Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

たった20秒のストレッチでOK!リモートワーク疲れを解消しよう♪

疲れが抜けないときに効く!20秒間、体を伸ばすだけ

疲れや倦怠感は、運動などで体を動かしたときに起きるものと、安静にしていても感じるものがあります。後者の原因は、過労や睡眠不足、不規則な生活、精神的なストレス、偏った食事による栄養バランスの乱れなどさまざまです。

改善方法としては、適度な運動をする、栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠をとる、スポーツや趣味に没頭してストレスを発散するなどがあげられます。そして、なかでも効果的なのがストレッチです。

ここでは、リモートワークなどで同じ姿勢で仕事をする時間が長くなっている人や、おこもり生活が続いて運動不足気味の人にもぴったりのストレッチをご紹介します。床に寝て、体をゆっくり伸ばすだけの簡単なものなので、ストレッチビギナーでも無理なく行えるはずです。

全身伸びストレッチ

起床後無意識に行うことが多い「伸び」は、全身の筋肉が刺激され血流がよくなり、エネルギーを全身にみなぎらせる作用があります。このストレッチは、無意識の伸びを自発的に起こします。背すじを伸ばして、両手両脚が引っ張られているようなイメージで行いましょう。

20秒キープ×1セット 2 ゆっくりと両手と両脚をまっすぐ伸ばし、全身をストレッチ。背すじを伸ばして、手と脚が両方から引っ張られているようなイメージをもつ。

横向き伸びストレッチ

わき腹から太ももの前の筋肉を伸ばすストレッチです。体幹をひねる動きも入るため、日常生活では伸ばす機会が少ないわき腹の筋肉を、効果的に伸ばすことができます。大きく動くストレッチなので、体が硬い人は無理のない範囲からスタートしましょう。

左右各20秒キープ×1セット 3 ゆっくりと上体を反らしながら、手でつま先を引っ張り、わき腹から太ももの前の筋肉をしっかり伸ばしていく。

出典:『寝たまま簡単ストレッチ
監修:比嘉一雄(CALADA LAB.代表パーソナルトレーナー)

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load