Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • MY LIFE RECIPE
  • RUNNING style
  • ランドネ

季節と仲良く暮らそう!アーユルヴェーダに学ぶ春の食べ方

春と仲良く暮らしていく方法

春ならではの自然の恵み、例えばチューリップやスイートピー、ガーベラなどの春の花。赤やオレンジ、黄色などの花を部屋に飾ると、見た目も美しく癒されるとともに、自分の部屋の空気を春向けに活性化することにもつながります。

ハマグリのお吸い物、チラシ寿司、菜の花のおひたし。どれも春ならではの食材を使った料理です。これらは過剰になりがちなカパ(地と水)の性質を抑えてくれる、アーユルヴェーダ的にも理に叶ったものばかりなのです。

春に避けたいもの

春は特に乳製品、油、小麦粉、甘いものなどは避け、山菜など苦みや渋みがあるもの、少しスパイシーなものを取ることも意識しましょう。炭水化物は、おそばは体の冷えを取ってくれ、ルチンやビタミンも含まれています。

料理をする時に気をつけたいのが油と温度。油はできるだけ控え、高温で炒めたりするより軽く焼く、蒸すがいいでしょう。話題の低温蒸しを試すのもいいかもしれません。

三寒四温に花粉症。やっかいな季節と思うのも、ステキな季節と思うのも自分次第です。知恵や工夫で季節とうまくつき合い、日々を明るく過ごしたいですね。

春に取り入れたい季節の食材

春に取り入れたい食材は以下の通り。でも調理法には注意が必要です。山菜などは天ぷらにせず、さっとゆでて和え物、サラダにしたり、汁物の具にしてみてください。

【苦いもの】菜の花、ウド、春菊、セリ、山菜類
【渋いもの】ゴボウ、ホウレン草、山菜類
【辛いもの】わさび、生姜、唐辛子、黒コショウ、カラシ
【その他】そば、雑穀類、海苔

文:幸雅子
出典:『Yogini』vol.45/「アーユルヴェーダは生き方の科学です」
教えてくれた人:西川眞知子/日本ナチュラルヒーリングセンター代表。アーユルヴェーダプロデューサー。大学時代にインド、アメリカなどを歴訪し、ヨーガや自然療法に出会う。それらの経験と研究を基に「日本ならではのアーユルヴェーダ」を提唱。体質別健康美容法を提案し、独自の簡単生活習慣改善プログラムを構築。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load