Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

筋肉の代謝によって熱を生む!女性のための冷え解消ヨガポーズ

「筋肉量」からくる冷えのためのヨガポーズ

多くの女性の悩みである「冷え」。冷えにはいくつかタイプがあります。今のあなたはどのタイプでしょうか?

冷えのタイプはこちらでチェック https://yolo.style/li_yg181128_002/

今回は筋肉量からくる冷えのためのヨガポーズをご紹介します。「上虚下実」という言葉があるのですが、上半身にムダな力が入っておらず、下半身がしっかり安定している状態が中医学では理想的だとされています。そもそも筋肉量が少ない女性や高齢者に多く起こる冷えに対しては、下半身を鍛えるのが効果的。また、筋力がないために猫背にもなりやすいため、背筋を伸ばすポーズもオススメです。

◇イスのポーズ
下半身と体幹を強くするポーズ。下半身でしっかりと体を支えます。特に太ももの大腿四頭筋を鍛えるので、ふくらはぎのポンプアップにも効果的です。

1:両脚をそろえて両手は体側にそえて立つ。しっかり足裏で床を踏み返す力で上へと伸びていく。

2:息を吸いながら両ヒザを曲げ、両手を上げていく。肩は上がらないように、両腕を耳の横に近づける。背筋をピンと伸ばして。

◇戦士のポーズII
腹圧を高め、背筋も伸びるポーズ。しっかり足裏で地をとらえて下半身を安定させるだけでなく、腹式呼吸で肋骨を広げ背筋の伸びを感じます。

1:両脚を広げて立つ。右脚は右に向け、左脚は右脚に対して垂直に置く。両手を肩の高さまで上げる。

2:息を吐きながら右ヒザを曲げていく。できるだけ右ももを床と平行に。目線は右手の指先。吸う息で胸を広げる。

文:幸雅子
出典:『Yogini』vol.61/「ヨガと自然療法で冷えを解決する」
監修:石垣英俊/神楽坂ホリスティック・クーラ®代表。「アラウンドセラピー®」主宰。鍼師、灸師、按摩マッサージ指圧師。カイロプラクティック理学士。
アーサナ監修:川名祐紀/Studio+Lotus8認定ヨガ指導者。ホリスティックな視点を持ち、本来備わっている力に働きかける指導を行う。石垣先生の下、アラウンドセラピー®を学ぶ。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load