラスープ…120ml
レモン汁…大さじ1
塩…小さじ1/2
パルミジャーノレッジャーノ…15g
レモンの皮…少々
粗挽き黒こしょう…少々

【作り方】
そら豆は薄皮をむく。玉ねぎはみじん切りにする。
フライパンににんにく、オリーブ油を入れて中火にかける。香りがたったら玉ねぎを入れ、透き通るまで炒める。
米は粘りが出ないようとがずに加えて炒め合わせ、白ワイン、鶏ガラスープを加える。ヘラで混ぜながらひと煮立ちさせ、蓋をして弱火で約5分、炒め蒸しする。
そら豆を加え、蓋をしてさらに5分煮たら、レモン汁、塩を加えてなじませる。
器に盛り、オリーブ油少々(分量外)を回しかけ、パルミジャーノレッジャーノ、レモンの皮をすりおろし、こしょうをふる。

 

【Recipe3】
キレートレモンとキウイのソルベ

今日は、キレートレモンのおいしさを閉じ込めたひんやりスイーツ「キレートレモンとキウイのソルベ」をご紹介します。材料はキレートレモン、キウイ、レモンのみ!ひと口ごとにキレートレモンならではのきゅっと心地よい酸味が広がり、さっぱりリフレッシュ♪食後のお口直しにもおすすめですよ。

【材料】2人分
キレートレモン…1本
キウイフルーツ…2個
レモンの皮…2cm角1枚
レモン(くし切り)…2個

【作り方】
キウイフルーツは皮をむき、ざく切りにする。
ミキサーにキレートレモン、①のキウイフルーツ、レモンの皮を入れ、なめらかになるまで撹拌する。
保存容器に②を入れて冷凍庫で1時間冷やしたら、一度取り出してフォークでかき混ぜ、さらに1時間冷やす。フォークでかき混ぜて器に盛り、レモンを飾る。

 

【Recipe4】
アスパラと鶏胸肉のナンプラー炒め

今日ご紹介するのは、これから旬を迎えるアスパラガスを使ったおいしい炒め物。鶏胸肉は片栗粉をまぶしてしっとりと、野菜はシャキッと食感を残すのがポイント。コクとうまみたっぷりのナンプラーをレモンの酸味できゅっと引き締めた、ご飯が進む一品です♪

【材料】2人分
鶏胸肉…200g
アスパラガス…3本
玉ねぎ…1/2個
片栗粉…大さじ2
にんにく(薄切り)…1片分
オリーブ油…大さじ1
酒…大さじ2
ナンプラー、レモン汁…各大さじ1
粗挽き黒こしょう…少々

【作り方】
鶏肉は好みで皮を取り除き、そぎ切りにして片栗粉をはたく。アスパラガスは根元の固い部分の皮をむき、斜めに1cm幅に切る。玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。
フライパンににんにく、オリーブ油を入れて中火にかける。
香りがたったら①の鶏肉、玉ねぎを入れ、鶏肉を返しながら焼き目がつくまで焼く。アスパラガスと酒を加え、蓋をして弱火で約3分蒸し焼きにする。
中火に戻し、ナンプラー、レモン汁を加えてなじませ、こしょうをふる。

こちらの4品の他にも、ワタナベマキさんが提案する多彩なレモンレシピは、キレートレモン公式Instagram(https://www.instagram.com/kiretolemon/)で見ることができます。簡単に作れるのに、おいしくておしゃれなメニューがいっぱいです!ぜひ皆さんの食卓にも取り入れて、定番メニューにしてほしいレシピばかりなので、ぜひチェックしてみて下さいね!
レシピ監修:ワタナベマキ(@maki_watanabe)
撮影:清水奈緒
ライター:酒井あやこ

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load