Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • MY LIFE RECIPE
  • RUNNING style
  • ランドネ

ボウル一つで作れる簡単お菓子!お家時間に焼き立てミニスコーンはいかが?

スコーンはワンボウルで作れる、手軽なお菓子!

ボウル一つで作れる手軽さが人気のスコーン。必要な材料や道具もシンプルなので、お菓子作りをしたことがない人でもチャレンジしやすいのが嬉しいですよね。

今回ご紹介するのは、ほどよく小さいミニスコーン!ボリュームを気にせずに、いろいろな種類の味が楽しめます。沢山作って食べ比べをしたり、小さくて見た目もかわいいのでプレゼントにしても喜ばれそう!

「プレーンスコーン」「クランベリー&くるみスコーン」「抹茶&ホワイトチョコスコーン」の三種のレシピは、どれも作りやすくて簡単!基本のプレーンスコーンの作り方をおさえれば、後は具材を変えるだけでOKです。プレーンスコーンはそのまま食べるのはもちろん、はちみつやジャムを合わせて、朝ごはんにしても◎。クランベリー&くるみ、抹茶&ホワイトチョコスコーンはお菓子タイムにもぴったり。焼き立てのスコーンが食べられるのは、手作りならでは!お家時間に、スコーンを焼いてみるのはいかが?

プレーンスコーン(写真中央)

【材料】 5個分
薄力粉…75g
ベーキングパウダー…大さじ1/2
上白糖…大さじ1
塩…一つまみ
無塩バター…25g
牛乳…大さじ2~3
牛乳(はけ塗り用)…少々

【準備】
バターは1cm角に切り、使う直前まで冷やしておく。オーブンは190℃に温める。天板にオーブンペーパーを敷く。

【作り方】
1 薄力粉、ベーキングパウダー、上白糖、塩を混ぜ合わせ、バターを加えてカードで切るようにして混ぜる。
2 手でもむようにすり混ぜ、バターを粉になじませる。
★バターが溶け出さないように手早く作業を行います。
3 2に牛乳を少しずつ注ぎ入れ、生地が手につかなくなる程度に手でまとめる。
4 18cm×4cmの長方形に整えてラップで包み、冷蔵庫で1時間以上冷やす。
5 生地を5個に切り分ける。
6 5を天板に置いて牛乳をはけで塗り、190℃のオーブンで15~20分焼く。
(レシピ:福田淳子)

ミニスコーンのバリエーション

クランベリー&くるみスコーン(写真左)の作り方
上記の1〜2の要領で材料を混ぜる。くるみのロースト20gを粗く刻み、ドライクランベリー25g、牛乳とともに加え、20cm×4cmの長方形にして6等分し、同様に作る。
(レシピ:福田淳子)

抹茶&ホワイトチョコスコーン(写真右)の作り方
薄力粉75gを薄力粉60gと抹茶大さじ1に替え、上記の1〜2の要領で混ぜる。板チョコ(ホワイト)40gを砕き、牛乳と加え、20cm×4cmの長方形にして6等分し、同様に作る。
(レシピ:福田淳子)

出典:『スコーン&マフィンレシピ
ライター:YOLO編集部

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load